梅の郷

2017年2月13日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 奥日田温泉 うめひびき

◼︎梅可愛し、愛らし

大分県の大山に向かいます。梅の郷です。少し雪が残る山々の中に白い梅の花がポツリポツリと愛らしく映ります。昔、自分の絵とともにカレンダーを作ったことを思い出しました。まだまだ寒いこの時期を「梅見月」と呼び梅の絵を描きました。まさに2月は梅を愛でる月です。

桜が好きな日本人ですが、梅は桜よりも凛とした強さを感じさせる花です。桜はどうも見られることを好んでいるかのように、下を向いて咲いています。梅は人のことなどお構いなしに尖った直線的な枝先に空を向いて咲いています。そんな梅ゆえに尊厳をもって歌に詠みたくなるのでしょう。

しかし、今日はそんなことを悠然と考えている暇はありません。カリキュラムがたくさん詰まっています。工事はもう待ってくれません。これから建てられる土地には白い囲いが作られています。嬉しいというより、困ったなぁという方が強いです。まだ心の準備どころかデザインの準備もまた企画も整っていないようで、誠に焦るのです。

たんまりと積まれた問題に取り掛かるのみです。夜が更けたとしても、問題は解決していないのです。今日はビール飲んで明日考えよう。

岡部泉