鄙の座

2018年3月13日 | izumi | あかん湖温泉, イエローデータデザイン日記

◼︎旅館はメンテナンスが大事

私が北海道で初めて携わった旅館、鄙の座。もう15年ほど経ってしまいます。お風呂などの水まわりや空調などの設備関係がどうしても調子わるくなってくるときです。人も人間ドックに行くように建物もメンテナンスが必要です。

しかし毎年新しい案件が浮上するので、お世話が後回しになりがちです。でもそれではいけません。ということで一見地味に思える改修をします。それほど変わらないので、驚きはありませんが、それでも大事なことです。
夜は工事関係者とお酒交えて雑談。これがおもしろい時でもありますが、ついつい本音がでて、この人こんな人だったんだなって思うこともあります。

工事が終われば次から次へと案件が湧いてきます。次は料理茶屋の改修となりました。図面ラッシュでいつまでも腱鞘炎が治りません。

岡部泉