あめや凄い

2010年8月7日 | izumi | あめやえいたろう物語, イエローデータデザイン日記

■スィートリップ売り切れ

あめやさんが、9月に銀座三越に第2号店をオープンするので、その販促物のデザインやら、パンフレットやら、ショーケースやらが追い込みとなりました。

そこで、新宿伊勢丹のあめやさんの状況などを久しぶりに観察しに行きました。すると、ここ最後尾という看板を持った人が立ってます。そこにはなにやら、行列が。。

それもそのはず、先々週の土曜日の「知っとこ」に放映されたからです。その日の売上はものすごいものだったらしいです。そんなこんなで、評判となり、その後も好調な売上です。手作りのスィートリップは製造が間に合わなくて、店頭になくなってしまったのです。ショーケースもさみしげ。

なんとテレビというものは恐ろしいものです。こうしてえいたろうのあめやさんは、大きく大きくなっていくのです。良かった良かった。

そうそう、あめやさんは、そのテレビに合わせて、スィートリップの誕生秘話として、裏方の私のことも語ってくれたらしいです。しかし、思いっきりカットされてしまったとのことで、あめやさんの担当の方は、申し訳ありませんと謝っておられました。

そう考えると、一緒に努力してきたものとしては、少しさみしくなるのが本音です。テレビをたまたま見ていた友人が怒ってました。「どんなに苦労していても、君はいつも裏方なんだね」と言われてしまいました。

だいたい、うちのような企画やデザインや設計やは、表向きは華やかに見えますが、光があたるのは一部の人だけであり、大概の企画やデザインやさんは、責任ばかりが重くて成功しても評価されない、失敗するとデザインが悪いなんて言われたりして、全く裏で耐える仕事であるのです。この意見に賛同するデザイナー諸君は多いはず。

仕事を継続するためには、商品が売れたり、物件が繁盛したり、クライアントに感謝されたりとか、そんなたわいもないほんの少しの楽しみや喜びを見いだす事が必要なのです。かわいいもんです。でも時々、何のために誰のために、企画やデザインしてるのかなと思ってやる気を無くしてしまうことも事実なのです。ゼロからものを考えたり、思いついたりするのって、大変なことなんだよって言いたくなります。この意見に賛同するデザイナー諸君も多いはず。裏方デザイナーの地位向上を計りたくなります。

ああ、、なんだか愚痴っぽくなってきました。今日はもう帰ろう、、

岡部泉

あめやすごい!

2010年7月15日 | izumi | あめやえいたろう物語

■知っとこに出るらしい

再来週の土曜日にあめやさんが、朝の情報番組「知っとこ」で紹介されるらしいです。これまでも、いろいろな番組に紹介していただきましたが、今回はじっくり中身について紹介してくれるらしいです。(あくまで、想定)

こうして、あめやはどんどん広がっていくのです。

岡部泉

50年ぶりの新顔

2010年5月13日 | izumi | あめやえいたろう物語, イエローデータデザイン日記

■榮太樓飴に新しい仲間が加わった

飴一筋榮太樓総本舗の飴と言えば有平糖の三角形のえいたろうあめ。

梅ぼ志といえど、梅干し飴ではなく、飴の形が梅干しに似ているから。そんなへそ曲がりのような冗談のような命名も、江戸っ子の洒落なのでしょう。

この梅ぼ志飴に黒飴、抹茶飴、紅茶飴の4種類がこれまでの不動のチームでした。しかし、この度、50年ぶりに新顔が仲間入りしたのです。

のど飴という名前で、山田養蜂場の蜂蜜と和種ハッカの味です。さわやかな飴が出来たのです。今、パソコンの横にはこの飴があります。のどの乾きにも最適です。

あめやえいたろうでも、新しいパッケージでこののど飴が登場します。

岡部泉

世界初のあめ

2010年4月26日 | izumi | あめやえいたろう物語, イエローデータデザイン日記

■ネピュレとあめやの傑作

ネピュレを使ったいちごのあめは、本当においしい。イチゴまるごとをあめにできた事は本当にあめ業界では画期的なことです。世界初ではないかと、今日はあめやの方々と自画自賛です。でもおそらく本当だと思います。素晴らしいコラボでした。

このあめを大切に売りたくて、アイデァをしぼります。

あめの製法からあめの形、パッケージからプロモーション用のフレーズまで。。。。

そしてイチゴを作ってくれた農家さんの顔もご紹介する事にしました。こうして、世界初の「本当の果汁あめ物語」が始まりました。

岡部泉

ネピュレのあめ

2010年4月19日 | izumi | あめやえいたろう物語

■ついに出来た!本当の果汁飴

ネピュレの果汁をあめやさんが飴にしてくれました。これは画期的!

しかし、製法は企業秘密!

