極上の孤独

2018年4月20日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎それって当たり前のことなんだ

人が孤独であることは当たり前。孤独を楽しむ法がこの下重さんの「極上の孤独」に書いてあり、すごく売れているそうです。高年齢化が進んで多くの人が孤独に向き合う時代になったのです。この本には然り、然りと頷く話がたくさんありました。

私も唯一の心の拠り所であった母が亡くなって、長らくこの孤独というものに向き合ってきました。当初はこんなにも情けないほど母という存在に甘えていたんだ、こんなにも頼っていたんだと実感し、空虚感が消えませんでした。次にはこの甘えの構造を理解し分析していくうちに、自分の弱さも欠点も見えてきました。そしてしっかりと向き合えるようになりました。仕事も人生も会社も孤独と付き合うことでうまくいくのです。

孤独を楽しむには強くなければなりません。強くというのは気の強さとかそういうことではなく、自立しているということです。
精神的にも経済的にも自立していなければ強いということではないのです。

一人の時間が怖いとおもったり、はたまた時間を持て余したりしているようではまだまだ孤独の新米。家庭や家族がある人は、時々訪れる一人の時間を楽しいと思うことがあるはず。しかし永遠に一人で過ごすことを想像するとビビり始めます。そうなんです。人は誰かを頼っていく弱い生き物なのです。対象がほしいのが人間です。

そんなことから人は一人じゃないなんて言ったりしますが、どうも真実ではないように思います。友情ドラマも夫婦愛も家族愛もゴールまでのプロセスのような気がします。人は最後は一人なんです。それは悲しいことではなく、正しいことなんだと思います。

とぶつぶつと自分で納得しつつ、素敵な孤独を送りたいものです。私もまだまだ孤独の初心者です。

岡部泉

ひっつき虫

2018年4月19日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎こだわりのプロ

友人に最近の面白かった仕事を聞いてみました。そしたらひっつき虫を探してたことでした。えっそれって何?よく子供のころセーターにくっついて困ったイガイガしたやつだよと。ああ、、あれね。野原を歩くつ幾つもくっついてきて、それに棘があって痛くて困った種子ね。

東京あたりでそのひっつき虫を探したらしいです。奥多摩とかまで行ったみたいですが、なかったらしく、ようやく荒川の土手で見つけて、その種を持ち帰り自分の家の庭に植えて育ててみたいです。

だってそれって雑草でしょ。なんで?
その友人は有名なCGアーティストです。なんかの映画のためにそのひっつき虫をCGで作らないといけなかったみたいです。そんなん写真からできたんじゃないの?だってそれがCGのいいところなんじゃないの。。そりぁそうだけど、それじゃつまらないんだよ。本物をちゃんと見て作りたかったんだよ。ああ、、そう。。。でも育てなくてもいいんじゃないのと思いますが、、

リアルに見せるバーチャルなものをリアリティをもって作るってことなんだね。
どこまでもアナログチックなこだわりのプロでした。

岡部泉

中国の仕事

2018年4月18日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎世界は中国の時代

10年あまり前に中国の仕事でご一緒した会社の社長さんを訪ねます。その時も相当な忙しさの中、中国、台湾、香港と飛び回っていた方でしたが、こうしてまたお会いすると会社は格段と大きくなっていました。いつの間にか社員さんは70人。それどころか4社に会社は増えていました。設計の仕事、投資の仕事、運営の仕事、とても連携のとれた会社組織となっていました。

どうしてこうも違うのだろうかと思います。いつまでも丁寧だけど小さい当社。まだまだ趣味みたいな会社です。ビジネスという根本的な仕組みを掴んでいないということです。
最近はようやく事業というものに目覚めつつあります。やはり何かを起こすには、資金がそれなりにないといつも自転車操業で追いまくられて結局事業に辿り着けません。日本は銀行の融資が厳しいのでなかなか世界へは踏み出せない事業がたくさんあります。さすがに中国やアジアの投資家を味方につける会社は強いです。

最近のお仕事を伺ってみると、大きな素晴らしい仕事ばかりでした。そして世界に通じるネットワークができていました。改めて中国やアジアの資金はとてつもなく大きく、世界は中国を中心にまわっていくだろうと容易に判断できました。

