日田の漆喰

2017年4月14日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 奥日田温泉 うめひびき

◼︎大御所登場にやったぁ!

この案件の新築の外観に瓦を埋め込んだ壁があります。梅をテーマにしているので、この壁は梅干し色にしています。この地域は、梅干しといっても昔ながらの梅干しなので相当しっかりとした赤なのです。そこに山田修二さんの瓦を梅型にして埋め込んだ漆喰の大壁をデザインしました。
まさに新館の肝になる見せ場です。

しかし、これどうやってやるの?って現場では悩みの種です。これ真っ向本気の左官で仕上げてもらいたのが私の本望ですが、なんとも予算もあるし、、悩みの月日が過ぎていきました。もう躯体が立ち上がる時です。

朝、眩しすぎるほどの朝日を受けた現場をみていたら、斜面からM所長が上がってきました。どうですかって話しかけたら、もう眠れないよと。心なしか元気がありません。朝日を背に暗いかんじ。
でも、やるなら本気でいくべきか、、そうですよね。
九州には原田さんという左官の大物がいます。どうでしょう。その方をお呼びしてはと何度も喉まで出掛かっていました。
でも、いい機会と思い無理と分かっていてもちらっとお話しました。

しかし、、しかし、、、午後になって、すごい。その原田さんが日田にいたのです。これもご縁か。原田さん自ら現場にきて相談に乗ってくれることになりました。この建物は日田の豆田の大屋根の白と黒の漆喰の蔵にインスパイアされてデザインしました。この間見に行ったら、養生されていました。原田さんはその改修工事をされているそうです。

ダイナミックな仕事が多い原田氏。あっという間に現場の悩みもご理解いただき、短い期間での作業工程に対する分析も素晴らしく速い。その提案力と建物のイメージのつかみもすごい。想像をはるかに超えた素晴らしい提案をいただきました。瓦を活かしたむくりを大胆に使った鏝絵みたいなものです。
あっという間にこの建物がムクムクと立体的な力を持ち始めました。
この漆喰工事が行われる8月は目が離せません。

やりました。

ついにこんな奇妙なデザインの建物が工芸に変わる時がきました。
ありがとうございます。M所長。大きな決断をしていただきました。感謝、感謝です。でも、次の心配が生まれてもっと眠れなくなるかもしれませんが、あとはスムーズに工事が進められるように早く未決案件を解決してがんばりますね。
まずは、梅干し色の瓦大壁のデータを明日からつくります。

おつかれさま。。。

岡部泉

杉の国

2017年4月13日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 奥日田温泉 うめひびき

◼︎地元は知ることで素材を決める

今日は、大分の大山へ。奥日田温泉となずけた旅館の家具や建具などを決めます。大体は、タモやセン、ナラなどが汎用品なので使ってほしいと言われることが多いので、気を使ってそう指定していました。
しかし、さずがここは杉の国。

杉は大量に流通しているので、圧倒的に杉が安いらしいです。杉以外は高くつくようです。それならば、杉にしましょう。
となるとまた家具や建具のデザインも変わってきます。

杉はとても柔らかい優しい素材です。しかし、その柔らかさが傷になったりするので、天板などには不向きです。さてさて次の工事会議までに杉の健康感を活かしつつモダンなデザインを考えていきましょう。

岡部泉

最強で最弱

2017年3月29日 | izumi | 奥日田温泉 うめひびき

◼︎物語を作るやつ

今日も会議は続きます。朝ごはんは8時スタート。でもスタッフのT君が起きてきません。二日酔いかぁ?そういえば昨日もお決まりのように、懇親会の途中で眠りこけていました。寝ると起きないタイプ。この13年間変わらずよく見る光景。両肩を抱えてもらって部屋まで連行されていきます。ここでもやってしまったか。。大変申し訳ないことで、すみません。

本当に所々でやらかしてしまう物語をつくるやつなのです。朝からみなさんに謝ることから始まりました。それでもやつは寝坊してもケロリと朝ごはんにやってきて、ペロリと平らげます。デザートのヨーグルトが口にまぁるくついてメジロみたいだなって横目で見ていました。梅の郷にはメジロだもんね。そして朝ごはんが終わったら工事会議の前に朝風呂。

すごい。。。こうした最強のハートを持つT君。
さぁ気を取り直して、今日も頑張ろう。工事会議も快調。A君も風邪が治って快調。いいですね。

でも午後のおやつの時間から急速にその状況は悪化していきます。隣のT君、何やらうずくまっています。電池切れか?
実は本当に調子悪くて、苦しいらしい。どうやら甘い梅の実が苦手な体質だったみたいです。梅の郷に最弱。。
工事会議は無事終わり、福岡まで車で向かいます。でも時速40キロ。パーキングで止まり止まり。。5人も乗っているのに誰も運転できない、、代われない。あぁ、、やつに頼るしかないんだぁ、、

