エプイの癒し

2017年8月23日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 大沼オーベルジュ物語

◼︎心の洗濯

エプイの客室にリビンスグパという温泉とリビングルームを合体させた部屋を増築しました。今回はその部屋に泊めてもらいました。木々を見ながら大きな温泉を独り占めして、リビングでワインや好きなドリンクをいただけるのです。大きなスクリーンもあります。お風呂に何度も入ったりくつろいだりを繰り返せる癒しの部屋なのです。こんな部屋が家にあったらとつくづく思います。緑みて温泉入って仕事して映画みて音楽聞いてワイン飲んで、、これ理想的。

今日の朝は昨日の雨があがり青空が見えます。木々の葉の間から明るい日差しが差し込んでいます。床暖房の効いたタイルにヨガマットを敷いて「体の硬い人用のヨガ」をします。硬い体が伸びて気持ちいいです。ああ、、心の洗濯、命の洗濯です。

小沼に向かってせり出した桟橋も出来上がっていました。波の音を聞きながらぼんやりと瞑想するのもいいです。
ついでに木立の間のハンモックに揺られてみました。緑がキラキラしていて美しい、、ああ、、これは、天国かな、、癒される。またさに心と体の洗濯。。

こうしたのんびりとしたオーベルジュは連泊滞在がオススメです。ここが暇な時に一週間くらい居させてもらいたいです。そんなことを言ったら、「ここで仕事してなさいよ。みんなで打ち合わせにきますよ」と社長。いやいやそれじゃあ、こころ休まらないじゃない。。

岡部泉

エプイ一周年

2017年8月22日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 大沼オーベルジュ物語

◼︎一年は長い、、短い?

今日は函館大沼までオーベルジュエプイの一年点検に行きます。久しぶりの出張です。あまり体力のいらない仕事なので参加します。それと昨年、短い工期の中、頑張ってくれた地元のゼネコンさんや電気屋さん、設備屋さんに再びお礼を言いたいと思いました。時々、寄っては点検をしてくれたり補修をしてくれたりととてもこの施設を大事にしてくれているのが嬉しいのです。

エプイはオーベルジュとして立ち上げました。広い敷地に旧館を利用した宿泊施設に新たにレストランを併設しました。レストランのランチには毎日170名くらいのお客様をお迎えします。今日も土砂降りだというのに、観光バスで乗り付けてきていただいています。

大沼のイメージは空高い青空と沼に浮かぶ緑の島です。そんな風景に心癒されに来たのにあいにくの雨。しかし、最も条件の悪い時の点検の方が欠点もわかっていいのです。あまりの大雨に樋から雨が溢れ出したり、勾配がうまくとれていない通路の修正具合を見れたりと、雨の中皆で回りました。

そして、今日はみなさんお泊まりなので、久しぶりのディナーをご一緒します。こうして一年間、苦楽を共した人たちと囲む食事は格別です。今日はアルコールは控えめにしつつ、工事中の話や今後のこの館の展望などを話します。

岡部泉

東京0年

2017年8月21日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎何もかも失った東京の一年間

昨夜のNHKで東京ブラックホールという番組をやっていました。1945年終戦の年から1946年までの一年間。東京に何もかもが失われ何もかもがひっくり返った一年のことを語っています。孤児となって餓死する子供たち、闇市で争う人たち、瞬く間に米軍に翻る軍人たち、影で闇を仕切るマフィア、利権をもってのし上がる人たち、このごったかえしの中で勝つもの負けるものがまた生まれていく様が描かれています。

それにしてもこの戦争は国家犯罪であったことを改めて思います。あの混乱の中で食べるものさえ与えられなかった国民を尻目に、政府、官僚、資産家が隠匿した資産は莫大なものでした。権力と利権に目が眩んで戦争を引き起こした挙句、国民を戦争に駆り立て、そして敗戦後も国民に何の責任も取らない日本政府と利権者はどれだけ心が腐っていたんだろうかと思います。悪いやつは根っこから腐ってるんだなと思います。

その当時、天皇陛下はどう思っていたんだろうか。苦しんでいたんだろうか。

そうだと思います。第二回目の玉音放送で、雲の上から降りて人間宣言をしたんだから、それは相当なことだったと思います。

今の天皇陛下が第一回目の全面降伏の玉音放送を聞いたとされる疎開先の家の改築を頼まれています。宿にする方針だそうです。もともとは奥日光にあったものですが、移築されてこの地にあります。すでに改装をされている箇所もありますが、その家に何を表現したらいいのだろうかと兼ねてから悩んでいました。こうして戦争を引き起こした人間の醜さとその戦争の犠牲となった人の悲しみを考えていると残すべきものは、人間の欲への戒めであり、平和への慈しみなんだと思うのでした。残すべきところは残し、改装するべきところは控えめに、この家の持つ役割を伝えられる姿にしていこうと思いました。ようやく答えがでました。

