阿寒湖に現る

2017年1月31日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎エド・シーラン、阿寒湖にて

テレビを見ていたら一年ぶりに復帰したエド・シーランが阿寒湖に行ったと話してました。それでわかさぎ釣りをしたらしい。えっそれっていつ?私は月に2回も阿寒湖に行って、窓から眺めているというのに。。。会えていたかも。きっとあの氷上の赤や黄色のテントのどれかにいたんですね。どこに泊まったのかな。。

でも誰にも気がつかれなかったらしい。阿寒湖に欧米系の方なんて滅多にこないのに、さすが田舎。グラミー賞歌手なのに気がつかれなかった。あのアコースティックな感じが阿寒湖の風景にも合いそうです。なぜか、私世代に響く声と歌なんです。

新曲は、田舎に時速90キロで急いで戻ろうって歌でした。阿寒湖の原生林の一本道のロードムービーのバックに流したいくらい。いいな、いいな。

岡部泉

世界も東京も

2017年1月29日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎ニュースに事欠かない最近

最近、ニュースから目が離せません。アメリカ大統領の発言、ヨーロッパの保守派のこと、お隣の韓国のおかしな対応、そして我が土地、東京のメリーちゃん、ハリーちゃんのこと。。次から次へと新たな事件がおきていく政治の世界。

年末年始はこれからの世界の不安でいっぱいでしたが、最近はあまりの展開に速さに映画をみているような気分になってきました。民主的な世界の常識がどんどんと変化していきます。狭い世界へと突入していっているようです。

まずは足元を固めておかないと、、今日も仕事をしよう。

岡部泉

世代の名前

2017年1月28日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎ゆとり世代、さとり世代

会社で仕事してたら、夜、相談があると若者がやってきました。ま、仕事も終わったからと飲みにいきます。だいたい悩みというのはストレスの原因の一番である人間関係です。

大会社でもうちのような小さな会社でもいろんな人間関係の問題があります。うちの会社も私に似て、一匹狼みたいな子が多く、群れをなす方法を知りません。チームでやる方法を知らないんです。それでも仕事を一緒にうまくやる方法をそれぞれが思いやりをもって探らないといけません。といいつつ、自分はできているのかと言うと自信ないな。

人間関係の話は本人にとっては重大な問題ですがよくある話。

考えてみたら、ゆとり世代の子です。打たれ弱く平和を求めるが特徴があるらしい。言われてみればそんな感じです。世代といっても個人的にはいろんな人がいるのでしょう。そうです。稀勢の里だってゆとり世代の始まりだし。負けても負けても諦めなかった努力の人です。

今はさとり世代という、全てを分かったような子の時代らしい。欲がなくほどほどでいいという世代らしいです。それにしても世代に名前がつくのが面白い。

でも、私はいつでも革新的でありたいと思います。一体私は何世代?って言われてるのかな。

若者にいいました。「宇宙には水が存在するらしいよ、だからきっと生物がいるんだよ。そんな話がする方が面白いよね。」

「そんなことを言っても何の解決にもならないんだけど、空を見上げたら気持ちが大きくなっていいんじゃないと、あ、それとおいしいもの食べるといいよ」とか、不思議なアドバイスでお悩み飲み会はノリノリで終了。

若者よ、空を眺めよ。人は小さいよ。

岡部泉

稀勢の里土俵入り

2017年1月27日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎晴天の明治神宮で晴れやかに

来た、ついに日本人横綱の土俵入り。この雲ひとつない晴天がなんとも晴れがましい気持ちにさせます。当社は明治神宮まで歩いて数分。駆けつけたいのは山々、あの雲龍型を見たい気持ちは満々。しかし、すでに朝のニュースでたくさんの人が並んでいるのを見て、断念。

でも一応明治神宮まで、うちの女の子と歩いて祝福のために行きました。「今日は誰と戦うんですか」と聞く子に「今日は誰もともお相撲しないんだよ。土俵に上がるわけじゃないんだから」と言います。歩きながら稀勢の里の実直な感情を出さない修行をしてる話とかをしました。勝っても負けても同じ。これは無の境地に達するためなんだよと。

日本の横綱誕生。テレビで速報を見ます。ああ立派な雲龍型でした。めでたいめでたい。きせのんの時代が始まりました。

岡部泉

おおやまの工事

2017年1月26日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎工事会議顔合わせ

今回の工事は、どちらかというと企画とデザインなので工事会議はオーナー側の意見を伝えたりする役です。沢山の方々が参加しての工事会議が始まりました。

いつものように現場に何度も詰めることは無いとのことですが、工事が始まる時は緊張感があります。しかし、まだまだ詰まっていなくて中途半端なところが沢山あるので、早くまとめていかなければと焦ります。大きな組織の中での工事なので、あまり迷惑をかけるわけにはいきません。

旅館の皆さんと打ち合わせをしながら現地を見ていたら、早速変更しなければならないところが出てきました。運営側からもこうした方がいいよねということを後から気がつくものです。

足したり引いたりしながらも予算と納期を合わせていけるように頑張らないとです。

さて、今回は、沢山の宿題をもらいました。順々に片付けていこう。

岡部泉

おおやまの宿

2017年1月25日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎梅づくしの宿の企画づくし

朝早くから飛行機に乗って福岡空港へ行きます。今日は大分の梅づくし温泉の宿の企画会議です。いただいたスケジュールはぎっしり。しかし、いつも親しくしていただいている方々との打ち合わせはとても楽しく(でも真剣に)行います。

