碧の座工事会議

2018年12月3日 | izumi | 碧の座物語

◼︎ようやく北海道らしい寒さに

今週も工事会議が始まります。東京は春みたいに暖かいというのにこちらは雪混じり。でも北海道らしいキンとした寒さに背筋が伸びます。工事会議を行う現場事務所は、北海道初のユースホステルです。初というだけあって相当に年季が入っています。窓ガラスは北海道だというのにシングルガラスで木製。風が吹くとガタガタと音がしています。

でもこの建物はアントニン・レイモンドに学んだ方が建てたもので、レイモンドのモダン建築を引き継いで作られているように思います。私の本棚にはレイモンドの建築集があるくらいで、この時代のモダン建築には思い入れがあります。この建物は、レイモンドが作る教会のように全くの三角形の屋根が特徴的です。中に入ると中央に螺旋階段があります。これもレイモンド風です。螺旋階段には螺旋に合わせてくるくるとあがる鉄の手すりがいい感じです。螺旋階段の腰の框に黒い革が巻いてありレトロ感と当時のモダンが混ざっていていい感じです。すっかり傾いてしまった建物で、現場事務所の事務員の方はこの傾きにめまいを起こすそうです。

最近事務員さんがいないなと思ったらそんな理由でした。他の人たちは大丈夫そうなので相変わらず熱気を帯びた工事会議は続いています。でも夜遅くなるとさすがに寒いので、我々の旅館の会議室に移って第二工事会議をやっています。

4階まで立ち上がった躯体をみるとだんだんとこれからの1ヶ月が想像できて怖いです。。

岡部泉

ご苦労様

2018年11月25日 | izumi | 碧の座物語

◼︎Y君は頑張る

碧の座の図面修正が東京に戻ってからも続きます。どうやらY君、現場に早く平面詳細のチェックをしてあげたいと頑張っている様子。

例えば客室。客室というものはあとからいろんなサービス要素が出てきて、ようやく機器が決まってくるので、サイズやデザイン変更をしなくてはならないことがよくあるのです。
スピーカーやらウーハーやら、大量のグラス類、、こんなにあるの?、、あとからあとから、、入んないんだけど。と思うのですが、なんとかしなくてはなりません。小さい変更でもドミノ倒しのように波及して、ガラガラと変わってしまうこともあります。もう配管も出来てしまっているので微調整も電気屋さん、設備屋さん、木枠やさんなどに確認しなくてはならず案外大変なのです。

後から後から私もデザインを変えないといけないので、またY君はその修正も伝えなくてはなりません。今日も遅くまでご苦労様です。

岡部泉

碧の座工事会議4

2018年11月22日 | izumi | 碧の座物語

◼︎ニックネーム

工事会議にはたくさんの職種の人たちが参加します。鉄工系、金属系、大工系、家具系、建具系、石系、、、。
それぞれの人たちにニックネームをつけて覚えます。どの現場でもこんな調子です。でもそれでとても親しみが持てます。

でも4日間遅くまで張り切るとそれなりに疲れます。今日の最終便で戻ります。

岡部泉

碧の座工事会議3

2018年11月21日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 碧の座物語

◼︎月に叢雲

部屋に戻るともう12時を過ぎています。ふと部屋から空を覗くと黒い雲の輪郭が光ってその輪郭が美しい。その古代からこんな空はあったはず。神秘的な光景だが威嚇されているようで不安になる。輪郭を刻々と変える黒い雲の恐怖を打ち消すように光り輝く月が姿を見せる。それは黒い龍の目のように見える。黒い龍が光ながら胴体を揺らしながら黒い空に踊る。その目はどんどん大きくなっていく。

冷たい冬の空に姿を見せた月は神々しい。月に叢雲。しかしこの叢雲が月を引き立たせる。叢雲はドラマをつくるんだな。

と部屋の露天風呂に浸かりながら月と叢雲のドラマを優雅に温かくみるのでした。

岡部泉

激震

2018年11月20日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 碧の座物語

◼︎ゴーン、ショック

工事会議が夜の11時頃に終わり、バーでビールでほっとしていると、「ゴーン逮捕」のニュースを知りました。今年一の激震。ガーンです。

もっともっととお金を欲しがることがもっとも貧しいことです。会社のために働いく社長さんではなかったのです。私欲のために働いていたのだと思うと、本当にあの経営手腕もとても汚れた手に思えます。グローバル化を進める経営者の給料は破格なものです。その陰にたくさんの人たちが泣かされているんだろうと思います。

