岡部泉

北日本研究

北東北縄文遺跡の探求

日本の水の旅

良質な水を求めて

小さな良い暮らし

少しだけ良いもの、少しだけ美味しいものの暮らし

岡部泉

図面づくし

2017年3月20日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎連休は晴天なり、、しかし

先の金曜日まで三連休であることも忘れていました。それよりも図面の決着が先行しています。幾つかの案件が重なっているので、まさに図面づくしの連休でした。こんな時に限って三日ともに温かくのんびりとしたお日和です。やれやれと思うのですが、別に休みといってもコレといって遊びたいとも思わないし、、やはり仕事をする方が精神的に良いのです。

今一人暮らしの人はとても多いと思いますが、「お一人様の過ごし方」ってどうしているんでしょう。私は体が続く限り仕事は続けたいなと思っています。重すぎると時々は困るけれど、やはり仕事が好きなんだと思います。というか困難が好きなんだと思います。

会社に出ていても、いつもよりはゆっくりとした時間が流れます。休日は、電話は鳴らないし、誰も訪ねてこないから時間を自由に使える良さがあります。美味しいパン屋さんに立ち寄ったり、コーヒーなんかゆっくりと煎れてみたり、案外休日の仕事場は気に入っています。

さてさて、計画魔の私としては、今日までに終了させると決めた仕事をこれから張り切ってやります。

連休最後は、友人のイタリアンの店に伺うことです。いろいろぞれぞれに悩みってあるらしい。それを聞いてくれってことでした。でも久しぶりに会えるので楽しみです。

岡部泉

春めく

2017年3月19日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎東北にも春がやってきた

岩手県の友人から黒い土に顔をだしているフキノトウの写真が送られてきました。東北にも春がやってきたのです。そののんびりとしたラインの画像に、心が緩みます。やっぱり自然に囲まれている暮らしっていいなぁと思います。

東北の春は遅く、山菜はこれからです。ちょうど五月の連休あたりが良いのです。昨年はいけませんでしたが、沢を登りながらの山菜採りはとても気持ちのいいものでした。今年は是非行きたいなと思います。友人にそんな話をラインしたら、田植えもできるよと返事が返ってきました。

よし!今年の楽しみは五月の山菜採りと田植えに照準を合わせよう。それまでに仕事がきっちり終わっていますように。

岡部泉

ベレー帽

2017年3月18日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎ベレー帽は定番

私は子供のころから帽子をよく被っていました。ミツバチがついてるカラシ色のフェルトのツバ付きの帽子はお気に入りでした。洋服のことってなぜかとても覚えています。写真なんてあまり撮らなかった時代ですが、ディテールも素材も絵に描けるくらい覚えています。

もちろんベレー帽もよく被っていました。今でも同じように被っています。趣味って変わらないのか、いつまでも昔のものを着たり被ったりしています。

ベレー帽、ダッフルコートとトレンチコート、水玉のシャツとボーダーのTシャツ、これは定番のアイテム。子供のころから変わっていません。高校の時のトレンチコートは今も着ています。一体何10年たっているんだと思います。

最近、時々お邪魔するワインの美味しいお店のマスターの奥さんも背が小さくてベレー帽を被ってカウンターに立っています。どこか共感するところもあり、ベレーシスターズと名ずけました。3センチほど私の方が大きいのですが、背が小さいと少しでもボリュームを出したくて帽子をかぶるのかもしれません。

今日は夏用の涼しげなベレー帽を買いました。これもまたずっと被っていくんだろうな。

岡部泉

眠る眠る

2017年3月17日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎泥のように眠る

ここ三日間くらい睡眠時間が少なくて、けだるい感が抜けませんでした。泥のように眠るとはこんなことなのか、いつの間にかこんな時間、、と慌てるくらい寝ていました。でもいい眠りじゃなくて、悪い夢を見ました。その夢は以前作った旅館のラウンジが、全く違うものへとリニューアルされる夢でした。それもリアルで、これではお客が入らないから変えるんだと社長さんが言います。それもすごく変なデザインなのです。まじない、、としょんぼりして目が覚めました。全くの悪夢、、、でもありえないことはない、、

今日は新人の面接の日。いかんいかん。悪夢に関わっている暇はない。早く会社に行かなくちゃ。

岡部泉

おおやま工事会議

2017年3月16日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 奥日田温泉 うめひびき

◼︎たくさん決めることがある

今回は、いろいろな課題をもって工事会議をします。あれもこれもですが、これでよし!と決まったことは少なく、懸案事項になるものばかりです。どのタイミングでだれが決めたらいいんだろう。そんなことも思いつつ長い会議二日間が終わります。またこれからなんだと思います。少しづつそれぞれの空気感や歩調があってくるのだと思います。

