梅の郷2

2017年2月14日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 奥日田温泉 うめひびき

◼︎困るひたすら困る、しかし諦めも肝心。

重要な課題を乗り越えられていない。これは困る。そう思いながら寝ていたら、少しは昨日よりいいアイデァも浮かび決心もつくものです。諦めも肝心。大きく考えれば顧客満足度には影響がなさそう。まぁいいかと思うことも大事かなと。。適切な減額案は最も大事な仕事です。

まずは、ここから本来のデザインに入っていかなければなりません。一つの旅館をつくるにはたくさんの仕事があります。インテリアももちろんですが、備品や家具などもいっぺんに考える必要があります。テレビや冷蔵庫だって決めて考えないと家具が作れなかったりします。決めることが山ほどあります。

来週までまたがんばろう。東京行きの飛行機の中でも、頭の中で何度も考えがぐるぐるして眠れません。でもストレスのない俺を豪語して自慢していたうちのスタッフのT君はぐーぐー寝ているだろうな。。それも困るけど、諦めも肝心。仕方ない。ストレスもほどほどにあった方が進歩はするだろうに。

そういえば、この間一年仕込みのさっぱりとした梅酒のラベルをデザインしたのですが、ようやく商品として店舗に沢山並んでいました。おっ、目立つ!いっぱいの梅の花が咲いた梅のお山のようです。早速うちの風邪ひきの女の子に飲ませてあげようと買おうとすると、今回のプロジェクトのメンバーであるY氏が、「いいですよ、お土産としてお持ちください。デザイン代ですから。」と言った瞬間、のけぞるように大笑いして自身で受けています。こんなに大笑いしているY氏は見たことがない。わかんない、さっきまで迷子の子猫のように丸い眼を潤ませて困っていたのに。。まぁ、楽しいことはいいことだから、これも肝心。

岡部泉