歳末たすけあい

2015年12月5日 | izumi | 未分類

■どんどん格差が広がって希望がみえない

夜中まで仕事をしてタクシーで帰ることもとも多いのですが、車中で運転手さんと良く話をします。いろいろな人が乗り込み、会社愚痴をこぼしたり、社会問題を語ったり、些細なことで怒ったり、楽しかったことを話したりするだろうタクシー。景気の善し悪しがよくわかるのもタクシー。でもタクシーの運転手さんのほとんどが「いやぁ駄目だね」と言います。この間はニュースでボーナスUPの話がありました。それに関して「お金が儲かってるのは大企業と公務員だけなんだろ、奴らだけがボーナスもらえるんだ」「末端までは回らないよ」とぽつり。同感。

資産のあるなし、学歴のあるなし、才能のあるなしで人生が変わっていくのだと思います。金銭的に豊かな家庭はやはりある程度の社会へ、貧困の家庭は貧困のまま這い上がれないままでいる。その中間層でさえ道に迷い幸せ感をつかめない。昔からもちろん格差はあったけどこんなに幸せ感を感じなくなったのはなぜだろうってこの間の乗ったタクシーの運転手さんと話しました。それは誰かが愛情をもって認めてくれる社会でなくなったからのように思います。親と子の関係もそうです。親が子供を殺してしまう事件が今年は何件もありました。母親も働きに出て子供に触れ合う時間が少ない、父親も働く場がない、それ以上に当たり前の人を愛する心の教育がない、貧困児童も6人に一人というし、いじめはなくならない、若者だって希望が見えず悩み将来を憂う、老人は孤立し声をかけられることもない、切れる老人が増えていくのも老人が家族にも疎まれ、また、IT社会についていけない疎外感なのかもしれない、自分の最後の暮らしはどんなものだろうと想像すると家族はもちろん面倒をみることもないだろうし、介護ハウスも不足し、弱ったからだでどう暮らしていくんだと全く生きる希望を失ってしまいます。

私など一人暮らしの人間なんて老人になったらお金が無い限り社会の邪魔者なのです。

平和や平等のないおかしな国、弱者にやさしさ、手を差し伸べることを忘れた国、他への愛のない心の貧しい日本になってしまっています。これも教育の方向のせいなのでしょうか。豊かさとは何かを子どもたちに教えていかなければなりません。金銭だけでない豊かさ、他を自と同じく思うこと、、

遠く海外にもっともっと苦しんでいる人たちもいます。シリア国内にのこっている人たちは今日一日の命のことを考えるでしょう。しかし、日本国内でも身近な隣人が希望も無く苦しんでいるのです。

歳末たすけあい、とても大事なことです。大変な国の方々への救いの手を差し伸べたいです。でも声が小さく目立つことの無い日本の隣人のことも忘れないでほしいのです。

岡部泉

日本文化をどうする

2015年5月18日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 未分類

■文化を経済に変えるって難しい

今日は、外務省の方にお会いしました。日本文化を担当されている方でした。そこで日本文化をこれからどのように世界に紹介するのか、そして経済に変えるのかという話をしました。その方も東北好きな方で、話はさらに盛り上がりました。東北の文化はとても素晴らしいけど、日本人にさえ広がっていかないですねとおっしゃいます。そうですね。東北は別格なのです。

日本の文化を紐解いてみれば、全部がひとくくりできるわけではなく、各地に民族として文化としての個性があります。それらの違いをもっとわかりやすくするべきなのではないかと思いました。海外の方に日本を包括的にではなく各所的にわかってもらうことから、日本のおもしろさが広がっていくのではと思います。その理解が観光、商品にも反映されていくといいのですが。。。

岡部泉

田野畑4

2015年5月10日 | izumi | 未分類

■シドケは非常にうまい

夜、東京の家に戻り待ちきれず早速シドケを塩ゆでして、おひたしにして食べます。森のエネルギーをいただきます。ほんの数時間までいた森です。

蕗に似た苦みと香り。この苦みとえぐみのような味覚が、春の森の力なのです。さすがです。シドケは旨い。

いただいた黒文字茶も飲んでみます。これもすっとした味わいがとてもいい。今夜は田野畑の森の宝づくしでした。

満足満足の田野畑ざんまいでした。しかし、きっと明日は筋肉痛です。

岡部泉

いわての手の仕事

2015年1月18日 | izumi | 未分類, 風流生活日記

■愛おしい手の仕事は少ない

先頃、岩手の手の仕事と言う素晴らしい書籍を借りてきました。そこには、竹籠、布、うつわ、うるし、などの手の仕事がていねいに書かれていました。こんなに岩手にあったのかと思わせる素晴らしいものでした。岩手にこれだけ来ているのですから、訪ねていかないわけにはいきません。今回は花巻から。しかし、歩いてみると、ひっそり。もう手の仕事は下火すぎるほど。時代です。その中でも、さき織をやられている方に出会います。古い着物を裂いて織っていきます。一枚として同じものがない織物です。裂いた生地によって文様が変わっていきます。こつこつとした仕事です。長い間、お話を聞いて、また撮影に生かされるように、織物を買いました。こんな端切れも捨てられないのよとその方は、袋につまった端切れを愛おしそうにみておっしゃる。私も同じです。そう、申し上げたら、どうぞもっていってくださいと。うれしく遠慮なく半分くらいをいただきました。これを額にしてみようと思っています。雪の降る中、その端切れでつくったのれんを横にして写真をとらせてもらいました。愛おしい、、これが手の仕事です。