岡部泉

母の命日

2017年8月20日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎今年は花火が上がらない

母がなくなって11年が経とうとしています。母が亡くなる前日は多摩川の花火大会でした。病室から華やかに上がる花火を見て満足してあの世に行ったと思いました。花火が好きだったな。母自身も夜空を彩る花火のように明るく華やかな人でした。誰にでも優しく楽しく接する母だったので、どこにいっても輪の真ん中にいる人でした。親子でもこうも違うのかと思うくらい陰と陽。
今年の多摩川の花火大会は豪雨と雷で散々。花火は次へ持ち越しです。

あれから10年あまりが経ったというのに、相変わらず私は成長もせず同じようなことに悩んでいます。どこかで母みたいに吹っ切れた人生を送らないとと思うのですが、元来、母のように花がないので仕方ありません。「私は私なりだね」、額の中で明るいオレンジ色の服を着て微笑むお母さんにそう話しかけて気がつきました。「あれっ、だんだん顔が似てきた」。でも、考えてみたら年をとると誰でもたるんで似てくるものかもしれません。

岡部泉

デザインの価値

2017年8月19日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎日本はデザインもデザイナーの価値も低い。。

私の仕事は、旅館にしても商品にしてもそれらの社会的必然性を探しながら、そのものあるいはそのプロジェクトに新しい価値を与えることだと思っています。その手段としてデザインがあります。単にデザインを表層的視覚効果と考えているわけはありません。デザインにも必然性があってこそだと考えています。そしてデザインは、いろいろな役割をもつチームに分かれていて、あるものは道化のように可愛らしく、あるものは背筋を伸ばして凛々しく、あるものはひっそり息を潜めて、あるものは大胆に振る舞い、、そこに多くの役者がいてまるで演劇の舞台があるようです。

それぞれの役割を演じてもらいながら、全体の調和をとっていくことこそがデザイナーの役割なのです。
ひとつのデザインが変われば、その他のデザインの役割も変わります。演劇であれば、脚本のひとつの言葉が変わればその相手役の言葉も変わる、音楽であればひとつのフレーズが変われば次のフレーズも変わる。同じことです。全てはハーモニーなのです。それを操るのがデザイナーの仕事です。

建築では、予算によってやむなくデザインの変更が行われることが良くあります。そのときは単にその箇所だけの変更を考えているわけではありません。ひとつが変わればその他のデザインも変わるのです。最初に考えていたハーモニーが崩れたときにまた新たなハーモニーをつくらなければならないのです。だから苦しく悩むのです。頭の中で形と予算がまぜこぜになって、恐ろしいほど悩むのです。ここだけ変えてるんだからいいんだろうと大概の現場ではそう思われています。そこでややこしい人という扱いが生まれてきます。現場全体に、別にいいじゃないかデザインなんて、早く決めて現場はとっとと進めたいんだよという空気が湧いてくるのです。

もともと建築という世界は、建築設計士という人の方の地位が高く、私のような社会的資格のない企画やデザイナーの地位はとても低いのです。尚且つ男社会。資格イコール社会的な価値、資格偏重の業界です。(もちろん、中にはそうでない設計士の方もゼネコンの方もいらっしゃいます。)私は何の資格も持っていませんが、それを卑屈に思ったことはありません。コンセプトをつくり基本デザインをつくり、そして細かな最終的な意匠の監理をする立場として、なぜ価値が低いのかがわかりません。0から1を作ることの方が重要だと考えているからです。プロジェクトの骨格をつくる企画デザイナーの立場が裏街道ばかりでは、おかしいんじゃないかと思います。
そんな業界では、コンセプトワークと基本設計と意匠デザインをどんなにしていても、地震祭では裏方ですし、記者会見でもメディアにもゼネコンさんと建築設計会社の名前だけで当社の名前は出ることもありません。どんなに現場であくせくがんばっても社会的には価値のない役割に押し下げられてしまうのです。

これでは後続の子達が誇りをもって育たないと思い、先日、とあるプロジェクトでそんなことを伝えたら、そのプロジェクトの責任者には「いいじゃない今更、いつも裏なんだから、裏のままやってくださいよ」、ゼネコンの営業さんには、「立場ですかぁ、どうしますか、まっ、うちと設計会社さんが表に立ってるんで、ざっくりデザイン監修ってことでいいですかぁ」。ほんと、アホらしくなりました。この数年、誰がこのプロジェクトをここまで引っ張ってきたんだという思いがフツフツと湧いてきます。少しセーブしないとなぁ。体あってのデザインです。