何と言っても寝不足がきつい二日間でした。でもだんだんと見えてくるものもあり、いい物件になりそうで楽しみになりました。さぁ、頑張ろう。

岡部泉

梅まつり

2017年3月15日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 奥日田温泉 うめひびき

◼︎おおやまの梅、凛として愛らしく

梅まつりとはどんなものなのか、現場での打ち合わせの前に行ってみます。梅の見頃は少しすぎているものの可愛らしい梅の花が山々を彩ります。梅は桜と違って華やかさよりもその可愛さ、けなげさに良さがあります。まだ寒い空気の中で凛として愛らしく、梅は咲いています。

梅干しや梅エキスなどを売る店も並びます。私は疲労回復に梅エキスを買います。一緒に同行している彼らは梅ジャムを購入。さすが子供がいると買うものが違います。

さて、いよいよ工事会議が始まります。今回は濃密な会議になりそうです。私は寝る時間もなく、この会議に臨みます。頭、きちんとまわるかな。。やや気が重くなります。

岡部泉

和の達人

2017年3月14日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎楽しい仕事しかしない、、って

もう十何年も前からの仕事を一緒にさせていただき、今でも時折り連絡をとっている和の達人のような方がいます。本業は青梅の素敵な古民家で料理屋さんを三軒、運営されています。三軒で十五万人もの人がやってくる繁盛店です。最近はアジアにも進出。。。それだけでなく頼まれて古民家の再生やら、料理の指南やら、、四方八方、いろんなことをされています。

この方に出会ったのは、本当に不思議で、私が適当に描いているおじいさんシリーズの絵があるのですが、それをある店で見て、訪ねてこられたのです。何を良いと思ったのかわかりませんが、会う時まで、私のことをおじいさんだと思っていたそうです。そうですよね。あんな脳天気な絵なんて、暇つぶしのおじいさんが描きそうな絵です。

いつも、「どう生きてる?楽しんでる?」と聞かれます。「バタバタしています」と大概答えるのですが、「もっとどうして遊ばないの?」と言われます。「そんな時間がないのです」というと、「ダメだな、もう生きてる時間なんて少ないんだから、もっと楽しまないと」と言われます。その方はもう楽しい仕事しかしないと言われます。

「そうなんだぁ、、いいなぁ、、そりぁそれなりに安定していますもんね、、」と皮肉まじりに答えます。
まだ未熟者なので楽しむほど余裕はないし、そんな気分にはなれません。ただただ、責任を感じたり時間に追われて焦るばかりです。面白いなぁと思う時もありますが、我に帰るとまた不安になったり。

明日もまた、今日やれることはやったし、飛行機に乗って南へと旅たちます。

「楽しい仕事しかしないんだよ」

そんな身分に早くなりたいものです。

岡部泉

瓦、瓦、瓦

2017年3月13日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 奥日田温泉 うめひびき

◼︎瓦を壁に積むには

変わり瓦のサンプルからその形をトレースして、大きな建物の壁に瓦で絵を描いていきます。朝もやをイメージしながら瓦をパソコンの中で積み上げていきます。

パソコンの中ではこうしてできるのですが、どうやって積み上げたら安全なんだろう。そんなこととこれを積み上げる職人さんのことを考えると、大変だなぁ。。だんだんと瓦の数を少なくしようかななんて思いますが、、でもどんどんとパソコンの中では積み上がっていきます。

どうぞ良い壁にしてください。とお願いをしないとです。

岡部泉

復興とは

2017年3月12日 | izumi | ソウルオブ東北

◼︎地域特性を知ること

震災から6年経ち、いろいろなメディアから東北の復興についての発信があります。新聞に田老の防潮堤の上で5百人の人たちが手をつなぎ海に向かって祈りを捧げている写真が載っていました。田老漁協さんとは、親しいおつきあいがあり、漁協のH氏のブログも良く読んでいます。

田老という地区は度重なる津波の歴史があり、津波でんでんこと語り継がれているところです。二重の防潮堤があったところですが、それさえも役に立たず大きな災害に見舞われました。わかめで有名なところですが、わかめ最盛期であったことから、わかめの棚が流されて大打撃でした。今は立派な加工場ができて立派なわかめを皆さんで頑張って育てています。