次は花巻のこけし探し。さき織のお隣のこけし屋さんは、山に木を切りにいったらしくいませんでした。こけし屋さんを営んでいたというお店を訪ねました。ガラスケースに沢山こけしが並んでします。愛おしい顔のこけしが沢山。その主にお話を伺います。昔はこけしが売れたのよ。だからこんなにあるけど、もう処分して時代にあった新しいものを仕入れしようとおもっているのよと。商売だからねと。でも、私と逆。ガラスケースに入ったこけしは昔の人が作ったもので、どのこけしも職人の年齢が明治という札がかかっています。でもその愛らしい顔から目が離せません。うちにもこけしはありますが、また違う味わいです。

最近はこけ女という女の子がいるらしいですが、この何とも言えない愛おしさが時代を超えて共感されるものなのでしょう。

気に入ったこけしさんを購入。店の親子もこけしの好きな人に買ってもらって良かったわとすがすがしく話していました。

これでこけしの系統図がだんだんできていきます。

岡部泉

田老の法被

2015年1月6日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 未分類

■田老漁協の法被をつくる

今日は岩手県の田老漁協の法被のデザインをします。イナセなものをつくりたいと思っています。まずは田老紋を大きく背中へ。これを大紋というそうです。そして腰柄には、ウニ紋、あわび紋、昆布紋、そしてわかめ紋と並べていれました。

田老漁協の名産品の紋です。中でも一番なのは真崎わかめのわかめ紋です。これらを伝統的なレイアウトで格式を上げます。胸には控え紋として田老紋をいれました。実物大につくって試してみます。事務所が、真崎わかめのグリーンで埋まりました。これでいいかなというところで、デザイン決定。大きな実物大の原稿を田老に送りました。

岡部泉

三陸パートナーズ報告会

2014年11月21日 | izumi | ソウルオブ東北, 未分類

■少しほっとする

三陸パートナーズのキリンさんへの事業報告会がありました。そのためにいろいろと資料を揃えたり、動画をまとめたり。無事、終わってほっとしました。キリン絆プロジェクトも終盤で成果が求められる時期になりました。しかしどこの団体もなかなか難しいと思います。おいそれと成果がでていたら、可笑しいのです。東京の会社でさえ成果を出すのには数年は耐えなければならないのに、ましてや被災した東北で半年や一年で成果は厳しいことです。キリンさんもそれは承知で、三陸のことを応援してくれています。本当に有り難い事です。あと半年ほどですが、成果を出すべきがんばります。

岡部泉

愛情豊かな短角牛

2014年11月1日 | izumi | ソウルオブ東北, 未分類

■冬に備え山から降りてくる

りぞうさんのところからさらに車で山に向かってあがっていくと、短角牛たちががのんびり川の中をばしゃばしゃと散歩しているではありませんか。さっそく車を降りて牧場の方に話を聞いてみました。昨日、短角牛の競りがあったそうです。今牧場にいるのは、数頭の仔牛とおかあさん牛です。今年は、仔牛に最高値がついたそうです。とても不思議なことを伺いました。今、短角牛に黒毛和牛の種を入れて黒毛の仔牛を生ませて育てさせることがあるそうです。短角牛は子育てがとても上手だからだそうです。愛情の深い牛なんですね。短角牛は、赤身の牛です。しかし赤身よりもさしの入った肉を好む傾向はまだまだ強いのだそうです。そんなことで仔牛が高く売れ、短角牛の肉は高く売れないのだそうです。

今日は、寒い冬に備えるために山にいた牛たちが降りてくる日らしいです。そんな光景を見てみたくてしばらく待っていましたが、牛たちには会えませんでした。また春になって山に向かう時に会いにきましょう。これで安家地区を後にします。この安家地区の短角牛と安家時大根は、イタリアのスローフードの味の箱船に選ばれています。こつこつと自然と向き合っている安家は、まさに岩手の里山の代表格であり、イエローデータなのです。また伺います。

