華氏119

2018年9月28日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎マイケル ムーアのためにある

楽しみな映画がやってくる。今のアメリカはまるで映画みたいだといつも思っていました。毎度、大統領の破天荒な言動に、一体アメリカはどこに向かうんだとハラハラドキドキしています。今のアメリカこそマイケル ムーア監督の大好物テーマ。華氏119はトランプ大統領が勝利宣言をした日にちなんだということです。この映画に監督の真骨頂が観れるはず。11月に劇場公開。非常に楽しみ。

誰もが持つべき権利と自由が失われていくことに大いなる異論を唱えるマイケル ムーア監督の勇気に感服しますが、日本にもこんな強いメディアを持つ人がいるといいなと思います。今の日本もどこかおかしい。強いものに寄り添うだけでなく、意義と意志をもった日本であってほしいと思うのです。

岡部泉