ヒロシマ

2018年8月6日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎忘れてはならない日がやってきた

「平和って難しいことではありません」と子供代表の男の子は言います。そうなんだと思います。一人一人がやってはいけないことをしないということです。

当国の為政者に十分理解してもらいたいものです。

「平和」。
これほどありがたく忘れやすいものはありません。ただただ、こうして暑い中でも働けること、意見が言えることを本当に平和だと思います。黙祷の中に、平和を願い忘れないことを戦禍の中苦しかった人たち思いを受け継いでいくことを心に刻むのでした。

岡部泉

男女差

2018年8月5日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎男女差でなくて個人差で

とある医学大で受験の際に女性受験者の採点を一律下げていたという事件。馬鹿げているとしか言いようがない。教育の最高峰である大学が平等、公平という観点を失ったらどうなるんだ。これは人権侵害。しかし、医大とはそういうものらしい。公正に採点をすると女性ばかりが受かることになるらしい。そしてこれは日本だけでなく世界的にそうみたいです。大学側から言わせると女性医師にできない力仕事もあって、いろんな忖度が必要ってことらしいです。

しかし、いずれにしても医師になったその後のことはともかく、医師になる学びのチャンスは公正に与えるべきです。

当社の女子も優秀です。管理力、達成力において当社の男性陣より群を抜いています。そして育児担当の男児は、子供が熱を出せばいそいそと帰っていきます。仕事とのバランスはどうなってるんでしょうねと女子に言われてしまうほどです。でもこれで彼の女子である優秀な嫁が働けるのです。もう昔とは違うのです。優秀な女子が世に出るチャンスが多い時代になったと思います。しかし、本当は優秀な者というのは、男女差ではなくやはり個人差ではないかと思うのでした。仕事をしたい人が仕事をして、医師にふさわしい人が医師になる、それが公正な考えなのだと思います。

岡部泉

2018年8月4日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎これほど水が生命に欠かせないと思った夏

日本は水にあふれている国ですが、これほど暑い夏になると水がどれほど生命に必要なものなのかを思い知らされます。もともと我々は海からきた生物なので当たり前のことなのですが、水なくして生命は維持できません。
しかし、ある時は大きな被害をもたらすことも事実ですが、人は水の近くに住んでいるのです。水を尊重して上手に付き合っていく必要があります。

そんな中、水道を民営化しようという動きが、、これはないでしょう。水の安全を守ることは国民の生命を守ることでしょう。それは国の仕事じゃないか。変なことが知らないうちにたくさん決まってしまう昨今の日本の政治ですが、水のついてはさすがに許せないな。老朽化した配管の改修工事が負担というくらいであれば、積極的に予算をとるべきです。地方自治体だけに任せることではないのだと思います。我々の税金は、変なことに使わないで水の安全のために使ってほしいです。

水源だって海外の国に買われているという現実。世界の今後の4大課題は、異常気象、生物多様性、食料不足、そして水不足なのです。これからの日本の水のトータルなグランドプランを作るべきです。久しぶりにひどく怒りを覚える議題でした。

岡部泉

次は洞爺湖か

2018年8月2日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎難産な案件、再び

朝も早よから、昨日の飲み放題での酔いも少し残りつつ、札幌に行きます。今日は洞爺湖のリゾート旅館のゾーニング打ち合わせです。碧の座ほどではありませんが、しっくりこない難産な案件再びです。

結局、最初に考えたゾーニングに近いものとなりました。この2ヶ月あれやこれやとやったのはなんだったんだろうかと思ったり。。これはできない、これは法規的にやれないと言われたがよく調べてもらったら可能になったり、敷地が増えたり、、、いろんなことがありました。

碧の座から洞爺湖までやると頭もいっぱいになります。頭の記憶の余白がもう残っていないので、細かいどうでもないことなんてどんどんと忘れてしまいたいです。いやもう忘れているか。。

岡部泉

碧の座工事会議2

2018年8月1日 | izumi | 碧の座物語

◼︎懇親会

工事が始まって、2回目の懇親会が夕方からあります。工事関係者と我々、総勢30人あまりの夏の大懇親会。飲み放題食い放題の焼肉店。飲み放題食い放題に抵抗のある私ではありますが、皆さんの前の焼肉の大皿がどんどんと空になり、追加されていきます。これぞ醍醐味。一体お店はどう利益が取れるんだろうかと思います。絶対うちのチームは得したと思います。

皆さんを眺めていたら、ずいぶん日焼けして真っ赤になっている人たちがいます。外の仕事なんてまだそんなにないだろうに、、、これはゴルフ焼け。ふーん。。工事関係者、設計会社さん、オーナーチーム、皆さんゴルフの話で花が咲きます。私はゴルフをしませんのでここは茅の外。皆さんでゴルフコンペなどして懇親を深めているようです。何となく嫌だな。何となく工事への集中力がなくなりました。真面目すぎなのかな。。

そう思うと九州の案件の懇親会ではゴルフや遊びの話は全然出なかったな。北海道はゴルフ場の料金が安いということもあるので、ゴルフはだれもがやるスポーツなのかもしれません。ということはこれも地域性なのでしょうか。

岡部泉