岡部泉

旅館研究

地域を先導する旅館

工芸空間

日本の手の仕事のある空間

北の縄文

北東北の縄文文化

養生生活

体にいい食と生活

岡部泉

山の話

2018年5月23日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎こんなにも嬉しい

今日は、思いがけず京都から以前仕事をご一緒した建築士の方が訪ねてくれました。夕方にお会いしたので、では、ということで、ちょっとと飲みに行きます。ご一緒した九州の現場の話に花が咲き、とても懐かしい気持ちです。

こうして、現場を共にした方といつまでも繋がっていられるのはとても光栄です。私の仕事がなんだったんだろうかといつも振り返ることができます。建築士であってもできない仕事、0から1を生み出す仕事なんじゃないかといっていただきました。

どんな分野においてもその道の最上のプロでないかもしれませんが、私がプロだと思うことは、いつもどんなジャンルであっても最善であるかを問い続け、いつまでも前にやった現場を大事に思い続けたいと思うところです。
そして、こうして共感してくれる方に出会えるのも私の特権です。本当にありがたいことです。

そして次にどんどんと話は進んで、いつか山登りの話になって。そういえばこの方、アメフトやっていたって前に聞いてたような。。今あんな事件になってとても悲しいですが。。。
そんなことも思いつつ、山が好きだって聞いて、めちゃくちゃ親密感が湧きました。そして、なんと東北の山が好きだっていうところで、ありがとう!って立ち上がって握手しました。毎年東北に山登りに通ってくれているらしいです。こんなに近くに東北の山の美しさを知ってくれている人がいたんだ。いつも現場で険しい話ばかりだったから、知らなかった。

だけど、、東北の山は美しい!これがわかる人だったんだ。とても嬉しい。こんなにも嬉しい。最高のお酒です。

どうぞ気をつけて京都におかえりください。そしてまた東北の山の話をしましょう。

岡部泉

ヒデキ逝く

2018年5月20日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎70年代アイドル、ヒデキ。

つまり私と同世代のアイドル。なんだかとてもショックです。こんなに早く逝ってしまうなんて。もういつ人が天国に召されるのかわかりません。若々しく活躍する懐かしい映像と共に、脳梗塞になってもとっても頑張っていた様子をテレビで見て悲しくなりました。

同じ年齢、同じ時代、自分にも投影して思うことなのかもしれません。私もこんな歳でも家族もなくとも、一人であっても、社会に対して考え貢献し、そして自身の仕事を懸命に頑張れることを身をもって証明していかなくてはと思うのでした。

どうど安らかに。

岡部泉

マイクロブリュワリー

2018年5月19日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎持続は大変そうだ

今日は夕方から、新しくできた狛江のマイクロブリュワリーに行ってみます。この方はサラリーマンとブルワーを兼業でやられています。アメリカの通信教育で実施作業はポートランドで行いブルワー免許をとったそうです。少し変わったキャリアのブルワーさんです。しかし兼業というのも堅実な道だと思います。

とても誠実な印象の方で、生き生きとビールの説明をしてくれました。本当にビール作りが好きなんですね。好きなことを好きな時にできるのは幸せな極みです。

ビール工場は、600リットルほどのタンクがずらりと並んでいます。それなりの量が作れそうです。これを本格的に回していくのはそれなりに大変そうです。

道の駅に併設していたり、地域産業としてある中規模ブリュワリーは安定した出荷量が保管されていますが、そうでない本当の街ばのマイクロブリュワリーは一体どこに売っていくんでしょう。他人事ではなく心配になります。
うちにも同じことがいえるのですが、ありがたいことに、東京駅のお店がとっても頑張ってくれているので年間生産量はクリアできています。

何事も始めるは楽しく、続けるは苦しくです。

岡部泉

一人飲み

2018年5月18日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎一人飲みには風格が必要だ

最近、社員は皆定時で帰るので、夜はいつも一人仕事です。数年前まではスタッフのT君がいつも一緒に夜遅くまで仕事も飲みも付き合ってくれていました。結婚して子供ができると家庭と育児に猛烈専念ということで、5時半になると後ろを振り返ることなどなく風のように去っていきます。

ああ、、大変だったけど、いっぱい仕事して、話したり笑ったり、そんな面白い時代もあったなと少し懐かしく思いだします。しかし、これが今の働き方改革なのです。仕方ないです。

今日は、体調も戻りつつあるので久しぶりにどこかで飲んでみようと思い立ちました。よくお邪魔しているご夫婦のお店を覗いたら、人がいっぱい。声をかけるのも悪いのでこっそり退散。そして次の店を訪ねるとここも忙しそう。。

そうだよね、、さすがに金曜日、、そうだ行ったことのないところを開拓しよう。富ヶ谷はいい感じの小さいお店が結構あるのです。
普段通らない小さい道を行きます。「ここはカウンターだけの店です。お人やお二人の方お越しください。」などど店のガラス窓に書いてあります。あれま、まさに目的ぴったり。日本のワインだけのいい趣味のお店です。はじめてのお店はなんとなく緊張するものです。一言二言、、一杯二杯、、一皿二皿で、長居は禁物。はじめての店はこんな感じが品がいい。

なかなかに知らない店での一人飲みには、空気に押しつぶされない風格みたいなものが必要なんだなと思いつつ、店を後にしてやはり家の方が良かったかなと。

岡部泉

ようやく脱出

2018年5月17日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎こうして峠を越す

具合が悪くなって6日ほど。ようやく峠を越した感じです。喉の痛みも膝の痛みもだんだんと軽くなっていきます。ああ良かった。これで何とかいつもの調子に戻せます。

と思っていたら、夕方。またぁ。。ずっと右手首の腱鞘炎がひどかったのですが、今度は左手首に痛みが。。知らないうちに捻挫?今はテーピングで固定する状態です。

どうして痛みとともだちなのか。子供の頃から痛みに強い方なのは、いつもどこかが悪くてどこかが痛かったせいもあります。健康に遠かったせいで、栄養学から漢方から鍼灸まで詳しくなりました。そうして健康が大好きな大人になりました。でもなれなかった、、

