若者たち

2017年9月6日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎良い種はきまっている?

今日は、うちの若い子と打ち合わせです。最近は、男の子でも育児があったりと皆で集まって飲みにいくこともあまりなくなりました。今日は久しぶりに数人で近くの店に食事にいきます。
いろんな話になりますが、やはり人間は持って生まれた良い種というものがあるのだと思いました。もちろん遅咲きの子もいるんでしょうが、大抵何かになるだろう片鱗は20代で見えているというもの。勝負は女の子であれば27歳、男の子は30歳位で、それまでに何か事を起こしているみたいです。

一緒に飲んでいた子は今年30歳。とても成果を重んじる責任感のある子です。家を買ったんですよとさらりと言います。へぇそうなんだぁ。がんばってるもんね。この子はきっと順調にステップアップして30代、40代を迎えていくんだろうと思います。かたやもう一人の子は、彼より年上だというのに貯金もせずゲーム三昧人生。こうやって差は開いていくんだなぁと若者たちを思います。

しかしそんな私は、思いつきで何かをやめたり始めたりと何度か転落人生を送っしまったり、良い種とは言えません。その分苦労もしますが、それもまた楽しです。順調な人生もいいけどでも時々寄り道もいいもんだよって、ひねくれ者はまた思うのでした。

岡部泉