まずい。

2018年7月23日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◾︎これって熱中症?

テレビで熱中症で亡くなる人のニュースが流れます。ほんとにお気の毒とおもいながら注意をしなくちゃといつも水を持ち歩いています。

会社に行くと経理の人がこの間、熱中症で頭が痛くて寝込んでしまいましたと言います。こんな身近にも。そんなことを聞いていたら、なんだか頭がズキズキと痛くなってきました。なんだかろれつも頭も回らない、、ひょっとしてこれが熱中症なのか、、

会社の子が急いで経口補水液を買ってきてくれました。だんだんと収まってきたような気がします。なんとも、恐ろしいことです。暑さに人は飲み込まれていってしまいます。怖くて外に出れなくなりそうです。どうぞこの暑さが早く治まりますように。

岡部泉

土用の丑の日

2018年7月22日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◾︎やれやれ、お疲れ様

今日は日曜ですが、北海道から打ち合わせに来られる社長さんがいます。ああ、、こんな酷暑の東京に天国のような北海道から日帰りで、、そんな急ぎの仕事って何?と疑問におもいつつ。。。でもお疲れ様です。

そして土用の日、(ほんとはおとといだったと思う)ということでお昼はうなぎにしようということになりました。渋谷の近くのうなぎ屋さんに行きます。我々は都合よく入れましたが店内は海外の人含めていっぱい。和食って浸透しているんだと改めておもいました。

だいたいうなぎというものは焼けるまで、お新香をつまみながら酒のんでダラダラといい気持ちになって待つべし、ですが、そうもいかずお新香と肝焼きは頼んで、待ちます。いやはや今日は待ちました。一時間と少し待つはめになりました。それでも少しは元気になったはずです。

外にでるともうそこにはこの灼熱のお昼に行列ができていました。いいときに入りましたが、これからが仕事です。ある意味ではこれも辛いのかな。

岡部泉

嬉しいお知らせ

2018年7月20日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎うめひびき、よかった、ホッとする

いつもお世話になっているJR九州のホテルズの方から、連絡をいただきました。私が携わった旅館花べっぷとうめひびきが、熊本大分版のミシュランガイドに掲載されたというお知らせです。
花べっぷは「非常に快適」、うめひびきは「最上級の快適」でした。こういうお知らせが一番嬉しいです。特に昨年、オープンしたうめひびきはまだ知名度が高くなく、いつもどうなったかな、、と気にかかっていました。こうして認めていただけると本当に関わってよかったなとホッとするのです。

旅館をいくつ手がけても、オープンしてからお客様がどれだけ入るかでいつもドキドキしています。建築家と少し違うかもしれません。私が思う旅館のデザインは、アート作品ではありませんので流行ってくれてこそはじめて価値として認めてもらえるのです。

旅館のデザインをする時はお客様のニーズの少し先を見据えてつくります。ある時は一歩先、ある時は半歩先、そんな塩梅をグダグダと悩みながら図っています。

出来上がってしまえば、そのあと育ててくれるのは旅館の方々ですが、いつまでもいいサポーターでありたいと思うのでした。

岡部泉

盛岡セミナー

2018年7月19日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎在京盛岡広域産業人会総会セミナー・交流会

というタイトルのとても長いセミナーに出席します。ソウルオブ東北という東北支援の活動は岩手県を中心に7年目になりました。こうして長い間伺っているとお知り合いも増えるものです。

県の方は3年ほどで転勤されるのですが、また違う部署にいっても交流があります。今は東北の活動とは別に、八幡平市によくおうがいしています。交流会の会場の八幡平の工場誘致招聘の地図をみていたら、広大な土地がたくさん紹介されています。工場もいいけど風景になる工場になってくれないと、風景という財産を失ってしまうじゃない、と思うのです。

地域にとって風景は最大の財産です。それが資産になり観光の目玉となり移住のきっかけにもなる大切なものです。ぜひ、企業誘致もいいけど風景を大事にする規約をつくってほしいな。風景、これこそが資産。地域の一番大切な生き残りの方法です。

岡部泉

海外から見た和食

2018年7月18日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎東北の食に注目してくれている

今日は、ソウルオブジャパンのセミナーです。今回は「訪日者への正しい日本食文化の発信」と題して外国の方から見た日本食の魅力がテーマです。「フーディーズ ゴー ローカル」というウエブサイトを作られているイザベラさんとジョンさんが講演してくれました。京都に住まれているという根っからの日本食文化を愛する方々です。

