おめでとう花べっぷ!

2015年7月21日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 別府温泉

⬛︎別府市で2位

今日は、JR九州の宿、花べっぷの社長さんと支配人さんと夕方会食です。4年前ほどに企画設計した旅館花べっぷがトリップアドバイザーの評価で別府市133件中2位に選ばれたと報告をいただきました。今日はその御礼と暑気祓いを兼ねての会食だったのです。その評価をみると本当に嬉しいことがたくさん書いてありました。気遣いがたくさんの素敵旅館、すべてに丁度いい、別府の新名所、少人数で泊まるなら最高のお宿、、、女性にターゲットをしぼった宿でした。私のつくったコンセプトに従って皆さんが今でもきちんとした心遣いをして運営してくださっています。こちらこそありがとうと申し上げたいです。

旅館とは作っただけでは当然ダメで、上手に続けてなんぼなのです。もちろんレストランもそうです。たくさんの旅館やレストランをつくってきました。わたしは生みの親かもしれませんが、やはり育ての親こそが本当の親なのです。考えてみたら商品も何もかもそうなんです。生み出すのも大変かもしれませんが、続けていくことの方が忍耐も努力も必要です。

兎にも角にも、花べっぷにはとてもいいランナーが沢山いて、いいバトンを渡してくれています。これもJR九州さんの懐の深さなのでしょう。人財が豊富なんですね。さすがです。

我が社も続けていくにはバトンを受け取って走ってくれる人が必要です。うーーむ、難しいですなぁ。

岡部泉

今年もよろしく田老

2015年1月16日 | izumi | イエローデータデザイン日記, ソウルオブ東北, 別府温泉

■今年初めての打ち合わせ

昨日は、いろいろなまとめをやり過ぎて、睡眠時間なく新幹線にて盛岡へ向かいます。田老まで東京から5時間半くらい。盛岡は雪。しかし田老は晴天。沿岸はさすがに気温が高めです。

あけましてと挨拶をして会議が始まります。何度も繰り返されたプレゼンなので、さすがに今回は承認をもらえた様子。でもこれからがまた細かな調整があります。何度も変更が続いてきました。でもその変更のおかげで、漁協さんとの距離も縮まったような気がします。

だんだん売れそうな気がしています。

次こそ、最終データで確認です。

岡部泉

九州の甘夏ジュース

2013年7月13日 | izumi | 別府温泉

■このすっきりとした甘みがいい

大分の花べっぷの甘夏ジュース。この間一年点検で伺った時に、飲ませていただきました。あまりにもおいしかったので、うれしくなって、ラベルのデザインをする約束をしました。大分のJRの農園でつくっているのです。

その約束は、引き継がれており、八月の出荷に合わせてラベルをつくることになりました。サンプルが三本とどきました。そのうちの一本を試飲。やはりおいしい。すっきりと切れのいい甘さと酸っぱさ。
大分の明るい空にさわやかな甘夏が沢山なっているようなそんなラベルがいいなと思い、イラストを描きました。おいしいものには、すぐイメージが湧くので助かります。北海道もいいけど九州もいいね。

岡部泉

引き渡し完了

2013年6月30日 | izumi | 別府温泉

■今日から備品搬入

ニセコはようやく夏らしくなりました。緑が輝き、鳥が鳴き、日差しが強く照りつけます。引き渡しが終わり、今日から備品搬入です。

第二期工事が始まったと言えます。施設は、新しい表情の顔になっていきます。

岡部泉

慌ただしい

2013年6月27日 | izumi | 別府温泉

■骨董品屋さん巡り

杢の抄の備品やら調度品を探しに骨董屋さんを回ります。今回は、日本的なしつらえもあるので、意外と得意分野です。しかし、こうして探してみると、今の日本には、日本のものが少ないと思います。急に安っぽいお土産みたいなものと、急に作家ものの現代的な高級品になってしまったり。ちょうどいい伝統と現代の間みたいなものが少ないのです。それは、何と言っても生活様式が西洋的になり過ぎているからだと思います。

