初出張

2018年1月18日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 碧の座物語

◼︎北の縄文

今年初の出張です。やはり北海道から始まりました。急にオーナープレゼンとなり、企画書をせこせこと用意します。おかげでさらに腱鞘炎が悪化。。悲しく痛い。筋膜リリースは追いつきません。
北海道は例年にない寒波で大雪のニュースが流れていました。覚悟して行ったら、釧路空港には案外雪は少なく拍子抜けでした。今年はこちらは雪が少ないみたいです。これじゃ東京の寒さといい勝負です。

早速プレゼンを始めます。来年4月にオープンするセレブ旅館の建築プレゼンです。昨日改めて企画書の整理をしたのですが、この企画はなんと2016年の1月に提出されていて2年越しの案件です。ようやく基本デザインが出来上がり、1月に確認申請の提出です。長かったなぁ。。

そんななので、皆さんもあらためて企画のおさらいをするのです。私が企画を先行しているみたいで、何だか変ですが、よくあることです。企画というものは、必要なのですが、殊更目に見えることに気持ちが行きがちなのです。不思議に思うのですが、女性の方が企画に関心が深く、男性の方が現物に目が行きがちに思います。これ偏見かもしれませんので、個人的見解として。

ひとしきり企画の説明をし、次はオーナーのご要望をお伺いします。オーディオルームは?ワインセラーは?ゆるっと空間は?とか。それらを網羅してしつつ、基本デザインを再び構成していきます。

この案件のデザインテーマは「北の縄文」です。私の大得意なテーマです。ねじ込んだというのも大げさですが、それに近いです。なんといっても、我々の世界に誇るべき「北の縄文」の文化です。これこそが、模範となるべき文化であったと思っています。今年はこれをさらに深堀していく年になりそうです。

岡部泉