年齢

2018年11月10日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎年寄りって年齢じゃない

最近、高齢者が若い。年寄りの定義ってなんだろう。年齢なんて単なる数値じゃないかと思います。年寄りとは、ある意味進化しなくなった人のことではないでしょうか。ゆえに数値的に若くても、もういいや、どうでもいいや、なんて思っている人はすでに年寄りではないかと思います。

いつまでも新しいことを楽しんだり、いろんな変化に対応できたりする柔らかな頭と心を持つ高齢者が増えているように思います。経験もありつつ、進化する高齢者はまだまだ社会的な価値があります。
私も後ろ向きな年寄りにはなりたくないです。やはり健康な体と柔らかな頭と心を持って進化していきたいと思います。

岡部泉

仕事をするために

2018年11月9日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎体はバランス、体の声を聞こう

ぎっくり腰から今度は膝痛。体は繋がっているとわかります。腰をかばって膝が無理する。だから痛くなる。いずれも可動域が狭くなっている証拠。もちろん老化もありますが、すべてはバランス、体の使い方なのでしょう。無理がバランスを崩して病気を引き出してくる。当たり前の道理のようですが、これがなかなかできないのです。

今年は、健康な体を目指していたはずなのですが、そんな今年ももうすぐ終わりです。なんと早い。健康な体を手に入れることはできませんでしたが、少しは休もうという意識は生まれました。
それでも毎日仕事はしていますが、呼吸をするかのように仕事を感じることができるようになりました。

あまり辛くも苦しくもないのです。それどころが仕事が終わっていくたびにに肩の荷が降りたような快感を感じます。術を身につけたような気がしたりします。

それでも体は疲れているはずなので、体の声を聞きながら上手に仕事の時間とぼんやりする時間のバランスをとりたいと思います。これができたら死ぬまで仕事ができるようになるはずです。

岡部泉

碧の座工事会議3

2018年11月7日 | izumi | 碧の座物語

◼︎ぎっくり腰

工事会議最終日。急にリュックを担いだら、ぐきっと音がしたような。これってぎっくり腰か。。
腰が痛いと気分も下がっていきます。それでもやることはやろう。旅館で湿布をもらって工事会議へ。
なんでも疲労が悪さをするんだな。。

岡部泉

碧の座工事会議2

2018年11月6日 | izumi | 碧の座物語

◼︎ギリギリまでやろう

昨夜は、工事関係者と千歳にて懇親会がありました。非常に食べ過ぎました。辛い中華で胃がもたれます。それでも今日はたくさんの業者さんが来ているので、どんどんやらなければなりません。夜の11時まで続きます。ようやく工事分科会らしくなってきました。

今夜は達成感満載ですが、さすがに疲れました。

岡部泉

碧の座工事会議

2018年11月5日 | izumi | 碧の座物語

◼︎相変わらず暖かい

今年の北海道は相変わらず暖かい。そして相変わらず、工事会議は続いています。躯体が3階まで立ち上がって、4階まで目前です。雪が降る前にと急いでいたはずですが、なかなか雪が降る様子がありません。

支笏湖の静かな温泉街になんだか場違いのような大きな建物が建つ。不遜にも思えますが、それはそうとして、成功していくしかありません。予約も始まりました。すでに初日から一番高い部屋が売れていきます。世の中にはたくさんのお金持ちがいるのだと庶民は感心してしまうのでした。

こんな庶民がこんな高い旅館たちあげていいのかしら。。そう思っているのは私だけではなく工事現場、そして経営サイドの人たちも思っているはず。世の中、そんなものです。お金持ちがお金持ちのために何かを作り上げるとは限らないのです。一生懸命庶民が立ち上げています。

岡部泉

広告のセンス

2018年11月4日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎ゆずくんはすごい

フインランド大会、フィギュアの季節が始まりました。羽生結弦さんの素晴らしい演技はさらに磨きがかかり、他の選手に大きく差をつけて美しい。ライバルは自分なんだろう。自分を超えることがこんなに大変なことになるとは。どれだけの強い気持ちと努力が必要なんだろうとおもいます。だんだん自分が情けなくなります。

そんな美しい演技の背面にある広告。仕方ないけれど。それにしても日本の広告は文字が大きすぎて目立ちすぎです。会社の印象もなんとなく悪くなって逆効果だったり。北欧の国の広告がカッコよく見えます。こんなところにセンスの違いがあるのかと思ったり。

岡部泉

旅館の郷土力

2018年11月1日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎自分が主体的に生きてこそ地域にも未来がある

今日は、親しくさせていただいている会社の社長さんに依頼されて東北で「旅館の郷土力とは」という座談会をします。郷土力という言葉は勝手に私が作り出した言葉です。風土+経済性=郷土力として、旅館の企画の際に使わせてもらっています。風土とは和辻哲郎氏の「風土」からすると人間は自然環境によって形成されており、風土は人間と自然が織りなしてきたものであるようです。

しかし、これからの風土感はまた異なったものになるように思えます。今は圧倒的に自然観が遠くなってしまっているように思えます。室内が快適であればあるほど人は自然に影響されないものになってしまいます。そして、情報が広く入手され、民族がシャッフルされればされるほど民族性が生み出す風習や表現は希薄になっていくでしょう。そこに必要なのは自然や人間を観察する目、俯瞰したのちに達する知的配慮だと思います。自然を静かに見守り慈しみ、変化をくりかえす毎に必要とされる文化を絶えず見守り感じる必要があるのです。変化は恐れてはならず、変化の後に訪れる進化を受け入れる必要があります。残すもの残さないものの判別も必要だと思います。

それに加え経済は変わっていきます。経済の大小も多様性も今後は必要です。選ぶ力が必要です。

この座談会では、旅館の話を超えて、地域の今後を心配する声がたくさんありました。こんなに観光客が来なくて、どんどん衰退していいのだろうかなど。地域はどこも疲弊していくのです。しかしこの土地の星空は手を差し伸べたくなるほど美しい。あたりに余分な光がないからです。その価値もあるではありませんか。これまでとは違う価値を考える必要があるのです。

座談会の最後に変化を受け入れてこその未来があると伝えました。たくさんの違う考えに接することはとても大事です。自分の価値観だけではこれからの変化の時代を楽しむことはできません。その反面、大切なものは何かを自分でもしっかり考えて貫くことが自分自身の安心した生き方になるのです。自分の大切なものは本当にこれでいいのかという確証を得るためにも、違う価値を受けていれて検証することが必要です。こんなことの繰り返しが、新しい風土を生んでいくのだと思います。血は混ざり、価値も混ざり、言語も混ざり、しかしその混ざり合ったところから自分で価値を決めるのです。主体的に生きてこそ未来が開けていくのだと、このような座談会を行って再び気づかせてもらいました。

岡部泉