また一緒に中国や日本の仕事をしましょうと言っていただきました。こちらこそとてもいい刺激をいただきました。

岡部泉

会社スッキリ

2018年4月17日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎最近、会社が綺麗になっていく

数ヶ月前に入ってくれた女性がとても綺麗好きで、どんどんと会社の片付けをしてくれています。いつも明るくていつも大きな声で挨拶をしてくれます。会社の雰囲気が会社らしく変わった気がします、美術系のひとばかりですとコミュニケーション不全な感じでだるっとした感じになります。

挨拶も、うっーす、あざーすって感じで張りがありません。
彼女が来てから、空気がパキパキとした感じになりました。でもこれが普通だったんだろうか。本箱も変な建材もどんどんと片付いていきます。もっと私も協力しないといけないんですが、元祖美大系、やはり片付けはテキパキできません。仕事はテキパキですが。

4月はさらに会社スッキリしていこう!

岡部泉

ポンコツ

2018年4月14日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎だけどまだやれる

久しぶりになる友人と食事をします。ほんと久しぶりだねぇ、、どこか体悪いところない?と年寄り会みたいに体調チェックの話題から。友人は私よりもずっと若いのでそんなにポンコツじゃないんですが、血圧の心配したり、血糖値の心配したり。。同じです。

お互いそれなりにポンコツだけど、まだまだひと山やふた山くらいは登れそうだね、とふわっと笑います。
それでも資本は体です。先の人間ドックの検査では、筋肉量不足の運動不足体型でした。いかん、いかん、筋肉はやる気をつくるし、山を登るには絶対必要です。

もっと歩こう、もっと速く歩こう。

岡部泉

鄙の座の改装

2018年4月12日 | izumi | あかん湖温泉, イエローデータデザイン日記

◼︎若者よがんばれ

鄙の座の改装で阿寒湖に行きます。まだまだこちらは冬の空気です。工期が無いのに段階的にオープンしているので大変です。改装といってもメンテナンスみたいなものです。15年も立つと水回りが古くなっていくのです。露天風呂を新しくしたり、タイルを変えたり、洗面台を変えたり。。
15年前にアイヌ文化を取り入れた部屋も改装します。

しかし、この部屋だけは前と同じにした方がいいとゼネコンさんから提案をいただきました。変える必要がない、その方がいいんですとのことでした。そうかなぁ、少し変えてもいいんじゃないかと思いますが、、
でもその力強い提案の通り、昔のイメージのままメンテナンスをすることにしました。

夜は、現場を仕切ってくれているN氏と後輩の若者とご飯を食べます。若者に社会勉強させようというN氏の配慮なんだと思います。
どうしてこの仕事をすることになったのかという質問をされました。それは困ったな、別に理由はないのです。来た仕事を順にやっていったらここに来たという単純なことだからです。自分が旅館を作ったりすることなんて想像もしていませんでした。何かやりたいことやなりたいものはなかったのです。

言ってみたら生きるために仕事をしてきただけなのです。あまり勉強はしてきませんでしたが、必死でやってきたように思います。ひとつも専門職がないまま、いつの間にか何でもやる人になっていました。一種目では一番になれませんが、異種目では案外いいところにいけるという感じです。若者の期待するような答えでなくて、申し訳なく思いますが、仕方ありません。

でも、ひとつだけ教えてあげられることは、どんなことでも目の前のことを一生懸命やることが次のステップをつくるということです。がんばれ、若者よ。

と酔っ払って言ってたら、次の日の朝、現場視察の廊下にビシッとスリッパが揃えて置かれていました。やるね。

岡部泉

仕事の近道

2018年4月9日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎時間との競争

北海道の仕事が複数になって、あたふたしています。それぞれの案件のリーダーからいろいろなオーダーがあります。いずれも早く早くです。一体どっちだ、いつまでにって思いますが、いずれも同時に早くやることなのです。

時間には限りのあることですが、やれることは何でも早くやりたいのです。時間との競争なのです。どれだけ早く正解にたどり着くことができるのかを考えたいのです。
クリエィティブは時間と関係ないと思われがちですが、そうでもなくやはり効率を意識することとひらめきさえも自分を追い込むくらいの責任感があればひらめくというもの。脳はそれなりに動いてくれるみたいです。時には苦しいこともありますが、それでも考え続けるとそれなりに道が見えてくるものです。