岡部泉

三陸から秋の便り

2014年9月5日 | izumi | イエローデータデザイン日記, ソウルオブ東北, 未分類

■きれいな青い秋の魚

三陸から届いた荷物。あけてみると氷に囲まれたさんまです。きれいな青い衣装をまとったさんまは美しい。ああ、秋の便り。

さんまといえば、やはり塩焼きでしょ。そして、炭焼きでしょ。すだちを買って炭焼きのコンロを用意して、炭焼きの準備は整いました。こんな風にコンロがすぐあるのが我が社らしい。炭焼きコンロのデザインもしていたのです。そしてついこの間殻つきのうにを焼いたばかり。

残念ながらその時に炭を使い切ったらしく、あるのは飾り用の菊炭。夜なので買う訳にも行かない。仕方がない。三陸に敬意を表して、この菊炭をおこします。

いざ、さんまを網に乗せます。最初はいい感じです。しかしすぐにさんまの脂に炎が上がります。いやいやこれでは部屋中が煙でいっぱいになってしまいます。そこで会社の外で焼くことにします。しかしその煙は風にのって交差点まで。代々木公園の蚊の大治になりそうです。あっと言う間にさんまは黒こげになってしまいました。やれやれ、さんまも上手に焼けない日本人では秋の味覚を楽しむ資格はありません。三陸さかな図鑑を作ろうとしているというのに情けない。今時、時短料理とかがもてはやされるのはわかります。しかしこれでは、さんまも焼けない、さんまもおろせない、さんま様に申し訳ない日本人になってしまいます。基礎はやはり知るべきです。食べることに苦労しなければ食べ物の有り難みも分からないというものです。

ということで、我々も反省しつつも、さんまはソテーにすることにしました。助手のT君もSさんも動画を見て、さんまの三枚おろしに挑戦。すこし時間はかかったものの、まずまず美味しい三陸の秋の味覚に辿りつきました。毛利さん、ごちそうさまでした。

岡部泉

可愛い子には旅

2014年4月16日 | izumi | 未分類

■ようやく一人旅

長らくアシスタントであったT君もようやく一人で物件を受け持ちようになりました。今日は一人で工事会議にでかけました。昨日は遅くまで図面チェックに余念がありませんでした。大きなレストラン物件で、なおかつ新築商環境の中での工事とあって、沢山の板挟みとなっています。ようやくC工事会議までたどり着こうとしています。ここまでいろいろありました。

うちの会社は、単なる設計監理ではなく様々な人の関係を取り持ち舵取りをすることが仕事です。オーナー、支配人、営業、料理人、スタッフ、厨房施工、内装施工、備品、家具、器、制服、サイン工事、広告宣伝、内装管理室、B工事業者、、そしてすべての企画デザインと見積りの管理、、挙げれば本当に沢山の人たちとの関係を取り持たなければなりません。俯瞰的な視点が必要となります。

よく彼が入り立ての時は、建築学科の同級生と比較され、成長が遅いように揶揄された時もありました。それでもこの会社の良さを理解しついてきてくれました。決して一芸の会社ではありません。コップの水はすぐたまって行きます。しかし、うちの会社はコップではなく、たらいほどでしょうか、、水がたまるのに時間がかかるのです。成果が出ていないように見えるのです。だから途中で疲れてしまう人たちが沢山いました。なかなかに我慢が必要なのです。

しかし、ある程度たらいの水がたまってきたら、大きな視点を持ってものが見えてくるようになるのです。そして更に大きなたらいが用意されるのです。

今の人たちのは働き方は、次のコップ、次のコップといっていつもたまった水を捨てているように思えます。それをステップアップと呼んでいるようです。しかし、どんな会社にもしばらくいないとわからないことが多いと思います。

当社のアシスタント君もこの物件で大きな糧を得ることでしょう。よく辛抱しました。でもこれからです。私も先輩も後ろからサポートをしますが、一人で頑張って旅から戻ってきて欲しいものです。

さてさて、初めての工事会議はうまくいったでしょうか。
私のところに、心配してこっそり会議に参加していた家具屋さんから、うまくやってるよと、連絡が入りました。みんなに心配されているのですね。ありがたい事です。

岡部泉

お花見事情

2014年4月1日 | izumi | 未分類

■ぶらりと代々木公園

北海道から戻り、我が社近くの代々木公園では桜満開。明日から雨だというので、せめてチラリとでも桜を見ようとお昼休みにお弁当を買って出かけました。代々木公園のお花見はファミリー、学生、近くの外国人、カップル、いずれもあくせくせずのんびりとしたムード。

あまり賑やかなお花見に参加もしない私ですが、というかしたことがないと言ってもいいくらい、、昔は会社の新人が場所取りしてようなお花見だったような気がします。最近は、お二人様くらいのしっとりほんわりしたお花見が多いように思います。考えてみると普段の居酒屋さんの飲み会だって、大騒ぎしてる人達って本当に減っています。疲れているのか、話すこともないのか、あえてのコミュニケーションも面倒だし、ドンチャン騒ぎをする理由が無いってことなのかも。距離のある関係がいいんだね。お花見にも世相が現れているようです。

岡部泉