飛行機寒い

2017年6月10日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎暑がりさんと寒がりさん。

毎週毎週、飛行機で羽田から九州か北海道に出張しています。ということは一週間に2回飛行機に乗り、毎月8回乗るのですが、ここ5月ごろから飛行機内がとても寒いのです。4枚くらいの毛布をもらってぐるぐる巻きにしていますが、大概降りるときは背中がカチカチになっています。

寒い中、そういえば飛行機の空調ってどうなってるのかなとぼんやり考えていました。飛行機の外って相当に寒いはず、マイナス50度くらいでしょうか。相当に強力な空調の仕組みなんだろうな。

キャビンアテンダントのお姉さんが、空調あげましょうかと言ってくれますが、個別調整なんて出来ないだろうと思い、ほかの人が寒くないんだからわがままも言えないし、、「いいです、大丈夫です」とついつい言ってしまいます。
これも体感の違いなんだと思います。暑がりさんと寒がりさん。

大分の現場事務所でも同様。暑がりくんのNくん。寒がりさんの私。ちょいちょいリモコン闘争。ちょいと気温をあげるとNくん、ゆでダコみたいになってました。

寒さは守れるけど暑いのはどうしようもないからので、これからは上着をきちんと持って行こう。

岡部泉

日田めぐり

2017年6月9日 | izumi | 奥日田温泉 うめひびき

◼︎日田ってどんなところ

今日は日田おおやま物語をつくるためにも、日田を知っておかなくてはならないので、日田杉や日田家具などの会社を回ります。数10年前に一斉に日本が杉の植林を始めて、実は今が杉の収穫どきなのです。しかし、大きくなりすぎた杉はその扱いに困っているというのが森林の状況らしいです。

日田にはたくさんの杉と家具やさんがいます。しかし、杉のブランディングはなかなか難しいようです。杉にも付加価値を与える力と大量に捌ける流通と製材力が必要なようです。
このおおやまの旅館で、日田の工芸を扱うエリアを作ろうかと思っています。少しでも来館される方に日田のいいところを知ってもらえるようにと思っています。

そして仕事を終えて、夜は日田の居酒屋事情を探りますと言いたいところですが、お店が閉まるのが早くてすでに焼き鳥やさんの炭はおとしていて、焼き鳥のない焼き鳥さんで今日の日田めぐりはおしまい。

岡部泉

こころと時間

2017年6月8日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎こころに隙間なし

同時刻に、違う仕事がいっぺんに出来たらと思います。毎日やらなければならない仕事を列挙しますが、こりゃ無理だなと思いつつ書いています。
時間はつくるものということも言われますが、つくる能力に限界あります。ここのところ、三日くらい会社に泊まっています。時間にこころが追われているような気分になるので、ブログはついついおやすみに。こころに隙間がなくなるのです。
朝、体が起きる前に頭の中でああでもないこうでもないと図面が何枚も浮かんでは消えていきます。これは結構危険信号。

しかし、その焦りにも少し整理がつき始めたので、またブログ再開。

岡部泉