こうして、また物語をつくるやつになったのでした。

岡部泉

うめひびく

2017年3月28日 | izumi | 奥日田温泉 うめひびき

◼︎チーム力が増していく

今日は、大分は大山のうめひびきの定例工事会議です。朝早よから飛行機に乗って大分の梅の郷に向かいます。ああもしないとこおもしないとと、バタバタと資料を作っていっていつも寝不足です。

寄りによってスタッフのA君も風邪で具合が悪い。今日は会議中も熱があるのか静かです。心配になります。T君は相変わらずのテンションで、場がひやっとしたり緩んだり。。でも工事会議はみなさんの努力のおかげでスムーズに進み、嬉しくなります。

山登りのように、山の裾野では、まだ調子が出なくて苦しいのですが、ある所まで行くと、ようやく息が整ってきて足が軽くなっていく、そんな感じです。それでもまだまだ山の頂はもやがかかっているようで見えていません。

そして、夜はフルメンバー揃った初めての懇親会。ずらりとお酒が並びます。なぜか早いうちからテンションが上がっていきます。それは誰もが息が整ってほっとした証拠かもしれません。
お酒のピッチも早くてさすがに南西は強し。
お酒の力を借りてというわけではありませんが、コミュニケーションは今後の結束力になります。そうか、この方アメフトやってたんだぁとか、出身地を聞いたり、お年を伺ったり、、なんだかその方のプロフィールがだんだん見えてきて、親しみが湧いていきます。そこで改めて気づいたのは、私がこのプロジェクトで一番の年長さんだったということ。みなさん、思ったよりずっとずっと若いのです。いつまでも年齢の自覚がない私もどうかと思いますが、もっとしっかりしないとなぁと思いました。これからはお酒もほどほどにしないとと思いつつ、、

宴もたけなわ、今日は梅の郷にみなさんの気持ちが響いていくような素敵な夜となりました。
結局のところ、仕事は必ず終わらせなければならないのですから、どうせなら楽しくやった方がいいに決まっています。楽しくやるためには、やはり、いい人間関係を築くことからです。これからも大変なことが沢山あると思いますが、本当によろしくお願いしますと心から祈ります。

岡部泉

おおやま工事会議

2017年3月16日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 奥日田温泉 うめひびき

◼︎たくさん決めることがある

今回は、いろいろな課題をもって工事会議をします。あれもこれもですが、これでよし!と決まったことは少なく、懸案事項になるものばかりです。どのタイミングでだれが決めたらいいんだろう。そんなことも思いつつ長い会議二日間が終わります。またこれからなんだと思います。少しづつそれぞれの空気感や歩調があってくるのだと思います。

何と言っても寝不足がきつい二日間でした。でもだんだんと見えてくるものもあり、いい物件になりそうで楽しみになりました。さぁ、頑張ろう。

岡部泉

梅まつり

2017年3月15日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 奥日田温泉 うめひびき

◼︎おおやまの梅、凛として愛らしく

梅まつりとはどんなものなのか、現場での打ち合わせの前に行ってみます。梅の見頃は少しすぎているものの可愛らしい梅の花が山々を彩ります。梅は桜と違って華やかさよりもその可愛さ、けなげさに良さがあります。まだ寒い空気の中で凛として愛らしく、梅は咲いています。

梅干しや梅エキスなどを売る店も並びます。私は疲労回復に梅エキスを買います。一緒に同行している彼らは梅ジャムを購入。さすが子供がいると買うものが違います。

さて、いよいよ工事会議が始まります。今回は濃密な会議になりそうです。私は寝る時間もなく、この会議に臨みます。頭、きちんとまわるかな。。やや気が重くなります。

岡部泉

瓦、瓦、瓦

2017年3月13日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 奥日田温泉 うめひびき

◼︎瓦を壁に積むには

変わり瓦のサンプルからその形をトレースして、大きな建物の壁に瓦で絵を描いていきます。朝もやをイメージしながら瓦をパソコンの中で積み上げていきます。

パソコンの中ではこうしてできるのですが、どうやって積み上げたら安全なんだろう。そんなこととこれを積み上げる職人さんのことを考えると、大変だなぁ。。だんだんと瓦の数を少なくしようかななんて思いますが、、でもどんどんとパソコンの中では積み上がっていきます。

どうぞ良い壁にしてください。とお願いをしないとです。

岡部泉

久しぶりの午前様

2017年3月9日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 奥日田温泉 うめひびき

◼︎だんだんと見えてくる

今日は、というか昨日ですが今やっている案件の細かな詰めをしていきます。金額の詰めも必要ですが、ディテールの詰めが本当に大事です。やり始めると止まらないほどいろんな気になるところや、もっともっといいものへという欲求が高まるのですが、いやいや、予算もあるしと胃がキリキリとしてきました。