仕方ない。。痛みはどこからくるのかわかりませんが、どこかバランスが悪いんでしょう。上手に付き合うしかありません。

でも、今日は左手首は散々ですが、身体中痛いから部分的に変わって少しは寝れるようになってまずは良かったです。いつか体全部がダンサーみたいに「ああ、、うまく動く!」って言いたいです。

岡部泉

風邪か

2018年5月15日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎田植えの頃は調子が悪い

週末からどことなく体も喉も痛いな、、と思っていたらもう身体中が痛くなって、ぐったり。風邪なのか。。膝も痛くて歩くのもやっとで、不自由です。本なんて読んでる余裕はありません。こうして毎度どこかに無理を抱えていくんだ。

最近、寒暖差が異常なこともありますが、この田植えの頃はなんだか毎年調子が悪いのです。

一番ひどかったのは、数年前、頭に帯状疱疹が出来た時。痛みの横綱でした。痛くて痛くてどうしもない、どこにも身の置き場がない、ただただいつかはと時が過ぎるのを痛みとともに願う、そんな感じでした。

今回は、それほどでない小結くらい。それでも早く痛みにさよならしたいです。
しかしどんな時も仕事は待ってくれないので、会社で横になりながら仕事は続けます。。。因果なことです。

岡部泉

かがみの孤城

2018年5月10日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎こころ、のこころが響く

なんとも、こころが響き続ける小説です。さすが本屋大賞です。もう一気読破です。行きと帰りの飛行機の中で一心不乱とはこのこと。そんなに早く羽田につかないでほしいと初めて思いました。まだなんだ、、と。ただただ読み続けたいと思いました。なんともこのきめ細かいこころの表現が見事としか言いようがありません。読み終わるのが残念なくらいでした。

本屋大賞になるほど支持を受けるということは、この日本の中で心に傷を持つ人、孤独を不安に思う人の心の声がどれだけ大きいのかと思います。誰かに救ってほしい、誰かにわかってほしい、そんな声。。。でも最後は自分で強くなるしかない。

そして、今日、また最初から読み返してみました。話のトリックがよくわかります。ここにこんな印があったのかと再び感心。いつまでも文章の余韻と文章が産み出した映像が頭から消えません。。

岡部泉

キウス周堤墓群

2018年5月9日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎千歳の縄文めぐり

この間は、岩手の御所野遺跡に行きましたが、今回は千歳のキウス周堤墓群を見にいきます。北海道道南から道央、青森県、岩手県、秋田県と17箇所くらいに存在する北東北縄文遺跡群を全て回ってみようと思っています。まずは北海道の6箇所は、支笏湖と洞爺湖の現場があるので、この数ヶ月の間に行けそうです。

キウス周堤墓群はその名の通り、縄文時代の大きな墓地です。とはいいますが、あたりは木々でその存在はうっすらとしていて、はっきりはしていません。大きな円形のくぼみはUFOの着陸した跡みたいです。

ここはかつて暖かくこんなにも木々はなく、平坦で実り豊かだったのではないかと思います。そして、多くの人が暮らす集落があったと思います。御所野遺跡がかつての風景のままに残そうと努力しているのに比べると、この周堤墓群が発見されてもなお、道路を通してしまっているこの遺跡は少しかわいそうな感じがしました。北海道はアイヌ民族の歴史を大事にしているせいか、その前時代の縄文への畏敬が薄れる傾向があるのかもしれません。

岡部泉

碧の座打ち合わせ

2018年5月8日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 碧の座物語

◼︎桜も震える

寒いな。桜は今が満開。でも花を味わうのはあまりにも寒いです。お花見気分になるはずがありません。北海道の桜は、梅の花のように辛抱強くなければなりません。咲いてみてこんなはずじゃなかったと震えているに違いありません。

今日は、碧の座の定例会議です。現場の方々の顔や名前が一致していくこの頃、これからいろいろなことが巻き起こっていくだろう、そんな予感がする工事会議でした。
まだ我々もゆっくりとしたペースですが、秋になったら頭が痛くなるほど考えて悩んでいくだろうと思います。今はまだこの余裕を楽しんでいたいと思います。

岡部泉

大型連休おしまい

2018年5月7日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎今日からまたいつも通り

大型連休が終わり、今日からまた日常の生活が始まります。当社では10日間のお休みを取ったスタッフもいるくらいでしたが、私は大型連休中は出張ばかりでした。でも今回の出張は楽しかったな。。自然を満喫できたし、北の国のおそい桜を存分に楽しめました。でもおかげで曜日感覚がなくなりました。一体今何曜日だっけ?という感じです。

今日は月曜日。そして5月。ぼんやりしていると梅雨がきて夏がきます。時間よ止まれと言いたいです。もっと豊かに落ち着いて仕事がしたいです。考えなければならないことが沢山あります。こうして仕事ができることの幸せを感じますが、あまりにも混み入ってくると頭と気持ちが混乱してくるので、整理してくれるいい右腕が何人も欲しいなぁと思うのです。

今は、世代間ギャップなのか、仕事の認識が変わってしまったのか、休みばかりの働き方改革は仕事をする有難さから人を遠ざけてしまった気がします。

岡部泉