道の駅オープン

2018年3月10日 | izumi | 奥日田温泉 うめひびき

◼︎過去最高の利用客数

今日は大分県の日田市大山の道の駅がオープン日でした。マーケットと焼肉グリルを併設した道の駅です。「奥日田温泉うめひびき」という旅館、「梅酒蔵おおやま」という梅酒醸造所と梅酒売店、そして道の駅「水辺の郷」へ、すべて梅をテーマにしたプロジェクトでした。

そのプロジェクト最後の案件だった道の駅は、過去最高の利用客数だったようで、本当に一安心です。この三つの施設が成功してくれることを心から祈ります。

岡部泉

奥日田温泉プロジェクト

2018年3月1日 | izumi | 奥日田温泉 うめひびき

◼︎ようやく終わりを告げる

3月10日にオープンする奥日田の道の駅。今日はその施主検査です。

奥日田温泉プロジェクトの最終案件です。三年前の暮れにお声がかかって、一昨年の1月にこの物件を調査し企画を2月の終わり頃に出しました。その間20日くらい。梅づくし温泉という企画書で、会長、社長、取締役の方々にプレゼンして、その場でOKが出て、ハイ!スタート!これが慌ただしいプロジェクトの始まりでした。

3月から図面を書き始めました。そして、この旅館に「奥日田温泉 うめひびき」と名ずけました。去年の1月に工事がスタートしました。
3期に渡る旅館の改装と新築の工事、それはそれは大変な工事でした。物件が三つ重なったような忙しさでした。てんやわんやとはこの事です。その分、思い出深い物件となりました。新館の瓦を埋め込んだ赤いベンガラの壁にみなさんの強い思いも埋め込めた気がします。

そして梅酒のリキュール棟の店舗改装に移り、ようやく、この道の駅のマーケットと焼肉グリルの完成にたどり着きました。
この道の駅は、図面があまり残っていなくて、何がなんだかわからない物件でした。直角がない建物です。レストランは5角形だし、やたら高くとんがったガラス屋根をもつログハウス風の建物でした。このあたりの道の駅では良く見かけるスタイルでした。この頃きっと町が統合されてたくさんの補助金が出たせいで、無駄とも言える変に贅沢な作りなのです。多角形に曲がった長く蛇行した建物は、図面に書きづらく嫌だなぁと思いましたが、もっと苦労するのは施工する人。施工泣かせの建物でした。I工務所のみなさん、短い工期で難しい工事でした。本当にお疲れ様でした。

こうして、2年あまり続いたプロジェクトが終わりを迎えます。何度も通った福岡から日田までの道のり。日田から奥日田のおおやまに入ると懐深い山間に黒く古い瓦屋根と白い漆喰の壁の家が点々と迎えてくれます。懐かしいひなびた時間がそこにあります。そんな風景の匂いが思い出となりました。

たくさんの人と出会い、笑い、悩み、語り合った奥日田温泉。工事現場で面白いのは、長い工事期間を共にすごして自然にできる結束感です。いつのまにか苦労を共にした同士のような気持ちになっているのです。

そんなこともあり、これでこの工事も終わりと思うと、少しさみしい気もしますが、いい旅館のある地域になってほしいとこころから祈ります。

岡部泉

九州は雪

2018年2月6日 | izumi | 奥日田温泉 うめひびき

◼︎九州、暖かいイメージは間違い

九州は大分に行きます。北陸もすごい寒波で雪が降り続き気の毒に思います。しかし、九州のそれなりに寒いのです。九州は暖かい、これは間違い。九州は案外、山が深く高地なところがあるのです。

この日も福岡からの高速道路が閉鎖され、(雪に異常反応する傾向も歪めないけど、東京よりもそれが強いかも)下道におろされてしまいました。そんな中、今回の工事現場は道の駅。中がすっからかんなので、待機する暖かい場所がありません。外も中も寒いのです。そしたら、ロードサインの位置をみてくださーいってサイン屋さん。外は猛烈な吹雪。あぁ、いいですよ。もちろん。といいつつ、吹雪の中、車の運転手さんになった気分で車道からそのロードサインの位置と高さを確認します。サインを掲げているサイン屋さんも強風で飛ばされそうです。あぁ、、もっと上、あぁ、、もっと右とかいいつつ、位置を決めていきます。そのサインが16枚。あとはお任せと言いたいところですが、責任者としてはそうもいかず、頑張ります。なんでよりによって、吹雪になっちゃったのかなぁ、、とは思いました。

でも、なんだか感覚が掴めました。やはり現場は大事です。早速サインデータを修正してまた送ります。こうして、大分県の奥日田温泉うめひびきの妹分としておおやまの道の駅は3月10日にオープンします。2年半の仕事でした。

