人と料理

2017年4月18日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎その人が見える料理

今夜は、仲良くしてもらっている茶懐石の料理人の方と久しぶりに銀座で会食。時々二人で食事をしますが、今日はどの店かな、、日本料理の方なので、割とフレンチかイタリアンの店に行くことが多いのですが、今日は初めて和食の店に行くことになりました。銀座のビルの2階の小さな店です。

最初からなぜか椀物。珍しいです。お腹を温めてくれてるのかな。。それだけで、その友人は面白がっています。プロってこういう時が楽しいみたいです。自分と違う考え方やセンスにとても感心するみたいです。次々とお料理が来るのですが、とても丁寧で美味しい。ちょっと旅館みたいだねと言います。

でも旅館ってこんなに沢山の素材の仕込みできないです。一体素材の種類ってどのくらいあるのかなと思うほど野菜も魚も豊富です。伺ったら50種類は超える素材を使っているそうです。
最後まで、丁寧な出汁の味が品良く使われていて、とても好感度が高いお料理でした。そして尚且つ気楽に楽しめるのです。ここがえらい!お人柄が出ています。えばらずいい食材を丁寧に。これがこの店のモットーのように思いました。その店の料理人さんは山形の方でした。それもまた東北応援の私にとっては嬉しい。

「日本料理って何となくハードルが高くて緊張しはる人多いから、この店ええわぁ。。この店には若い人に来てもらいたいなぁ」と、友人はいいます。

そうです。。日本人が日本料理に馴染みがなくなってしまっているのです。知らないものに人は遠慮や緊張をするものでした。昔はそれがフレンチだったけど、今は日本料理も敷居が高くてきちんとした店はなかなか。

彼の京都の店には、最近外国人が3割を超えるそうですが、逆に接待する日本人の方が緊張していて、尚且つ魚も上手に食べれなくて外国の方の方がきちんと食べるらしいです。
でもタケノコについては、「なんで竹食べるんだ」という中国の方もいるらしく、タケノコの煮物はダメで揚げ物にしたりしてるみたいです。面白いな。。いろんな食文化があります。
でも彼の店にくる外国の方って相当な知的レベル高い人なのではと思います。

我ら日本人がきちんとした日本料理をまずは若い時から経験するべきだと思うのでした。

帰りの銀座を歩きながら、つくづく料理に人格が出るってすごいことだね、その人らしいって思うことってなかなかその道を極めてないと出来ないね、やっぱり、料理もデザインも人なんだね、とそれぞれに感想を話しました。

岡部泉