かがみの孤城

2018年5月10日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎こころ、のこころが響く

なんとも、こころが響き続ける小説です。さすが本屋大賞です。もう一気読破です。行きと帰りの飛行機の中で一心不乱とはこのこと。そんなに早く羽田につかないでほしいと初めて思いました。まだなんだ、、と。ただただ読み続けたいと思いました。なんともこのきめ細かいこころの表現が見事としか言いようがありません。読み終わるのが残念なくらいでした。

本屋大賞になるほど支持を受けるということは、この日本の中で心に傷を持つ人、孤独を不安に思う人の心の声がどれだけ大きいのかと思います。誰かに救ってほしい、誰かにわかってほしい、そんな声。。。でも最後は自分で強くなるしかない。

そして、今日、また最初から読み返してみました。話のトリックがよくわかります。ここにこんな印があったのかと再び感心。いつまでも文章の余韻と文章が産み出した映像が頭から消えません。。

岡部泉