マイクロブリュワリー

2018年5月19日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎持続は大変そうだ

今日は夕方から、新しくできた狛江のマイクロブリュワリーに行ってみます。この方はサラリーマンとブルワーを兼業でやられています。アメリカの通信教育で実施作業はポートランドで行いブルワー免許をとったそうです。少し変わったキャリアのブルワーさんです。しかし兼業というのも堅実な道だと思います。

とても誠実な印象の方で、生き生きとビールの説明をしてくれました。本当にビール作りが好きなんですね。好きなことを好きな時にできるのは幸せな極みです。

ビール工場は、600リットルほどのタンクがずらりと並んでいます。それなりの量が作れそうです。これを本格的に回していくのはそれなりに大変そうです。

道の駅に併設していたり、地域産業としてある中規模ブリュワリーは安定した出荷量が保管されていますが、そうでない本当の街ばのマイクロブリュワリーは一体どこに売っていくんでしょう。他人事ではなく心配になります。
うちにも同じことがいえるのですが、ありがたいことに、東京駅のお店がとっても頑張ってくれているので年間生産量はクリアできています。

何事も始めるは楽しく、続けるは苦しくです。

岡部泉