岡部泉

東北食物暦

東北の山、里、海。東北の風土と食の編纂完成へ!

道の駅プランニング

地域の活性は道の駅から、道の駅リ・ブランディングへ!

日本のお墨付き

日本のいいもの発掘、日本のいいものづくり、日本のいいもの発信!

岡部泉

伊勢志摩サミット

2016年5月31日 | izumi | イエローデータデザイン日記

■えっ!600億もかかったの?

伊勢志摩サミットって何を決めるものだったのかわかりませんが、その費用は600億円だったなんて!そういえば、羽田空港降りたら、ゴミ箱が全部蓋されてたっけ。こんなことしてたりしてお金がかかるんだ。

今回のサミットの効果ってどのくらいあるのかわかりませんが、何だか日本の代表の意見は今ひとつピンと来ず。

錦織選手が負けてしまったこともひどく残念ですが、税金がなくなったこともひどく残念。

岡部泉

4回戦の全仏テニス

2016年5月30日 | izumi | イエローデータデザイン日記

■がんばれ錦織!

どうしたんだ、、錦織。2セットダウン。負けないで。ひやひやしながら応援しますが、このままではいけない。でも私も明日があるから、寝なくては。TVのスィッチを消しますが応援しています!明日の朝、どうか勝っていますように。。。

岡部泉

頼もしい女の子

2016年5月27日 | izumi | イエローデータデザイン日記

■年齢じゃない

今年入社した女の子と今日は面談です。改善計画をつくって持ってきてくれました。まだ23歳。しかし、きちんと分析と成果を考えてきてくれました。そしてバイトの子たちの教育法も話してくれました。

ふーん。なるほど。よくわかってるなぁ。全く物怖じしない発言に少々戸惑いもありましたが、頼もしく思いました。人って年齢じゃないみたいです。すでにしっかりしている子は若くてもそうなんです。

すでに20歳ころに何だか性格は見えているように思います。種がわかったら、その種はどんな土にどんな水をあげたら育っていくのかをわかってあげないといけないと思います。どんな種でも適した土地と育て方があるのだと思います。

なかなか丁寧に一人一人を見てあげるのは難しく大変ですが。。。でも女の子は逞しい。

岡部泉

イエローデータウエブ

2016年5月25日 | izumi | イエローデータデザイン日記

■人のことばかりで、、、

イエローデータのウエブはほったらかしで、恥ずかしい限りです。人に頼まれたウエブはドンドン考えてあげられるのに。何と言っても時間がなさ過ぎで自分のことに手が回らないのです。。これも言い訳。。。今年こそはとウエブを刷新します。今日はその打ち合わせです。一体自分は何をする人なんだろうとつくづく思います。

いろんなことやり過ぎなんですよと言われることもしばしば。でも、やりたくてやっているというよりも頼まれるからやるのです。何でも興味があるのか、挑戦してみたくなるのか、でもそんなに積極的な性格でもないような、、一体なんだろう。流れのままになんですけど。

そんなことを考えつつ、ウエブのスタイルを決めました。デザインが主ではなく、その背景、つまり自然や企業や地域が主でいつも独自の必然性のあるものを追いかけたいと思うのです。そして何よりも経済が回って行くものでなければデザインは単なる自己満足になってしまいます。

ウエブを考えることは自分の考えをまとめる良い機会となりました。

岡部泉

大沼工事会議3

2016年5月24日 | izumi | イエローデータデザイン日記

■レストランって難しい

料理スタイルと空間には良いバランスが必要です。どんな料理をどう出すのかというのがとても大事なのです。会議にはいつも料理長が出席です。オペレーションに必要なカトラリー用の棚やドリンクサービスのカウンターなど料理人さんの意見を実現していきます。

今回は、大きなフードのデザインがテーマとなりました。予算の無い中、見応えのあるものにしたいというので苦戦します。次に宿題を残して、今日は時間切れで函館空港、最終便で東京へ帰ります。

岡部泉

大沼工事会議2

2016年5月23日 | izumi | イエローデータデザイン日記

■室内着はフリーなイメージで

設計の工事会議の合間に、ホテルのいろんなものや事を決めないといけません。開業予告のパンフレットや、室内で使うタオルや室内着やガウンなど。。。

今日は室内着の素材や形の補正をします。今回はオーベルジュなので、少しラフでのびのびとした感じがいいなと思います。いつも制作をしてくれる方がサンプルをもってきてくれました。二回目のサンプルです。室内着はダンガリーの生地でつくりました。ゆるっと長い上着が特徴です。そしてその上にはポンチョ。拡げると丸い円になります。濃いグレーとテーマカラーのエンジ色の2色にしました。子供用もお願いします。

また三回目のサンプルをもってきてもらって、最後のチェックをすることになりました。

岡部泉

大沼工事会議

2016年5月22日 | izumi | イエローデータデザイン日記

■日曜日でも工事は続く

朝から函館大沼で工事会議です。大沼にいく道々に新緑の美しい光景が広がります。北海道の本当に良い季節がはじまりました。

5月の初めには、「五稜郭のお花見に是非連れて行ってあげたいですよ」と言ってくれていた社長さんの言葉はやはり実現せず、ひたすら現場にてかんづめでした。お花見はできませんでしたが、空港とホテルと現場の行き帰りには、山桜の合間にコブシの花、つまりエプイが白い花を咲かせていました。この白い花が本土の桜を思い起こさせ、このコブシの花をシキザクラと呼んでいます。函館は、北海道の入植者の入り口なのです。