果汁飴といっても、大概は果汁のエッセンスが入っているもので、本当の果汁で飴をつくる事はできませんでした。それが、ネピュレとあめやさんの熱意ある開発コラボで本当の果汁飴ができました。

ああ、果汁が詰まっているんだ〜

その新鮮な風味と飽きのこない味に事務所一同感激です。

岡部泉

あめや強し

2010年3月8日 | izumi | あめやえいたろう物語

■スィートリップはホワイトデーに必須

あめやの今年のホワイトデーのおすすめ商品は、「世界を揺るがす君へ」です。好調過ぎるほどのスタートを切りました。

これは新たに開発したスィートリップです。世界を揺るがす君とは、世界三大美女のクレオパトラ、楊貴妃、ヘレナをモチーフにしました。心を揺るがす女性の為には、政治などほったらかし、、、それほどに美しい女性たち。まさに傾国の美女たち。

世の男性にとって、女性は神秘に満ちたもの。ホワイトデーには、ゴージャスな金箔入りのスィートリップで、神秘の女神を射止めて欲しいものです。

岡部泉

情熱×情熱

2010年2月25日 | izumi | あめやえいたろう物語, イエローデータデザイン日記

■良いご縁

今ネピュレさんと榮太樓さんであたらしい開発をしてくれています。私の大好きな会社二つの情熱×情熱が、とてもいい方向に向かっているようです。私としてもとても嬉しい事です。

この両社とも、食品やものづくりに対する情熱が半端ではありません。かたや、老舗を守りながら進化していこうとする会社、かたや、いつも食革命を夢みて進化し続ける会社です。根本にある共通点は、丁寧なものづくりです。安心安全、そして高機能、そして、おいしい事。あたりまえのようですが、なかなか出来る事ではありません。

このご縁について、お礼のメールをいただきました。こういう時に、ご縁をご紹介できた事をとても光栄に思うのです。

岡部泉

千石黒豆の甘納豆

2010年2月23日 | izumi | あめやえいたろう物語, イエローデータデザイン日記

■榮太樓さんは上手に豆を焚く

千石黒豆を甘納豆に榮太樓さんがしてくれました。ほんとに上手に炊けてます。もともと甘納豆は榮太樓さんの十八番です。榮太樓では甘名納豆と名付けています。

この千石黒豆は、皮が堅く厚いので、普通の豆よりも堅くなってしまうようです。しかし、この甘納豆はとても柔らかくおいしく仕上がっています。千石黒豆は、ポリフェノールが豊富でアンチエイジングにもってこいの豆です。北海道の幻の豆と呼ばれ、極寒の地でしかできないおしんのような豆なのです。

北海道の旅館でも千石黒豆を使ってくれていて、黒豆ご飯にしてくれています。ポリフェノールが沢山なのでご飯は赤い色をしています。

苦労して蘇らせた豆です。上手な使い方をしてくれているととても嬉しくなります。

岡部泉

アメッセージの撮影

2009年11月24日 | izumi | あめやえいたろう物語, イエローデータデザイン日記

■HEAL THE WORLD

今日は、あめやのホームページのアメッセージのページをつくるので、うちの事務所で撮影です。越田さんに来てもらいました。ごろごろをアメを散らばらしていたら、ボタンのようなおはじきのような、、楽しいおもちゃみたいでした。おいしいものはなんだか楽しくさせてくれます。おもちゃも楽しい気分にしてくれます。

そうそう、アメッセージという事で昨日見たばかりのマイケルに敬意を表して、[HEAL THE WORLD]のアメッセージをつくって撮影しておきました。

世界を癒そう!

この歌はとても感動的な教えを説いているんです。いい歌です。

歌詞に苦しみも悲しみもない世界にしようとあります。愛は強いって歌ってます。

でも般若心経では、ついでに喜びも楽しみもないそして悲しみも苦しみもない世界を歌っている。やはり仏教は色即是空空即是色、、無なんですね。愛ってものもないってこと。。。東洋人ってすごい。

岡部泉

あめやさん好調

2009年9月19日 | izumi | あめやえいたろう物語, イエローデータデザイン日記

■アメッセージで気持ちを伝えよう

伊勢丹新宿店で短期販売をしているアメッセージですが、なかなか好調です。今日は、その反応を見に行きました。沢山のお客様がメッセージのオーダーシートを持って並んでいただいています。企画やデザインで、やりっ放しはいけません。評判をいただいてこその企画やデザインなのです。

アメのメッセージの定モデルをつくっておいたのですが、豈図らんや、オリジナルで作られる人が多いそうです。これは良い事です。皆さん、自分で自分の気持ちを伝えたいとお思いなんですね。

なかなかオリジナルでお菓子が作れるなんてことはありません。そのために、沢山のアメの用意が必要だし、無駄もでてしまう事でしょう。でも、そんな苦労があっても、あめやさんは、あめをもう一度新しいステージにあげたいと願っているのです。

岡部泉