鄙の座の改装

2018年4月12日 | izumi | あかん湖温泉, イエローデータデザイン日記

◼︎若者よがんばれ

鄙の座の改装で阿寒湖に行きます。まだまだこちらは冬の空気です。工期が無いのに段階的にオープンしているので大変です。改装といってもメンテナンスみたいなものです。15年も立つと水回りが古くなっていくのです。露天風呂を新しくしたり、タイルを変えたり、洗面台を変えたり。。
15年前にアイヌ文化を取り入れた部屋も改装します。

しかし、この部屋だけは前と同じにした方がいいとゼネコンさんから提案をいただきました。変える必要がない、その方がいいんですとのことでした。そうかなぁ、少し変えてもいいんじゃないかと思いますが、、
でもその力強い提案の通り、昔のイメージのままメンテナンスをすることにしました。

夜は、現場を仕切ってくれているN氏と後輩の若者とご飯を食べます。若者に社会勉強させようというN氏の配慮なんだと思います。
どうしてこの仕事をすることになったのかという質問をされました。それは困ったな、別に理由はないのです。来た仕事を順にやっていったらここに来たという単純なことだからです。自分が旅館を作ったりすることなんて想像もしていませんでした。何かやりたいことやなりたいものはなかったのです。

言ってみたら生きるために仕事をしてきただけなのです。あまり勉強はしてきませんでしたが、必死でやってきたように思います。ひとつも専門職がないまま、いつの間にか何でもやる人になっていました。一種目では一番になれませんが、異種目では案外いいところにいけるという感じです。若者の期待するような答えでなくて、申し訳なく思いますが、仕方ありません。

でも、ひとつだけ教えてあげられることは、どんなことでも目の前のことを一生懸命やることが次のステップをつくるということです。がんばれ、若者よ。

と酔っ払って言ってたら、次の日の朝、現場視察の廊下にビシッとスリッパが揃えて置かれていました。やるね。

岡部泉