案外、さがしやすいものは、モダンなエコ風ナチュラル小物、、これが今の生活様式なんでしょう。

私が提案するために風流生活がとても必要と感じるし、反面、ニーズがないようにも感じるし、、日本は遠くなりにけりです。

岡部泉

花べっぷ一年

2013年5月26日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 別府温泉

■一年点検で花べっぷへ

花べっぷが一歳になりました。よちよちと歩き始めて、地元の方々に愛される旅館となりました。本当にうれしい限りです。毎年二つくらいの旅館をつくるお手伝いをしていますが、どの館も成功してほしいと思います。九州では初めての旅館です。この旅館の立ち上げにはとても良いチームに恵まれ、お互い協力して進めることができました。大変なこともありましたが、こうして新しいコンセプトの施設ができたことは、皆さんも喜んでくれていると思います。

旅館は装置産業と言われ、メンテナンスと改装を繰り返します。なるべくならばしっかりとしたものを望むのですが、お客様のニーズにも変化があったり、設備が老朽化したりと、そうもいきません。

とにもかくにも、一年を迎えられたことは本当にうれしいことです。

岡部泉

花べっぷにべっぷ咲く

2013年4月18日 | izumi | 別府温泉

■べっぷという椿があります

九州は大分別府に昨年、花べっぷという宿をつくりました。別府にべっぷという椿がありました。竹と椿のお宿という可愛らしい和みの宿として作って、この4月で一年がたちます。今日は、花べっぷから社長さんがごあいさつに来てくださいました。今年そのべっぷという椿に一輪の花が咲いたそうです。うすいピンク色の椿です。来年はもう少し花をつけてくれることでしょう。楽しみです。

一年たって、稼働もあがりまずまず、、ほっとしました。施設もサービスもとても好評だということ。そして、うれしいのはとてもリピート率の高い宿になったことです。

リピーターの一番年少さんが6才の小学生の女の子らしいです。中学受験に合格したお祝いにご両親が好きなところに連れってあげると言ったら、「花べっぷがいい」と答えたそうです。以前、泊まりに来てとても気に入ったそうです。どうやら、受験で疲れてしまって、癒されたくて来たとのこと、子供だって癒されたいのです。かわいらしい常連のお客様ができて良かったです。

宿というものは、一年一年成長していくものです。つくるのは私たちの仕事ですが、育てるのは旅館の皆さんです。嫁に出した子が、みんなに可愛がられて元気で働いてくれている、良い方々に育ててもらってありがたい、そんな気もちになりました。

岡部泉

別府から東京へ

2012年7月5日 | izumi | 別府温泉

■宿題をもらってまた東京へ

花べっぷは、今日はテレビの撮影です。沢山のメディアが取り上げてくれています。ラウンジに七夕の笹がおいてあり、思い思いに短冊に願いを書いているようです。私もひとつ願い事を。「もっともっと花べっぷに沢山のお客様が来ますように」

夕方東京へもどります。まだ追加業務もあり宿題もありなのでまた東京へ戻って片付けましょう。

岡部泉

ひさびさに花べっぷ

2012年7月4日 | izumi | 別府温泉

■おかえりなさい、ただいま

べっぷに久しぶり行きます。二ヶ月前にオープンした温泉旅館、花べっぷの打合せです。花べっぷに着くと懐かしい感じがしました。おかえりなさいと迎えてくれる旅館です。小さくとも温かみのある旅館に仕上がりました。午前中に撮影を開始し、お昼をいただきます。豊後牛の炙りをだし汁でお茶漬けにします。美味しい、、いいとこです。撮影が終わり、夜は皆さんと打合せを兼ねてお食事。美味しいお酒をいただき、本当にいい気持ち。徹夜明けではありましたが、その夜は、こんなにも思い切り寝たのは珍しいというほどでした。朝ご飯に間に合わないでした。それほどに心が落ち着いて眠れたのでしょう。いい宿です。

岡部泉

べっぷへ

2012年7月3日 | izumi | 別府温泉

■こちらも再調整

明日から大分べっぷへ向かいます。残工事が少しあるのと、今後の打合せです。夏のしつらえも準備しなくはならないし、ウエブも更新しなくてはといろいろ。オープン後初めて伺います。お客様の評判などを聞いて次なる提案ができればと思います。

岡部泉