でも打ち合わせというものは脱線していくもので、そこが本音を語るところになります。今、旅館のレベルはとても上がっています。それは建築や内装のデザインだけでなく企画そのものが新しくなっているのです。旅館の個性をつくるには、どこか不都合で非合理で非効率なものを取り込むことも必要です。

世の中には便利で豊かなことだらけです。その中で思いもよらない体験や思い出つくりをすることが求められています。そんなことを考えながらこの旅館の軸を再度考えてみようと思いました。

そんな本題はまた次として、決めなければならないことが沢山あります。最後は料理の試食です。ここは梅の里です。梅といえば医者知らずと言われるほどの健康食品。薬食といえるものです。ということで、梅のよる体と心の浄化がテーマとなりました。でも表現は難しく、、どうしようか。。

岡部泉

ついに新しい幕開け

2017年1月22日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎どうなるアメリカ、どうなる世界

今年は年初から眠りの浅い日々が続きました。その原因は小さなこともありますが、大きくはこの世界がまた新たな時代へと舵を切り始める不安からだったと思います。その日がついに来ました。トランプ大統領の時代が始まりました。夜中から朝にかけて眺めていたその就任式の光景は、あの寒い小雨が象徴しているようでした。自由を掲げてきたアメリカが他を寄せ付けない不自由な国へと変わってしまったように思えます。30年位前に戻ったようなそんな気がしました。

世界の8人の金持ちとその他の世界の人々が同じ収入だなんてありえないことです。その内の6人がアメリカ人でありアメリカが生んだ企業です。グローバル企業が生み出す資産は巨大なもの、そしてその税金も。しかし、それが自国に還元されていない。なんだか皮肉なことです。

もし、この巨大なお金で、世界の貧困や戦争で苦しんでいる人たちを救えたらと思います。地球に暮らす我々が望むことは、小さな自分だけを守ることではなく世界の人たちが争わずに安全に暮らすことなのではないかとつくづくと思うのです。安心して寝れて、安心して働けて、健康を維持するための食料を得て、家族や社員を楽しませる少しの余裕さえあればいいではないかと思います。

最近、夜寝る時には、戦禍で安心して眠れない人のことを心痛く思い、朝起きるとこうしてまた働けることをありがたいと思います。安全を確保されることの幸せを多くの人たちが失っているのです。陽の光さえ嬉しく思わえないことでしょう。私たちは、今はこの安全という宝物を持っています。それにもっともっと感謝したいと思います。

今でさえたくさんの苦しい現状が目の前にあり、過去の歴史も何度も人間の愚かさを教えてくれているはずなのに、、どうしてまたその苦しみを忘れてしまうのかわかりません。

仏教には「自他不二」という言葉があります。自分と他は同じということですが、自分たちだけがよければという考えはとても知的ではありません。

世界はどこに向かって進むのでしょうか。生物多様性をうたっていたつい最近の世界観はどこに消えてしまうのでしょうか。ただただ不安な幕開けを感じます。

岡部泉

年初めの連休

2017年1月7日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎お参りに行ったらもう休み

あれ、またお休みが続きます。のんびりもできず、締め切りが近いので焦ります。焦るといえば、コンビニに恵方巻きの文字が大きく張り出されています。もう節分かとまた焦ります。

岡部泉

代々木八幡さま

2017年1月6日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎新年のご祈祷をお願いします

毎年、当社の氏神さまである代々木八幡神社に新年のご祈祷をしてもらいます。一人でするときもあれば、都合がよければスタッフも一緒です。

お正月はたくさんの人のお祈りで神様も忙しいことでしょう。ご祈祷もお正月は短いのです。玉串も代表者だけです。時短です。神社の方も申し訳なさそうに説明してくれます。だいだいご祈祷代とはいくらくらいが妥当なんでしょうと改めて伺うと「お気持ちで」とおっしゃいます。神様はお金で計れないそうです。「でも神様のお守りする方には費用がかかりますので、当然きちんとした気持ち相場でお支払いするべきですよね。」「よくわかっていてくださる」と社務所の方はおっしゃる。

お気持ち相場って本当、難しい。

岡部泉

自分のWEB

2017年1月5日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎なんと恐ろしい、、4年あまりご無沙汰

いつも人様のWEBをデザインしたしていますが、なんと恐ろしいことにうちのWEBは全く更新していないのです。これはイカンイカンと思いつつすでに4年が経って行きました。優先順位がどうしてもクライアントさんになるのは仕方ないですが、それにしてもひどい。

ということで、昨年の今頃、自分ではなく外部の目で冷静に作ってもらった方がいいかなと思い資料を渡して依頼しました。しかし、私の仕事の複雑さに混乱モードで、お手上げ。ついに年末まで上がってきませんでした。これもプロとしてイカン、イカンです。でもそれも仕方ないかな、、分かりづらいから。

ということで、やはり自分でつくることにしました。詳細を思い出すのも大変ですが、画像を選んだりするのも大変。撮り直したい画像がどんどん出てきます。これからはきちんといい画像を撮りためることをしないとこのビジュアル重視の時代を乗り切れません。

今日でトップページ分半分くらい。今週中にはある程度形にしていこうと思います。自分の仮アップ締め切りは1月末です。

岡部泉