碧の座工事会議

2018年12月3日 | izumi | 碧の座物語

◼︎ようやく北海道らしい寒さに

今週も工事会議が始まります。東京は春みたいに暖かいというのにこちらは雪混じり。でも北海道らしいキンとした寒さに背筋が伸びます。工事会議を行う現場事務所は、北海道初のユースホステルです。初というだけあって相当に年季が入っています。窓ガラスは北海道だというのにシングルガラスで木製。風が吹くとガタガタと音がしています。

でもこの建物はアントニン・レイモンドに学んだ方が建てたもので、レイモンドのモダン建築を引き継いで作られているように思います。私の本棚にはレイモンドの建築集があるくらいで、この時代のモダン建築には思い入れがあります。この建物は、レイモンドが作る教会のように全くの三角形の屋根が特徴的です。中に入ると中央に螺旋階段があります。これもレイモンド風です。螺旋階段には螺旋に合わせてくるくるとあがる鉄の手すりがいい感じです。螺旋階段の腰の框に黒い革が巻いてありレトロ感と当時のモダンが混ざっていていい感じです。すっかり傾いてしまった建物で、現場事務所の事務員の方はこの傾きにめまいを起こすそうです。

最近事務員さんがいないなと思ったらそんな理由でした。他の人たちは大丈夫そうなので相変わらず熱気を帯びた工事会議は続いています。でも夜遅くなるとさすがに寒いので、我々の旅館の会議室に移って第二工事会議をやっています。

4階まで立ち上がった躯体をみるとだんだんとこれからの1ヶ月が想像できて怖いです。。

岡部泉