中国の仕事

2018年4月18日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎世界は中国の時代

10年あまり前に中国の仕事でご一緒した会社の社長さんを訪ねます。その時も相当な忙しさの中、中国、台湾、香港と飛び回っていた方でしたが、こうしてまたお会いすると会社は格段と大きくなっていました。いつの間にか社員さんは70人。それどころか4社に会社は増えていました。設計の仕事、投資の仕事、運営の仕事、とても連携のとれた会社組織となっていました。

どうしてこうも違うのだろうかと思います。いつまでも丁寧だけど小さい当社。まだまだ趣味みたいな会社です。ビジネスという根本的な仕組みを掴んでいないということです。
最近はようやく事業というものに目覚めつつあります。やはり何かを起こすには、資金がそれなりにないといつも自転車操業で追いまくられて結局事業に辿り着けません。日本は銀行の融資が厳しいのでなかなか世界へは踏み出せない事業がたくさんあります。さすがに中国やアジアの投資家を味方につける会社は強いです。

最近のお仕事を伺ってみると、大きな素晴らしい仕事ばかりでした。そして世界に通じるネットワークができていました。改めて中国やアジアの資金はとてつもなく大きく、世界は中国を中心にまわっていくだろうと容易に判断できました。

また一緒に中国や日本の仕事をしましょうと言っていただきました。こちらこそとてもいい刺激をいただきました。

岡部泉