ミッドタウン日比谷

2018年3月22日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎東京ってすごいな

日比谷にミッドタウンがオープンします。今日はその前のレセプション。京都の瓢亭さんにご招待をいただき伺います。
日比谷についたら、もう結構な行列です。ミッドタウンにはたくさんの店舗が入っているので、それぞれのご招待客が並んでいるのです。大きな建物です。東京ってすごいな。そびえ立つビルディングをみてそう思います。この建物が人の流れを変え、コトやモノの価値も変えていくのです。

どこかで、こんな変化を企画して考えている人がいるんだなと思いながら、並びました。20分ほど待って、瓢亭さんに伺います。きらびやかな店が並ぶ中、しっとりした伝統的な数寄屋のしつらえ。なんだか急な違和感だけど、とてもいい違和感。こういうところに瓢亭さんの茶懐石としての控えめな志がわかるのです。

お父様が玄関でそれぞれの方を丁寧にお迎えしてくれています。老舗の奥ゆかしい日本のこころがあります。息子さんの義弘さんがカウンターに。「おめでとう!!」義弘さんとは、時折一緒にご飯を食べたりしますが、こうして働いている姿はあらためて尊敬するし、とても素敵です。このお店にはいろいろな地方から来た料理人が働いています。京都の方はもちろんですが、高知の人だったり、東北の子だったり、、地域のいいものを取り入れて料理をしてくれるのが義弘さんの素晴らしいところです。

お祝いのお料理とお酒をいただきます。お客様も素敵な方々ばかりです。お知り合いにもお会いできて、とてもいい時間を過ごさせてもらいました。会社からも近いので楽しみが増えました。帰りは親子でお見送りしていただき、恐縮です。

そして、夜の新幹線で、全く個性が違う東北へ向かいます。京都、東京、東北。それぞれの顔があり、文化があります。どこにあっても深くその土地を知り、リスペクトしていきたいと思います。どこにでも本物の人はいます。私もどこかで本物になりたいです。いざ、東北へ。

岡部泉