東北と言っても、地域によってその性格は異なります。岩手といえどもまた沿岸の北と南、内陸でも北と南に分かれて、その地域の民族性というか、性格があるようです。私は岩手に6年通ってだんだんわかってきました。

昨日、岩手の友人からラインがありました。ぽつりと「震災復興、重い」と書いてありました。そうだろう。我々はメディアの中の東北を語っているのです。たくさんのコンサルティングの人たちが東北に入ってきて、いろんなことをしてくれたと思います。東京の物差しでは本当は計れないものがあるのではないかと思います。もっともっと地域の特性を知らないと復興事業は役に立てないのではないかと思います。

まちづくりも、入居する人が不足していて復興住宅が余ってしまう地域が多いと言われています。東北だけでなく日本の地域は過疎化が進んでいるのですから、震災を機に流出する人が多くなることはわかっていることなのです。まちとは不思議なもので、人がいて成り立つ仕組みが多いのです。学校も病院も商業施設も人がいて成立するものです。コンパクトシティどころか、それさえも可能にならないところが多いと感じました。

何もないけれどそこにあるものがある。一体それは何かを考えないといけないと思いました。人口によって考え方を変えないとコンパクトシティという概念だけではもうまちは成立しないのではないかと思います。まちではなく、それよりも小さい集団の仕組みがあるはずです。無い、しかし、あるものがある。

田老の海には田老らしい海があります。夜中に繰り出すわかめ漁。わかめを小船に沢山積んだころ朝日が昇ってきます。その朝日に収穫したばかりのわかめがキラキラと光っています。その光景は田老らしいものです。

復興とは一体何をもって復興というのだろうと良く考えます。たくさんの地域の種類と地域の特性があり、文化、産業、食材、歴史、風習、本当に多様なのです。だからこそ一辺倒の概念型のコンサルティングが通用しないのです。もっとミクロ目で価値を見つけ出さないといけないのだと思います。私も実際に現地でいろんなことをしてわかったことです。

防潮堤がいらないところもあるのです。もういらないよっていう住民。でも、もう決まってるからという国。復興の遅れは何なのか、まだ仮設住宅で暮らす人たちが三万人あまり。国は、本当に必要なことを分かっていなかったのだろうか。事なかれ的な習性のせいなのか。

私は主に岩手の沿岸に行くことが多いのですが、いつまでも忘れらないのは、2011年の4月、最初に避難所に食料を持って伺った時のこと。深い悲しみにくれる方々にこんな自分は、どうしたらいいのだろうかとビクビクする私に、おばあちゃんが「遠くからありがと、ありがと、」と手を握りしめてくれました。子供達は帰る時に「また来てね」って手を振ってくれていました。逆に親切にしてもらったようで、申し訳なく思いました。皆、辛抱強く優しいのです。だからよけいに心が痛く痛くなりました。

地域創生という言葉も、いつしか聞かれなくなりました。いつの間にかオリンピックの経済効果へと中央は動いています。地域は地域で地域なりに考えていかなくてはなりません。地域なりのサイズと個性を見つけることだと思います。6年が経ち、元には戻りませんが、復興と地域創生は同じように考える時期に入ってきたように思います。

田老には田老なりの創生があり、釜石には釜石なりの創生があるのでしょう。

そして地域性とは異なる大きな問題として。やはり原発を抱えることへの意識を再度、強く思うことだと思います。背負えないものを背負うリスクをもう私達は知っているのですから、悲劇や不遜を繰り返すことなく原発の存在を再考していかなくてはと思います。

毎年、この三月十一日の節目はこころを新たに、自分を正す日でもあります。いつまでも愛しい人を亡くした悲しみは消えることはないと思いますが、少しでも幸せと感じる時が増えますようにとお祈りいたします。

岡部泉

東日本大震災から6年

2017年3月11日 | izumi | ソウルオブ東北

◼︎あの衝撃はわすれられない

2011年3月11日14時46分。あの震災の衝撃を忘れることは出来ません。大きな大きな恐怖とどうしようもない悲しみが襲ってきて眠ることが出来ませんでした。

現地の人たちの気持ちは、遠くにいる我々が想像をはるかに超えた悲しみと戸惑いであったと思います。まだ寒かった東北。私たちが東北に向かったのは、4月の終わり頃でした。それから私たちが何の役に立てたのかわかりませんが、皆さんは今でも悲しみを抱えながらも少しづつ歩みを進めています。

たくさんの苦しい思いをされた方々にあらためて黙祷を捧げます。

岡部泉