赤ちゃん

2018年2月9日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎赤ちゃんは文句なく可愛い

パンダのシャンシャンもとてつもなく可愛いけれど、友達の赤ちゃんがえらく可愛い。女の子です。生まれた時には写真を送ってきてくれて、あららほんと赤ちゃんって赤いんだなんて思ったり。もう6ヶ月。随時送ってきてくれるので、まるでおばあちゃんになった気分で一喜一憂です。二、三日前に寝返りを打てるようになったよ、ええ、すごーい!。にぎにぎの力が強いんだよ、蹴る力が強いんだよ、オリンピックに出るくらいのスポーツマンになるんじゃないの、とか。

全くもって友達の子供なのに親バカの域から出ません。こんな小さな赤ちゃんに夢をみることができて幸せな気分になります。仕事先の社長が、会議中に疲れるとよく孫の動画みて、ニヤニヤしていました。何やってんのかなぁって冷ややかにみていましたが、その心境がわかります。スマホって本当にすごい。私も疲れるとこの友達の赤ちゃんの動画みて癒されています。

この最高に可愛い赤ちゃんのお父さんである友達は優秀なシェフですが、若いころはほんとにやんちゃで、やれやれって思うことばかりでした。姉弟みたいな関係でした。そんなだから、自分の姪みたいに思えるのでしょうか。いやいや年齢的には孫ですが。時間を長く共にしてきたということが愛着につながり、家族のように大事に思える要素になるのかもしれません。いやいや、それとも私が家族ごっこをしたいと思っているのか、、いずれにしても、赤ちゃんという生き物は、何をしても許されて、総じて可愛いものだと思うのでした。

岡部泉