それにしてもショックです。一体なにがあったんだろう。

岡部泉

碧の座工事会議

2018年11月19日 | izumi | 碧の座物語

◼︎北海道に雪がない

今日から碧の座工事会議がまた始まります。今年は北海道も暖かく雪が降りません。東京とさして変わらないように思えます。青く広がる空の向こうに粉雪をうっすらふりかけたような不風死岳が見えます。堂々と構えた藍色の裾野が支笏湖に溶けていくようです。

北海道の湖らしい雄大な光景です。水の謌の改装工事から、今回の碧の座の新築工事まで、毎年毎年10年に渡りこの景色を飽きずに見てきました。ひとつの土地にこれだけ通うということがあるのだろうか。この土地に暮らしているか働いているか、どちらでもない人が。どれだけの縁があるんだろうかと思います。その縁も来年で終わります。来年5月1日、この館はオープンです。あと半年。重要な半年となりました。

追われるような忙しさは想像がつきます。もっともっと追い詰められていくんだろうなと思います。恐怖には思えませんが、ちょっと引き気味になります。いつも工事はなんとか終わるものなのです。去年もそう思いました。もうだめかもと思うのですが、いろんな人たちのおかげで終わるのです。それが工事の結束力です。

さぁ頭を絞っていこう。

岡部泉

碧の座工事会議3

2018年11月7日 | izumi | 碧の座物語

◼︎ぎっくり腰

工事会議最終日。急にリュックを担いだら、ぐきっと音がしたような。これってぎっくり腰か。。
腰が痛いと気分も下がっていきます。それでもやることはやろう。旅館で湿布をもらって工事会議へ。
なんでも疲労が悪さをするんだな。。

岡部泉

碧の座工事会議2

2018年11月6日 | izumi | 碧の座物語

◼︎ギリギリまでやろう

昨夜は、工事関係者と千歳にて懇親会がありました。非常に食べ過ぎました。辛い中華で胃がもたれます。それでも今日はたくさんの業者さんが来ているので、どんどんやらなければなりません。夜の11時まで続きます。ようやく工事分科会らしくなってきました。

今夜は達成感満載ですが、さすがに疲れました。

岡部泉

碧の座工事会議

2018年11月5日 | izumi | 碧の座物語

◼︎相変わらず暖かい

今年の北海道は相変わらず暖かい。そして相変わらず、工事会議は続いています。躯体が3階まで立ち上がって、4階まで目前です。雪が降る前にと急いでいたはずですが、なかなか雪が降る様子がありません。

支笏湖の静かな温泉街になんだか場違いのような大きな建物が建つ。不遜にも思えますが、それはそうとして、成功していくしかありません。予約も始まりました。すでに初日から一番高い部屋が売れていきます。世の中にはたくさんのお金持ちがいるのだと庶民は感心してしまうのでした。

こんな庶民がこんな高い旅館たちあげていいのかしら。。そう思っているのは私だけではなく工事現場、そして経営サイドの人たちも思っているはず。世の中、そんなものです。お金持ちがお金持ちのために何かを作り上げるとは限らないのです。一生懸命庶民が立ち上げています。

岡部泉

碧の座工事会議

2018年10月19日 | izumi | 碧の座物語

◼︎飲まなければもっとできるのに

工事会議が7時ごろに終わります。今日はみんなで飲み会となりました。大変大変というのであればこのまま続けていいんじゃないと言うと、もういいよと現場の所長。おかしいな、、これまではもっと続ける現場が多かったのにと思いますが、これもそれぞれの現場の所長の性格というものです。

私の現場のゼネコンさんは、いつも仲良く協力的にやってくれるので、とても楽しくラッキーです。去年の九州の現場も楽しかったな。九州はいつも夜中の飲み会でした。出来上がるとみんな違う現場に散っていくのですが、その時はあまりの一生懸命でみんな現場ロスになってしまいました。ここもそうなるのかな。

あと半年です。頑張ろう。

岡部泉