ホテルの皆さんもエプイの花を覚えてくれるようになり、車の中でエプイ咲いてますねと。ああ、今ごろそんなこと言ってる、、だいだい、北海道の人って案外自然好きじゃない人が多いのです。いや、このホテルの人たちなのかなぁ、、自然が有りすぎるからか、皆さん夜の街に入ると俄然元気になります。

でも何と言っても、お付き合いが12年。このゆるっとしたホンネ感がいいんですね。工事会議はともかく大変ですが、夜の飲み会がいつも馴染みの業者さんが集まるので、結構楽しいのです。これで今日もストレス発散。

岡部泉

ブルワリー講座

2016年5月21日 | izumi | イエローデータデザイン日記

■ちんぷんかんぷん

今日は二回目のブルワリー講座です。講座を受けている人たちのレベルが高いのか、一回目からよくわからないことが多かったのですが、今回はもう大変。最初にテストがあって、時間内に書ききれませんでした。テストなんて40年ぶり。案外緊張するものです。

言い訳ですが、この1ヶ月は異常な忙しさで、本当に大変でした。勉強はできませんでした。でもそれは、甘かったです。やらないと駄目なんですね。

今日は、思わず算数。比重だのアルコール度数だの、えっ二回目でこれっていう感じでした。わからない数式があって、簡単ですね。岡部さんできましたか?っておっしゃる。なんで私がさされるのかな。。

中学校や高校を思い出しました。いつもこんな風になるんです。運がわるいな。「わかりません。」と答えるしかありませんでした。だって初めてみるものなんですから。。

実践派の私ですが次はきちんと勉強していこうと思いました。最後は懇親会でクラフトビールが沢山出されました。昼間のビールは単純においしい。すっかりいい気分になって、前に座られていた方と飲み会みたいに緊張していた頭が緩んでドンドンとお話して、イカン、イカン。単なる酔っ払いでした。

岡部泉

尽きない悩み

2016年5月18日 | izumi | イエローデータデザイン日記

■子供のいない女性ってさみしいのか

会社に行く前にすることは、まず血圧をはかり、真崎わかめの酢生姜和えと干し大根とお揚げとひじきの煮付けと納豆とあとは少しのタンパク質(今日は鳥ひき肉とレタスのお椀)、そしてヨーグルトといううっすらした朝ご飯を徳島の駒筋の丸膳にのせて食べます。

そして、朝ご飯の時にはNHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」を見て、進展のリズムが最近の朝ドラにしてはのんびりしているなぁと思いつつ、次はアサイチをみるのです。

ここまで長い前振りでしたが、今日のテーマは「子供のいない女性はさみしいのか」というテーマでした。女性が悩みそうなテーマです。子供がいなくてもそれはそれで良い人生を送れるし、子供がいたらいたで、楽しい人生です。しかしどちらにもそこそこの苦しみはつきまとうもの。どちらでもいいのだと思います。だいだい自然に自分にあったものを選択させられているように思います。

といっても、子供だけじゃなく結婚しててもしていなくても、人は誰がいても何をしようともさみしいものなのです。さみしいというのは、まだまだ諦め(仏教的にいうと悟り)が不足しているのです。

一人なんです。どこまでいっても。子供は面倒でも時折生き甲斐や喜びを与えてくれる、仕事も大変だけど自分の価値観とやらを高めてくれる、夫も時に経済的な安定や心の充実や愚痴相手になってくれる。

しかし、どこまで行っても人は一人で死んで行くんですから、さみしいということから解放されることを模索し続けるために人生が有ると思います。

私もひとりだなぁって常々思います。一人であることが自然だと思えるように今できること、今精一杯ぎりぎりで生きられることをやるしかないのです。

あとは一人飲みを覚えるというがいいかな。

岡部泉

ぼんやり思うと

2016年5月17日 | izumi | イエローデータデザイン日記

■見えないテレパシー

あの人どうしているかな、、とかぼんやり寝ながら思ったりしていると朝、メールが入っていたり、こんなことどうだろう、、と思っているとそんな仕事が舞い込んだり、、テレパシーかな。勘ってものかな。

思うことが伝わったり、実現したりすることは良くあります。気のせいかもしれませんが、虫の知らせとか昔からいうように、思いというものがなんだか形になるのは本当かと思います。古代の人のテレパシー能力はすごかったそうです。電話もパソコンもない時代にこそもっとスゴイ通信能力があったに違い有りません。

思いが伝わるということは、悪いことも本当になるってことなのかな。仕事も人も。そういえば、だめかもと思うとやはりだめになるし、、この人嫌だなと思うと、いつの間にか疎遠になってるし、、でもだめになっても、だめになった方がきっと良かったんだとまた適当に都合良く思うのでした。

岡部泉