仕方もある

2017年2月19日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 奥日田温泉 うめひびき

◼︎流れのままに

今日も、誰もいない静かな会社で図面に向かっているとだんだんと細かなことが気になり始めます。そうなるととりとめもなく実物のサイズを描きたくなるものです。本気で何もかもやろうとすると時間がいくらあっても足りません。でもまだまだ広い面積全てにたどり着くには、先が遠いのです。

そんな時、久しぶりに昔のテニス仲間を思い出しラインをしてみました。天気が良かったからかな。こんな日にテニスでもできる健康な体があればなぁと思っていたのです。

そしたら、すぐ返信があり、お父さんの介護で大変だそうです。私の父も度々の脳梗塞で、介護認定を受けていましたが、査定のお姉さんがくると急に車椅子でしか動けないのに無理して立ち上がってみたり、急にたどたどしく英語で自己紹介したりと自分がまだ衰えてないことをアピールするのです。ああ、、これでまた介護認定の資格が上がらないねと母と呆れ顔。介護をする人も少しは休みたいのです。そのためにはヘルパーさんも必要だし、介護タクシーも介護ベットも必要です。介護する人のことよりも自分の対面の方が大事だなんて、本当に人間とは変わらないものです。

友人のお父さんも同じだそうです。昭和一桁って困るねって書いてありましたが、うちの父は大正生まれ。いずれにしても父権が生きていた時代の男なのです。今は男女平等どころか男子、厨房に入り育児をする時代です。

「大変だよ、今から着替えとどけないと」という友人はテニスが好きで毎日走り込んだりしていました。試合に出て優勝したりしていました。今はあまりテニスなんてできなくて太ってしまったそうです。辛いことも仕方なく、しかし辛いこともやがて去っていくし、流れにままにいくしかないねと話しました。

こんな会話も旅館のファミリー客室つくりに役にたちます。いろんなあったらいいなのこと、いろんなこんなだったら困ること、もっと考えて親切で素敵な客室にしないとです。

次は料理のうつわとしつらえの絵をかかなくては。難題は湧いてくるもの、でもなんとかなるもの。仕方ないこと沢山だけど仕方も沢山ある。

何事も止まらないように流れのままにいくしかない。

岡部泉

春の小雪

2017年2月19日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎いい気分に小雪降る

今日は、梅の宿の図面と碧の座の基本図面を粛々と行います。合間にうちの会社のことに頭を悩まし、がっかりしたり、悲しくなったりします。よほど私は会社の経営者に向いてないと思います。

出張から戻ると机の上にたくさんの書類や建築素材やパンフレットなど瑣末に並べられています。一人でコツコツとこなしていきます。毎日これをここまでと紙に書いてその項目を消していく快感。

そして項目を消し終わったご褒美は、近くの旨い店での一杯です。今日は12時ラストオーダーの素敵なご夫婦のお店に伺います。1日の目的はここにありました。遅いお客様歓迎の店です。ありがたいです。可愛い奥様とダンディなご主人。いいワインを数杯いただき、嫌なことがあってもこれでご破算です。飲食店とはこうあるべしという癒し効果のお手本のような店です。ごちそうさま。また伺います。

お店を出たら、小さく固いあられのような白いものがチラホラ。春の隙間の小さな一瞬の雪。本当に冷たく美しい。今日の気分には上出来な小雪でした。

岡部泉