北海道へ

2018年9月12日 | izumi | 碧の座物語

◼︎余震が続く中

北海道はまだまだ余震が続いています。飛行機も警告付きでの搭乗。そんな中でも工事が遅れては一大事ということで工事会議に向かいます。

毎朝、あちこちから北海道の情報をもらいます。こんなにもこの土地に知り合いができたんだなと思います。どなたも直後から休むことなく仕事を続けられています。地鎮直後に広告系の人に電話したら、今CM撮影中ですよと、のんびりしたことを言います。

すでに北海道は秋を通り越して冬の入り口。ちょっとなめてたな。夏の格好で来てしまいました。さむい。。

岡部泉

嫌な予感

2018年9月11日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎もうなりたくない腱鞘炎

昨年は、九州の仕事で図面チェックばかりし過ぎて腱鞘炎になりました。あの便利なフリクションペンのせいです。現場であれほど浸透しているペンはありません。図面にチェックいれたり修正したり。。なんと便利なと現場の人はそれぞれ赤、青、緑と各色もっているはず。あまりにも誰もかれもが持っているので、大きな白い図面の周りにたくさん集まることになります。
これ誰のってことになるのですが、この持ち手の色の剥げ方は俺のだとかいう会話になったりして、、

私も便利に使っているのですが、お尻のところの消しゴムの摩擦に肩が耐えきれなくなるのです。右肩が非常に痛くなって、右肘へ、そして手首へと。フリクション摩擦病です。この痛みを直すのに約1年かかりました。ようやく今年の6月に治ったと喜んでいたのに、こうして現場が始まるとまたもや嫌な予感。

自分の筋力不足を棚にあげつつですが、もう絶対フリクションペンは使ってはいけないと思うのです。しかし、そうもいかず、、、
ああ、、もうあの痛みはいやだ。

岡部泉

一雨一雨

2018年9月10日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎すこしづつ秋の足音か

夕方から雨が降り始めます。だんだんと朝夕の暑さに陰りが見えてきました。こうして一雨一雨、秋がやってくるようです。しかし、被災地である北海道には辛い雨になると思うとまた心が痛みます。

6日の地震で北海道出張が延びて明後日から北海道へ向かいます。余震もまだある中、すこし心配ですが支笏湖の旅館の仕事も詰まっています。工事の進捗も9日間の遅れとなりました。どうしようもないことなので、仕方なのですが、それでも現場は困っていることでしょう。私もドンドンデザインを送り込まないといけません。

北海道の旅館も地震の影響でキャンセルが出ているそうです。被災地は、観光、流通などに大変な影響があります。きっと先の台風災害にあった大阪もそうでしょう。関西空港が止まっていては海外の観光客も減ってしまうでしょう。東北の大震災の時にも思いましたが、何としても私たちの生活の仕方を考えなさないと災害は抑えきれないように思います。経済を優先するだけでなく環境を守ることを優先したいと思うのです。

岡部泉

大坂さん半端ない

2018年9月9日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎日本女子初のグランドスラム

大坂なおみさん、おめでとう!すごい!

テニスは私も好きなスポーツです。日本人はグランドスラムのシングルスでなかなか優勝できませんでした。やはりメンタルが問題なのかと思っていました。遠い昔に、伊達公子さんがグラフに勝った試合を有明で見ました。その時もまさか勝てるなんてって思って、とても興奮したことを思い出します。

それにしても大坂さん、なんという力強さ。技術はもちろん、体力も、そしてメンタルも。日本の血が半分入った可愛らしい二十歳。おめでとう。そしておじいさんは根室の人だった。この優勝が大変な北海道に明るいニュースとなりました。

岡部泉

会社20周年

2018年9月8日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎山すこし谷ばかり

私がこの会社にしてから20年が経ちました。早かったのか遅かったのかかわかりません。ただ大変だったなと思うばかりです。山は少なく、谷ばかりがある苦労の連続だったように思います。今も大変です。会社が雪だるまのようにドンドン大きくなるなんてとても私には思えないのです。そういう性質の会社ではないのです。

ただ続けてこれてよかったと思うのです。崖っぷちはありますが、潰さないでこれただけでも有難いことです。仕事には恵まれたように思います。とてもいい仕事をさせていただきました。たくさんのいい方々にも出会いました。

ただいつも余裕がありません。ずっとお正月の2日間くらいしか休まず働いてきました。でもそんなに働くはいやではないので、いいのです。逆に仕事していなかったら何するのって思っているくらいです。

ワークがライフになった。20年経って、そんなカッコイイことを言えるようにはなったかもしれません。次の10年はこれまた激動な時代になると言う予感がしています。元気にがんばろうっと。

岡部泉

定期検診

2018年9月7日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎高血圧は睡眠不足から

今日は定期検診の日。血液からいろんなことがわかる時代になりました。看護婦さんがたくさんの血を採ってくれて調べてくれるのです。これである程度のガンがわかってしまうのです。便利です。
ただ、血圧がどうしても高いのです。昨日は北海道で地震があったので心配したりして眠れませんでした。
そんなこともあって血圧が高かったのかなと思いました。

睡眠不足は何に対しても良くないのです。数年前までしてた徹夜なんてもってのほか。よく眠ることさえできたらとよく思います。睡眠負債という言葉も最近はよく聞きます。頭の中でいつも何かが動いています。眠れる人が生き残るんだなって思います。仕事熱心も考えものだとまた考えてしまいます。

岡部泉

北海道激震

2018年9月6日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎どうしたらいいだ、この地球

何だか寝苦しくて、夜中に目が覚めました。なんとなくテレビをつけてみたら、北海道が大変なことになっていました。まだ4時。北海道には私の仕事先がたくさんあります。背中がぞくぞくとしてきました。
札幌すすきのが真っ暗です。震源地の近くの支笏湖は大丈夫でしょうか。。