講演の中で青森の話がでてきました。行政の仕事で行かれたとのことでしたが、歴史やなんやらを行政の人に話されることよりも、地元のお母さんたちがつくる風土食の会がとても素晴らしかったと絶賛されていました。東北の食はすばらしい!と。魚の燻製や漬物など地元の素材を昔からの保存法でつくる料理を紹介してくれたのでしょう。京都を知って、それから東北の良さをわかってくれるとはかなりの通です。
しかし残念なのは、東北自体が自らの良さを発信できていないことです。

アメリカに講演で行った時に「日本料理のこころ」という冊子をつくりましたが、次は「原日本料理のこころ」という本を作ろうと思っていました。今につながっている縄文の時代の食をテーマにしていきたいと思います。これはライフワークとしてやらないとなと改めて思いました。

岡部泉

暑さ満開

2018年7月17日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎命に関わる暑さって言葉

「今日も命に関わる暑さです」とテレビの天気予報士さんが言います。「命に関わる暑さ」、、こんな言葉あるんだと思います。もうそれはそれは危機的な暑さのこと。。。もう地球がかわいそうに思えます。

命をかけて、会社に打ち合わせにくる方の汗が止まりません。なんだか涼しい部屋にいたことが悪いくらいに思えます。

この暑さ、我々日本人の未体験ゾーン投入ということらしいです。聞いたことがない言葉が使われる今年の夏です。

岡部泉

母の誕生日

2018年7月16日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◾︎何歳になったんだろうか

今年も母の誕生日がきます。
生きていたら何歳になったんだろうか。。

母のことを思うと被災地のお年寄りのことをせつなく思います。
今年の夏は暴力的に暑いです。ご年配の方はからだも疲れるでしょう。早くなんとかしてあげてほしいです。東北の教訓は生かされているのだろうか。被災地の体育館には早くからプライバシーを守るための白いカーテンがかけらえているのをテレビでみました。しかしそのカーテンも冷房が完備しない中ではかえって暑いのかもしれません。早く早く、なんとかしてあげてほしいと思うのです。

岡部泉

新人さんの自立

2018年7月16日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎大人だって新人

うちのビールバーに新人さんが入りました。クラフトビール大好きが高じて、40歳過ぎて初めての飲食業に挑戦です。さぞ大変だろうと思いますが、ゆっくりでも日々学んでくれているようです。

そして昨日は、入社して初めての店長くん抜きで運営。大人だって何かに挑戦すれば、初めてはあるものです。
でも結局、店長くんがいい奴で、いや心配だったのかな、、夕方お店を覗きにいったみたいでした。

頑張れ、大人の新人さん。

岡部泉

休日出勤

2018年7月14日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◾︎ランチで盛り上がる

大概、休日でも仕事をしていますが、(それは休日ではないかもしれません)それでもいつもと違ってランチはかなり張り切ったものです。そのくらいしないと気分が上がりません。だいたい私の好きなものはかなり固定的で、蕎麦、鮨、天ぷら、うなぎなのです。まさに江戸前尽くし。これらを休日のランチに当てはめています。

それぞれにそれなりの好みがあります。蕎麦の場合はつゆ。蕎麦自体がいいとこ行ってるなと思ってもつゆでガッカリするのです。うなぎもたれに好みが出ます。そして鮨はシャリに。天ぷらは衣に。もちろん素材はきちんとしているのが前提です。

今日の昼は蕎麦です。後ろに髪を束ねた自由人風な人がやっている近所のそば屋さんで、つまみ三種盛り(豆腐味噌漬け、鴨ロース、さつま揚げ)と夏の冷酒半合、そしてもり蕎麦。暑い日中に最高だね。これでハツラツと仕事ができます。

明日はうなぎの日にしよう。。

岡部泉

打ち合わせラッシュ

2018年7月13日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◾︎出張あとは慌ただしい

一週間に4日外に出ていると残り1日はどうしても打ち合わせが多くなります。そして土日に自分の仕事をするというのが最近の傾向です。
今日は朝から夕方まで打ち合わせでした。銀行さんから始まり、ホテルの打ち合わせ、そして商品開発の打ち合わせです。夕方は懇親会という飲み会のはずでしたが、イクメンT君が家に子供のために帰るということで無くなってしまい残念。次は気にせずやろうということになり持ち越しです。

仕事仲間というかクライアントさんですが、当然、私よりずっと若く親子ほど離れています。でも何年もこの会社の仕事をしているので、良き相談役として若者の成長を見てきました。私が若いころ、いつか年をとって若い子に使われるようになるんだろうな、嫌だななんて思っていましたが、全然。問題ないです。どこか私も大人になりきれない幼稚なところがあるので、相手はどう思っているのか知りませんが、あまりギャップは感じません。

でも今日の打ち合わせでたくさんの宿題をもらったので、また解決のために頭のどこかの脳を刺激して考え出さないとと思います。

岡部泉