建物って本当におおきなオブジェです。心配だらけです。そして旅館は耐久性が大事です。お客様は何をするか想定がつかないのです。昔の旅館って何と丁寧に使われていたのでしょうか。

風呂敷で旅行していた時代は当の昔ではありますが、何といってもカバンもキャリーバックも丈夫になりすぎです。ここも耐久性を求めるんでしょうが、キャリーバックのキャスターが最大の敵なのです。畳寄せはどんなに硬い木を使ってもガリガリになるし、コーナーの柱もいつのまにか丸くなるほど。

どうやったらこんなに傷がつくのだろうと思うところにも傷がつきます。この間行った旅館で、「先生、次は全部ダイノックとメラミンでつくってくださいよ。メンテナンスフリーにしてくださいよ。これって全然傷かつかないからいいですよね。木だかなんだか区別つかないです。」と若い支配人が言います。「まじ、、、、さみしい、、」。。。「なんだか空気感がちがうんじゃない、、」とぼそっ。

日本の優しく柔らかな素材は今や迷惑な素材となりつつあります。そんなことを考えてると全部がタイルとジョリパっトとメラミンとワーロンになるのです。いつか見切り材のメラミンなんか出来てくるに違いありません。

でも、確かに友人から送られてきた某有名建築家の旅館の白木の縦格子で囲まれた旅館は、当時の清潔感のある美しさはすでになく、根雪によってかわいそうなくらいその端正さを失っていました。

そんなものを見つつ、A君と30年後でも美しい建物とはと語りつつ、午前様となりました。

岡部泉

梅まつり2

2017年2月24日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 奥日田温泉 うめひびき

◼︎朝もやが美しい

昨日は一昨日から続く寝不足に加え飲み過ぎ。そんな時でも何となく早く目が覚めます。カーテンをあけて響渓谷をみると、水墨画のような美しい朝もやです。毎日朝もやがあるわけではないと思いますが、その幽玄な風景はとても印象的です。オープン予告のウエブトップ画面もこの朝もやがイメージになっています。モノクロの水墨画に赤い梅の花が咲き始めるそんなオープン予告です。

そして、この朝もやを売りにした「朝もやテラス」を作ろうと思っています。

でもこれは追加工事なので、またどこかを減額していかなくてはなりません。減ったり増えたり、この連続です。どこかで止めないといけないのですが、なかなかです。旅館も差別化が広まり、不都合を価値に変えたり、今までに気づかなかったものに価値に与えることができる旅館が成功しているように思います。

今日も打ち合わせを入れてもらいました。工事の打ち合わせは昨日の飲み会のおかげで、何となく意見を聞きやすくなった気がしました。なんとも日本人らしい距離の詰め方です。そして何よりも前に進んでいく実感が湧いてきて嬉しいです。こちらも決めなくてはいけないことを早くしていかなくてはとまた改めて思うのでした。

工事の打ち合わせと同室で同時にウエブの打ち合わせをします。しかし時々聞こえる工事の話も気になります。ウエブにも時代性があるようで、今はスマホファースト(この現場ではやや「ファースト」が流行っています)で考えていく方がいいと思います。そして大事なのが画像。写真がよくなければ意味がない。うめひびきのウエブの考え方や構成もみなさんに気にいってもらえてほっとしました。で、関連施設のウエブはどうなるのということになり、なぜか視線がこちらに。えっそれってやってねってこと?、、あぁいいですよと思わず押されて言ってしまいました。再びオーナーチームのY氏がややのけぞりつつあの屈託のない笑い声を響かせます。楽しそうです。「しめた!」という瞬間にあの笑い声になるみたいです。

さてさて、まだ仕事を残したような後ろめたさもありながら、東京に戻ります。

岡部泉

梅まつり

2017年2月23日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 奥日田温泉 うめひびき

◼︎しかし眺める暇はなし

おおやまの梅まつりが始まっています。可愛らしい梅の花がをさして咲き誇ります。でも梅まつりにきたわけではありませんので、車の窓から時速70キロのスピードでささっと梅見見物です。

今日は「うめひびき」の定例会議です。たくさんの宿題があって昨日まで大変でした。建物のこともいろいろありますが、その他、料理のことやウエブのことや、、でも、今月がとても大事なのです。今決めておかないと遅れをとってしまうことになります。おおやま、ゆえに今月はおおやま。。

一通り打ち合わせが終わり、夕ご飯。今日はゼネコンさんも一緒です。始めての会食です。そんなチャンスにお酒がないなんてありえません。ビールから日本酒へと移りいつの間にやら夜中に。少し騒ぎすぎたかな。でもこうして少しづつハードルを越えていくのです。これが飲みニケーション。。工事のし切ってくれる「現場ファースト」みなさんと距離が縮まったような気がします。。。今日は親父ギャグが多いね。

岡部泉