これからは表面的な名前や社会的資格の優先じゃなくて、本来の価値を認めてくれるところで仕事した方がいいなと思うのでした。仕事先も仕事も選ばないと限りある人生、無駄になるなと思いました。

岡部泉

長い一週間

2017年8月17日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎恐ろしい、、この時間感覚

しばらく飛行機に乗ってないなぁと思ってカレンダーを見たら、あれっ一週間しか経ってない。。こんなにも一週間が長く感じられるなんて。

飛行機に乗らない一週間を迎えました。何ヶ月ぶりなんだろうと思います。ここ半年、北へ南へ毎週二回の往復を繰り返してきました。これじゃ体もおかしくなります。

お盆休みということもあって東京の時間もゆっくり流れていたのでしょうか。それにしても恐ろしい。ゆっくりすることに慣れていなかったんだと思うと自分の体に申し訳ないと思うのでした。

岡部泉

仕事半分

2017年8月16日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎体と心のメンテナンス

ここ一週間は会社がお盆休みなので、仕事半分週間にしました。朝早く起きて、少し散歩、少し家の片付け、少し仕事、そしてゆっくり食事。こんな一週間でした。その中で食事を改めて整えました。体の声を聞きながら今の自分に合う食材を選びます。料理はもともと大好きです。そして東洋の体の考え方も大好きです。基本は食養生からなのです。冷えは万病の素ですので、冷房で冷えた体を温めます。なんとなくいい感じになってきた一週間でした。

これを持続できるようにしていきたいと思います。無理せず心落ち着いた養生人生をこれから心がけます。

岡部泉

終戦記念日

2017年8月15日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎大事な教訓が風化していく

今日は終戦記念日。いつもこの季節になると襟を正して戦争体験者の方のドキュメンタリーを見たり、太平洋戦争の背景を考えたりします。戦争はどんな国でも悲惨な悲しみしか残しません。しかし、今の日本で怖いのは、多くの人たちの大きな悲しみを忘れてしまうことです。

さらに、「不戦の誓い」が軽んじられていることが情けないのです。戦後の私たちが次世代に伝えていく力がとても弱く感じられます。平和という言葉をもっと感じ入るべきなのですが、平和に慣れてしまうとその大切さを感じることができません。愚かな日本にならないようにとこの日に改めて思うのでした。

岡部泉

養生

2017年8月12日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 奥日田温泉 うめひびき

◼︎ジャクソン並みの養生

日田の現場に高級風呂ジャクソンがやってきました。随時N氏が画像を送ってきてくれます。今が一番現場がどんどんとできた上がっていくときなので、現場に行きたいのは山々ですが今は少し辛抱して体調を整えます。

ジャクソンはとても高級なものなので、周りのタイルやいろんなものが完成しないと養生を剥がせないとのことでした。ということでグレーのジャクソンのほんの片鱗しか画像には写っていません。グレーのジャクソンはおそらく日本でも珍しいと思います。大概は無難な白を選ぶところ。
グレーのジャクソンはひびき渓谷の懐にて大切に養生されています。

私も今は養生にこころ掛けます。まずは食事からです。ここ半年くらい食生活が乱れていました。まさに人の体の基本は食養生からです。朝からひじきを炊いたり、魚を煮たり、昆布水を作ったりと以前の食生活を取り戻しつつあります。仕事は50パーセントダウンにして夏休みを過ごします。
ここ一週間はジャクソン並みに養生です。

岡部泉

夏休み始まる

2017年8月11日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎静かな会社にて

山の日は一体何の日なんだと思いますが、今日から我が社も夏休みに入っています。私も夏休みですが、仕事の宿題もあるので、ゆっくりとした気持ちで少し仕事をします。電話も鳴らない誰もいない会社は静かな空気が流れます。それに今日は東京は24℃と涼しい。このまま暑さもおさまってくれるのを願います。

そんな夕方、北海道からお客様。北海道の支笏湖の現場の打ち合わせでお見えになりました。「東京は暑いね、参るね」と北海道の社長は困り顔で言いますが、「今日って異常に涼しくて、運がいいですよ」。そうでしょうね。北海道の夏は本当にからりと気持ちがいい。そんなところから来たら東京なんて人が気が狂うほど多いし地獄みたいなもんです。時間も価値も流れていくのが早い。そんな東京で、生き延びるのは大変です。

山の日なんだから、こんな東京なんかにいないで、遠い山に行ってリフレッシュしたいものです。上手にバカンスを取れる人が羨ましいです。昨日来た映像のカメラマン君は、映像のデータだけ私に預けて、考えといてねと言い残してスイス行っちゃったし、、まったく、、こうしてひとり、いつも仕事の山を残されていくのでした。

岡部泉