洞爺湖の構造

2018年10月23日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎ようやく決まる

来年立ち上げの洞爺湖の旅館の構造がようやく決まりました。何度もゾーニングしました。そしてRCの図面も書きました。しかし再びCLTとの検討へ。あああ、、これは碧の座のデジャブ。
また書き直しかな、、ここまで書いたのになと思いつつ、決定を待っていました。。。

本当はCLTは森を保全するために有効な工法なので、日本はもっと進める必要があります。しかしあまりにも実証経験が不足しているのです。こんな大きな建物で実験するには、不安が残ります。

そんなことでまたRCに戻ることになり、少しほっとしました。CLTは二期工事のヴイラを作る時にしましょう。

年内に確認申請図面の作成にバトンタッチできるように基本デザインを仕上げよう。

岡部泉