エプイの癒し

2017年8月23日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 大沼オーベルジュ物語

◼︎心の洗濯

エプイの客室にリビンスグパという温泉とリビングルームを合体させた部屋を増築しました。今回はその部屋に泊めてもらいました。木々を見ながら大きな温泉を独り占めして、リビングでワインや好きなドリンクをいただけるのです。大きなスクリーンもあります。お風呂に何度も入ったりくつろいだりを繰り返せる癒しの部屋なのです。こんな部屋が家にあったらとつくづく思います。緑みて温泉入って仕事して映画みて音楽聞いてワイン飲んで、、これ理想的。

今日の朝は昨日の雨があがり青空が見えます。木々の葉の間から明るい日差しが差し込んでいます。床暖房の効いたタイルにヨガマットを敷いて「体の硬い人用のヨガ」をします。硬い体が伸びて気持ちいいです。ああ、、心の洗濯、命の洗濯です。

小沼に向かってせり出した桟橋も出来上がっていました。波の音を聞きながらぼんやりと瞑想するのもいいです。
ついでに木立の間のハンモックに揺られてみました。緑がキラキラしていて美しい、、ああ、、これは、天国かな、、癒される。またさに心と体の洗濯。。

こうしたのんびりとしたオーベルジュは連泊滞在がオススメです。ここが暇な時に一週間くらい居させてもらいたいです。そんなことを言ったら、「ここで仕事してなさいよ。みんなで打ち合わせにきますよ」と社長。いやいやそれじゃあ、こころ休まらないじゃない。。

岡部泉