岡部泉

プラスワン

2017年12月20日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 奥日田温泉 うめひびき

◼︎道の駅の追い込み

来年の三月をめざして、大分日田のうめひびきの一連の仕事で、道の駅をオープンさせます。その打ち合わせで久しぶりに日田に行きます。なんだかちょっとした里帰りみたいに行く道が懐かしく感じます。
あと2ヶ月ほどですので、急ピッチでいろいろなものをきめなければなりません。追い込みで緊張します。やや工事の遅れが心配。。年末年始があるので時間がありません。

そんな中、道の駅の中にある焼肉屋さんの名前をトップの方に決めていただきました。そしてそのイメージも。えっ、まったく予測していない方向性。。いつもイメージを完成させるのにとても悩んで頭が痛くなるほどです。でも不意に小石が投げ入れられたようで心に波紋が広がります。最初はどうしようっと思いが強く困惑気味でしたが、そのうち何かきっと必要なことなんだと思い始めました。きっとプラスワンの可能性なのです。

道の駅は、少し面白い崩したしたところがあった方が馴染み易いものです。今の私の面白いイメージはちょこっと小洒落すぎていたかもしれません。この小石を素直に飲み込むことにしました。でもせっかくなので私なりに味付けをして表現したいと思います。帰りの飛行機の中でその文字のデザインことばかりが頭によぎります。でも東京に着く頃には大体できました。すぐにでも書きたくなりました。でももう夜中。明日会社に行って試してみよう。

岡部泉

うめひびき来訪

2017年11月30日 | izumi | 奥日田温泉 うめひびき

◼︎懐かしい、、でもまだ1ヶ月

1ヶ月ぶりにうめひびきに伺います。まだ3月オープンの道の駅改装の仕事が残っています。まだ1ヶ月ぶりだと言うのに、本当に久しぶりという気分です。さて、うめひびきはオープンからどうだったでしょう。それが気になってしかたありません。

Y氏に早速伺います。「いいですよ。忙しいです。」わぁ、良かった。稼働率も成績も目標達成したようです。でもまだまだ伸びしろがあるので期待です。

さて、道の駅の工事がようやく始まります。ここも気を引き締めてがんばらなくては。まずはあらためてこの道の駅に求められることとは何かを自分の中で整理します。道の駅には産直マーケットとレストランがあります。レストランはかなり大きなスペースです。ここが稼働しないと本当に困ります。

このレストランは水辺に面していて、気持ちよいさわやかな風が印象的でした。温かな日には家族でバーベキューでもしたくなるようなところです。そんなところなので、ジビエもある地元の産物を生かした焼肉グリルにしました。気楽に家族で楽しめる自然感溢れる道の駅にしたいと思います。

何となく全体のイメージがはっきりしてきました。

岡部泉

うめひびきロス

2017年11月2日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 奥日田温泉 うめひびき

◼︎なんだか気が抜けちゃった

うめひびきがオープンして、本当に良かったのですが、終わってしまうと寂しいものです。まだ私は、道の駅の工事は残っているというものの、もうあの慌ただしく緊張感のあった現場にもう行かないんだと思うとなんだか寂しいです。

現場で夜遅くまで、食べるものもなくお腹をすかしながら頑張ったこと、その後夜中に日田駅前の居酒屋でみんなで反省会と称した飲み会を何度もやったこと、いつもおかしくて涙が出そうに笑ったこと、、、

寝湯をつくるのに、原寸のモックアップを作ってみんなで寝心地を何度も試したこと、暑〜い夏の日差しの中、大壁に私が作ったデザインの通りに小端瓦をひとつひとつ貼り付けていってくれたこと、その小端瓦は俺の人差指一本あけてという原田さん、その指が太かったこと、しかし、これぞ日田の左官という意地と醍醐味をみせてもらったこと、現場の終盤戦でセンパイが拡声器を使って玄関のタイル貼りの段取りについて演説をしていたこと、、、
苦しい時もたくさんありましたが、楽しく笑える時もそれ以上にありました。泣いたり笑ったり、、振り変えればどれも思い出に残る充実した現場でした。

もうこんな現場は一生ないだろうなという現場の皆さん。先生はいつもこんな面白い現場ばかりでしょと聞かれましたが、確かにあまり意識はしていませんでしたが、変わった案件が多いと思います。しかし、この現場はその中でも特別でした。新築案件であったこともあり、コンセプトを明確に決めて自らがコントロールでき、それを通せた案件だっだと思います。全てが完璧に思い通りであったかといえばそうではありませんが、大概のことはフォローしつつやれたと思います。その代わり自分に課した責任はとても重く苦しい思いもしました。

この案件には、集中した心があったように思います。集中の糸が切れてしまう案件もあります。それは大概いろんな横槍が入って、あれやこれやと配慮しているうちに集中が途切れてしまうのです。その集中が途切れないように、現場を任せてくれたオーナーの皆さん、そして私をサポートし、助けてくれた現場の皆さん、つまり良いチームに恵まれたとしか言いようがありません。

そろそろあの現場事務所もバラされていくんだろうなぁ。そうでなかったら困るんですが。。。。ぼんやりそんなことを考えます。これがうめひびきロスです。

とかなんとかと、今頃になって送迎バスに梅の絵をデザインしながら思うのでした。
このバスは白いまま今走っているんだろうな、、早く作らないと。。まだ仕事は終わっていなかったんだ。

岡部泉

うめひびきオープン3

2017年11月1日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 奥日田温泉 うめひびき

◼︎ついにグランドオープン!

