仕事の近道

2018年4月9日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎時間との競争

北海道の仕事が複数になって、あたふたしています。それぞれの案件のリーダーからいろいろなオーダーがあります。いずれも早く早くです。一体どっちだ、いつまでにって思いますが、いずれも同時に早くやることなのです。

時間には限りのあることですが、やれることは何でも早くやりたいのです。時間との競争なのです。どれだけ早く正解にたどり着くことができるのかを考えたいのです。
クリエィティブは時間と関係ないと思われがちですが、そうでもなくやはり効率を意識することとひらめきさえも自分を追い込むくらいの責任感があればひらめくというもの。脳はそれなりに動いてくれるみたいです。時には苦しいこともありますが、それでも考え続けるとそれなりに道が見えてくるものです。

考えることは電車に乗っていても歩いていてもできるので、絶えずできるのです。これだと思ってから、手を動かした方がいいのです。無駄に企画書や図面書いても仕方ないのです。

しかし、しかし、これだと思って作って提出しても、オーナーの意識や条件が変わってしまっていたり(大概オーナーという人は気まぐれであることが多いのです)または、その仕事が延期になったり、せっかくやったのに散々だなと思う時もあります。

仕事の近道をしたくて頑張るのですが、こんな時はもう行き止まり状態なので、また戻ってやり直しです。
道は近くなったり遠くなったりです。まぁ、経験は無駄になりませんので、また効率とひらめきの努力をして頑張ります。

岡部泉