建材ショー

2017年3月10日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎木ではありません

今日は、ビックサイトの建材ショーに行きます。いろんな建材会社が一堂に集まる新素材を見るいい機会なのです。

沢山の人たちであふれています。ある大手の企業のサインが見えます。そこには「木ではありません」と書いてあります。つまり木にそっくりだけで木じゃないってことです。最近は不燃認定の建材が大活躍です。燃えないものということです。

このフレーズからすると、木はすでに「燃える、傷がつく、弱い、汚れる、、」という弱点ばかりの素材ということです。建材ショーにあっては、本物の木であることが価値であった時代ではないようです。それもわかるのです。商業施設では、本当に木はその通り弱点だらけなのです。特に海外の観光客を多く受け入れようとすればするほど、靴にあった丈夫な素材、大きなキャリーバックに耐える素材が必要です。そして不燃。

その「木でありません」という素材は進化を続け、本当に素人ではわからないほどよくできているし、センスもよくなってきています。チャチャッとかっこいいビジネスホテルが誰でも作れそうです。セールスの人も同じような営業トークをします。綺麗な3Dの曲線を持つ不燃芯材に木風フィルムを貼った商材に「どうですか、いいでしょ。簡単ですよ。間接照明なんか当てたら、もうすごくかっこいいんですよ」。。そうですね。でも何だか心がざわつきます。

私がそこまでやって良かったんだっけ?簡単で良かったんだっけ?大丈夫、私?チャチャッとできていいんだっけ?土壁や無垢板や漆が好きだった工芸出身者はこう思ってしまうんです。

でも施工期間も予算もあるし、チャチャッとデザインして傷のつかないものも喜ばれるのかなと思ったり。自問自答が続きます。
いい素材とか、伝統技法とか、経年変化なんて相当な通じゃないとその価値なんてわかんないじゃない、どうせ、本物なんてわからんないじゃない、これだってそっくりなんだから、ともう一人の自分が囁いているようです。

いつか、ビックサイトに「人間じゃないんです」という広告が出てきそうに思いました。
「これ人間そっくりですが、年は取らないし、文句は言わないし、お給料もいらないんです。見た目もいいでしょ、オリジナルもできますよ、どうですか、いいでしょ。」とセールスマン。
「そうですね。便利ですね、性格いいですか?」とそのアンドロイドを選ぶ自分が容易に想像できました。

シワができたけど年取って良かったとか、長く使い続けて愛着がわいたとか、そんなしみじみとした思いなんて必要じゃなくなるんだろうか。機能と見た目と便利なものへと進んでいくんだろうな。

でも私は、そのアンドロイドをバージョンアップはしても簡単に捨てたりしないんだろうとは思います。

岡部泉