こんな快晴がこれまであっただろうかと思うくらい、雲ひとつない青空が広がっています。まさに日本晴れ。青い空を背景に赤壁と白の障子と黒の柱、見事に日本の代表的な色の組み合わせが映えます。赤壁には梅と波と雲が舞っています。暖かな日差しの中で開業式典が行われました。私も初めてのテープカットというものをさせていただきました。

施設の披露も行われ、JR九州の皆さんから合格点をいただくことができました。ラウンジではLP版の「A列車で行こう」が流れ、まさにしゅっぱーつ!なのです。
祝辞の中で一番嬉しかったのは、青柳社長が、うめひびきをJR九州の旅館として、これから全面的にバックアップしますというフレーズでした。どんなにいい館でもお客様あってこそなのです。流行ってくれないと困るのです。これで一安心。

この門出を温かく見守ってくださって、本当にありがとうございますと言いたいです。

岡部泉

うめひびきオープン2

2017年10月29日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 奥日田温泉 うめひびき

◼︎検査と試泊

施主検査が行われます。なんといってもギリッギリッの工事なので、なんとなく見ていたようで綺麗になってみるのは初めてです。皆でぞろぞろと見ていくのですが、ついつい一部屋で長居をする傾向にあります。ついでにオペレーションの話にまで及んでしまうからです。でもここが大事なところです。

内装においても多少の修正や手直しは出てくるものです。細かいところに気がつくものなのです。建築については散々気にしてきたので、今となってはどうしようもないので、この段階で私が気になるのは、家具や備品の置き方やらその精度です。もっとできたなぁと思ったり、こうしてもよかったなぁとか、、しきりに思われて心がざわざわします。どんなときも完璧はないんだなと思います。次はもっともっと早く準備をして完璧を目指したいと思うのですが、いつもそうならないのが不思議。それは一つが決まらないとその次のもののバランスが決まらないということなのです。いっぺんに決まる術を身につけないといけないです。

とにもかくにも、こうして形になったことでみなさんに安堵感がひろがります。
そして試泊が始まります。試泊は本来設備チェックなどのために行うのが目的ですが、もう一つの大事な目的はみなさんのご苦労さん会なのです。苦労を分かち合い思い出を語り、お互いをたたえたる会なのです。しかし、大概その余裕はなくこの際、ストレスをぶっちゃけたいことの方が多いのです。でもそうして沢山発散させて次へと進めるのです。

大変な工事ではありましたが、それでも楽しいことは沢山ありました。ああでもないこうでもないと策を練ったり反省会と称した飲み会、、それもこれもみなさんが同じ方向を見て進んだ共有感が充実感をもたらしてくれました。また一緒にやりたいですと言ってくれる若手の設計のT氏、設備を担当してくれたN氏。そうですね、次はもっとうまくやれそうです。そんな機会があればと思います。

およそ10ヶ月あまりの工事でした。あらためてお疲れさまでした。

岡部泉

うめひびきオープン1

2017年10月28日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 奥日田温泉 うめひびき

◼︎日田、、いつも雨

うめひびきは、11月1日に向けて最後の仕上げに入っています。家具や備品などの搬入と検査もあるので、台風が近づく中伺います。日田という漢字に似合わず日田に入る時はいつも雨。。今年の夏から秋は本当に雨が多いのです。ひびき渓谷がもやでけぶる様は本当に幻想的ですが、最近は朝のみならず昼も夕方ももやで包まれています。すこしは晴れてくれないのかなと思うほどです。

紅葉もまだまだ先のようですが、我々はまずはオープンを目指していきます。その後の赤く色づくひびき渓谷を包むあさもやの景色が待ち遠しいです。

岡部泉

うめひびきの山

2017年10月17日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 奥日田温泉 うめひびき

◼︎いま私がやれることは願うだけ

山登りにも隊列順があるもの。工事も登山みたいなもので、歩き始めの道は穏やかでもまだ足が慣れていないので、それなりにきついものです。企画や基本設計の時期です。途中の五合目くらいは、道にも迷うし行ったり来たりの無駄もします。でもああでもないこうでもないと皆で試行錯誤後する楽しみがあります。後半の7合目あたりはさらに頂上を目指すもその頂上は見えているのに到達できないもどかしさがあります。いまは9合目。工事関係の人たちの最後の踏ん張り時です。先鋒隊の私の踏ん張りどきは今年の8月でした。大きな指示が出せる最後の時期でした。毎日が苦しく頭の中がグルグルとしていました。

いまは、ただ、工事が安全に終わることを祈るだけです。11月1日オープン、頂上を目指して頑張ってください。

岡部泉