考えることは電車に乗っていても歩いていてもできるので、絶えずできるのです。これだと思ってから、手を動かした方がいいのです。無駄に企画書や図面書いても仕方ないのです。

しかし、しかし、これだと思って作って提出しても、オーナーの意識や条件が変わってしまっていたり(大概オーナーという人は気まぐれであることが多いのです)または、その仕事が延期になったり、せっかくやったのに散々だなと思う時もあります。

仕事の近道をしたくて頑張るのですが、こんな時はもう行き止まり状態なので、また戻ってやり直しです。
道は近くなったり遠くなったりです。まぁ、経験は無駄になりませんので、また効率とひらめきの努力をして頑張ります。

岡部泉

洞爺湖へ

2018年4月6日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎中島は鹿の島?

洞爺湖の視察に行きます。天気が良かったら洞爺湖の遊覧船にでも乗ればいいのですが、どんよりとした小雪交じりの天気です。洞爺湖もグレーの湖に見えますがやわらかな感じがします。湖の真ん中にある島がぽっかりあるのも優しいイメージにしているのかもしれません。一緒に行った社長さんがあの島は鹿の天国ですよと言います。鹿ばかりがいるらしいです。天敵がいないせいもあるかもしれません。

へぇ、、そうなんだ、、、そしたら最初の鹿はどうやってあの島にきたのかな。まさか勇気のあるもの好きな鹿が泳いでいったのかな。その質問には答えてもらえませんでした。

バタバタと現場の視察をして、暖かな東京へと戻ります。これでまた気温差で疲れてしまいそうです。

岡部泉

赤ちゃん撮影

2018年4月2日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎生まれたときからスター

友人に赤ちゃんが生まれたので、そのお祝いにスタジオの撮影をプレゼントしました。生まれた時からラインで写真が送られてきていたので、その赤ちゃんにも親しみがあります。

今は、こんな子供用のスタジオがとても多く、いかに親が子供の綺麗な写真が欲しいと思っているのかがわかります。もちろん赤ちゃんが自分の可愛い写真がほしいなんて思っているはずのないので。

私の子供の頃なんてもちろん白黒。ロクな写真がありません。写真がないことが悲しくもありません。私は過去があまり大事じゃないと思っている節があります。

ただ、撮影し終わった赤ちゃんと家族の画像を見ると、やはり撮っておいてよかったなと思うのです。この瞬間は、今しか撮れないだろうと思うからです。なんともこの世のものと思えない天使のような可愛さでした。生まれた時からスターなのです。赤ちゃんはもちろん、パパもママも綺麗です。
リアリティってなんだって思うほどです。レンズが美しい魔法をかけてくれたような気がします。それとも彼らの幸せな空気がこんなに綺麗な写真をつくるのだろうか。

この天使のような穢れなき子が大きくなった時に、時代はどう変わっているのだろうか。その時代はとても大変かもしれないけれど乗り切っていってほしいなと思うのでした。

岡部泉

四月は片付けから

2018年4月1日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎苦しかった厚みがここにあった

明日から新しい月を迎えます。四月は日本全国新入生を迎える特別な月です。当社はいつも同じですが、それでも少し部屋を片付けして新規一転です。そんな余裕があるのも、九州の案件が終わったこと、北海道の案件の図面提出が終わったことなど、大きな事柄がひと段落したことにあります。昨年から今年の三月まで、同時に二つの大きな山を抱えていました。

何度も書き直した図面やたくさんの打ち合わせ書類があります。ああ、、こんな時もあったなと改めて思います。ゼネコンさんの顔が浮かびます。どうしてるかな。。
いくらデータ化していても設計は皆で現場で共有することが重要なので、やはり紙なのです。
その紙の束を積み重ねた厚み分の苦しみがありました。苦しかったけどすごく勉強にもなったな、、そんな思いが一番近いです。
そして、こんな私にこんなに大きな物件を任せてくれたことに驚きと感謝があります。

何となく部屋が片付きました。すっきりしました。今また新しい案件に向かっていますが、いつでも新たな気持ちで努力したいなと思います。
明日からみんなにも片付けしてもらわなくっちゃ。特にかだづけできない症候群のT君にはしっかり時間をあげてやってもらおう。

さぁ、新しいスタートを切ろう!

岡部泉