8月のがっくり

2017年8月1日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎手のひらの孫悟空

とある案件が暗礁に乗り上げました。急な延期です。「まじっ!」てこの案件に関わったひとが誰もがそう思ったことでしょう。この案件、なんだかんだともう4年くらい企画と形を変えてやってるんだけど。ようやく確認申請も出し終わったのですが、それでもわたしはだめなんじゃないかと予感していました。この予感が確信に変わる前になんとかしたかったのですが、どうにも闇の中でした。それがわたしのこの2ヶ月のストレスでした。

予感が確信に変わりました。やっぱりね。こうなるよね。
それでも、これまでやってきた年月を考えると全身から力がなくなっていきます。一体何回この案件の図面を書いたんだ。ある時はロッジ、ある時はCLT工法、そして今はラグジュアリーホテルへ。一体何回めなんだとここ数年の図面が走馬灯のように頭の中を巡ります。まさにぐったりげんなり。

オーナーからは、ラインで「もっといいものを作ろう!」「デザインがんばって!」って来てます。さらにグレードを上げるつもりらしい。。「もう力残っていません。だってオープン再来年だもの、それまで元気でいれるかわからないじゃないですか」と返信。「何を弱気なこと言っているんですか」と檄が飛びます。オーナーとわたしは同い年です。
だってぇ。。。とブツブツ思ってももうやるしかないのです。おまけにもう一案件プラスされてその案件についてもじゃんじゃん質問がくっついてきてます。えっこれも?。。もうだめだ。。これ以上だめだ。。といいつつやるんだろうな。。。

悲しくも働くように生まれついているんだ。そして困難があれば乗り越えたくなる性分なんだ。なんと効率の悪いやつなんだろう。これも見透かされてのことなんだなと孫悟空みたいにどこかの手のひらの乗っかって悩んだり走ったりする自分の姿が見えました。

岡部泉