5時ごろになって、北海道の仕事先である旅館の社長にラインを送ってみます。すぐ返信が返ってきました。札幌から支笏湖の旅館に向かっているとのこと。厨房やらワインセラーやらはめちゃくちゃらしく、タイルも落ちたりして大変だそうです。幸いにも、昨夜の台風で停電になったので、お客様を他館に誘導したとのことでどなたも泊まっていなかったそうです。

同じ支笏湖で、新しい旅館をつくっている最中です。1階の基礎を打ったばかりです。それもどうなったかな。現場の所長にもラインを打ってみると、どうやら現場も大丈夫とのこと。ほっとします。

北海道は全道が停電とニュースが言っています。なんと。次は阿寒湖に連絡。阿寒は停電で困っているみたいです。でも皆さん無事でした。朝が来て、あらためていろんなことがわかります。

それにしても台風に地震。一体どうなってるんだ。地球が怒っているのか。どうしたらいいの。

地震に慣れていない北海道です。十勝沖地震以来の大地震。本当に早い復旧を祈ります。

岡部泉

8月振り返り

2018年9月5日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎先月のことさえ思い出せなくなる

こうしてブログの穴埋めをしようと8月のことを思い出そうとしてみます。なんだかもう遠いことのようです。毎週毎週、どこかに出張に行っていたはず。東京、北海道、東北とその繰り返しでした。その間に中国にも行きました。久しぶりの海外出張。

中国は石で有名な廈門というところに行きました。さすがに空港も町の飲食店もいたるところ石でできています。来年オープンする新しい旅館の建材を選びにいったのです。石切場には、大きな地球のかけらが、いくつも連なる倉庫にズラリと並んでいます。美しい地球の歴史が並んでいるのです。でもどこかの地形が窪んでいるのです。地球は大きいけれど、それにもほどがあるというもの。やや罪悪感。。。

といいながらも幾つかの石の塊を選んでいろいろなものをつくることにしました。この中国の石の問屋さんの営業は女性たちです。まだ若い女性はとても働き者です。そして愛想もよくとても気も利く素晴らしい子達でした。少し前の中国の印象とは全く違います。彼女たちは日本に精密さと納期の厳密さを見習いましたと言います。こんなセリフも板についた感じで中国の発達を垣間見ることができます。

夜は皆で中国料理を食べにいきます。大きなモダンなレストランは、人でいっぱい。こんな大箱のレストランを埋めるのは日本では大変です。しかし、何回転もしそうな勢いです。ここでもサービスはきちんとしています。もう中国の勢いは止まらないという感じでした。席に着くやいなや「バイシュー」コールです。小さなガラスの盃を開けないといけないのです。それも何回も。この白酒というものは辛いのですが、案外すっきり。意外と飲める。いい調子になって私も「バイチュー」コール。こうして廈門の夜は、やや唐辛子の効いた中国料理とバイチューで大にぎわいでした。

考えてみたら私が中国を初めて訪れたのは、天安門事件の前の時代。敦煌まで汽車に乗って行きました。途中はゴビ砂漠を歩いたり過酷な旅でした。まだ若かったな。その時代に比べたらもう別の国なのです。日本は中国とは違う価値感を目指さないと、幸せにはなれないなと思いました。

8月のとてもいい思い出は、八幡平の山登りです。撮影を兼ねて行ったのですが、山を登るのは本当に久しぶりでした。八幡平はその名の通り山頂がとても平らな山です。冬にも行ったのですが簡単に行けるハイキングコースなのです。尾瀬のように木道がありいくつもの沼があります。高山植物も早や秋に移っていました。あまりの清々しさにこの木道が永遠に続いてほしいと思うほどでした。そして茶臼岳。茶臼岳の山頂から朝の雲海を眺めます。その向こうには岩手山。雲海をまとった岩手山の堂々とした美しさにさらに心が洗われます。もともと山好きな私ですが、ここ数十年、働いてばかりで体力は衰え、足腰もギクシャク、心もクタクタな人生でした。ようやくそのクタクタ人生から這い出したような気分でした。

また山に登れるようにしたいな。8月はそんなことを強く思った月でした。しかし崇高な山の空気をいっぱい吸ったはずなのに、その後はいつもと同じ息苦しい都会の夏にぐんぐんと飲まれて行ったのでした。

岡部泉

9月始まる

2018年9月4日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎ダルっと感にけじめ

このブログもご無沙汰でした。心が慌ただしく、体もだるっとした8月でした。もう9月が始まっているのです。仕事先の社長さんから、どこか悪いのかと心配のメールをいただきました。こんないい加減なブログを読んでくださっているなんて申し訳ないです。

ただ、なんとなく慌ただしくて、心が落ち着かなかったので、さぼっていただけですと返信しました。やや軽い熱中症というものであったりはしたのですが、不思議に自分に向き合うのが面倒になる時があるのは、相当に心がおかしくなっているのです。いい時にこのダルっと感にけじめをつけていただきました。

頑張ろうって思うようになってきました。いいぞ、、いい調子。

岡部泉

ヒロシマ

2018年8月6日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎忘れてはならない日がやってきた

「平和って難しいことではありません」と子供代表の男の子は言います。そうなんだと思います。一人一人がやってはいけないことをしないということです。

当国の為政者に十分理解してもらいたいものです。

「平和」。
これほどありがたく忘れやすいものはありません。ただただ、こうして暑い中でも働けること、意見が言えることを本当に平和だと思います。黙祷の中に、平和を願い忘れないことを戦禍の中苦しかった人たち思いを受け継いでいくことを心に刻むのでした。

岡部泉