盛岡セミナー

2018年7月19日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎在京盛岡広域産業人会総会セミナー・交流会

というタイトルのとても長いセミナーに出席します。ソウルオブ東北という東北支援の活動は岩手県を中心に7年目になりました。こうして長い間伺っているとお知り合いも増えるものです。

県の方は3年ほどで転勤されるのですが、また違う部署にいっても交流があります。今は東北の活動とは別に、八幡平市によくおうがいしています。交流会の会場の八幡平の工場誘致招聘の地図をみていたら、広大な土地がたくさん紹介されています。工場もいいけど風景になる工場になってくれないと、風景という財産を失ってしまうじゃない、と思うのです。

地域にとって風景は最大の財産です。それが資産になり観光の目玉となり移住のきっかけにもなる大切なものです。ぜひ、企業誘致もいいけど風景を大事にする規約をつくってほしいな。風景、これこそが資産。地域の一番大切な生き残りの方法です。

岡部泉