岡部泉

北日本研究

北東北縄文遺跡の探求

日本の水の旅

良質な水を求めて

小さな良い暮らし

少しだけ良いもの、少しだけ美味しいものの暮らし

岡部泉

庭石文化

2017年5月22日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎石捨てないで

今日、昔からの友人である庭石やさんが、うちの事務所の小さな坪庭の石の修理に来てくれました。最近どうって聞くと、もう 庭なんか解体ばっかりだよ、次の世代に残せないからって石捨てるんだよね、断捨離って言葉が流行っちゃうから困るんだよねと言います。うちの会社の坪庭にある獅子の蹲も彼の解体仕事に付き合って出会ったものです。北海道炭鉱の社長さんの家の庭石でした。とてもセンスの良い数奇屋造りの家でしたが、マンションにする計画だったと思います。あらためて、よく見てたらその妙にぎょろっと睨みつけている師子の顔が私に似ているなと思いました。今頃気がついたの?と言われたのですが。。

彼の家は、茶庭の石を扱う由緒ある庭石やさんです。世田谷の大きなお屋敷に石やら古い蹲がゴロゴロとあります。家も近かったので、よく名家から出た蹲とかを見に行っていました。こんな地代の高いところで採算性のない商売だよねとよく言ったものです。いつの間にか庭石の良さなんて誰もわからないし庭だってある家少ないし。。。
そうそう、会社の坪庭にある錆石の砂利がすくなくなったから今度少し持ってきてくれないって頼んだら、日本の砂利ってもうないんだよね、、、特に錆石なんて特にねと言います。そんなもんさえ無いの?驚きです。日本って何か失っています。イエローデータだらけです。

オリンピックが来るからって日本文化のブームになってるみたいですが、すでに日本文化は暮らしに密着していない外から見る文化になっているように思います。生産されていないのです。私はすごく工芸好きですが、暮らしの中で生きているかというとそうではありません。さらに言うと家にあるいろんなものを処分していこうと、昨日断捨離計画をしたばかり。。。

今は、ひたすらパソコンに向かい風流を感じる隙間もないのです。かつて、経済界も政治界も風流な美学を取り入れてこそ初めて全てを解する人物だと言われていた地代がありました。

どうしてこんななったんだっけ。。それは私たちの世代がそうしたんじゃなかったかな。日本文化を伝えてこれなかったのかもしれないし、暮らしに取り入れる経済的余裕もなかったように思います。文化ってある余裕がないとだめだし、伝える相手もいないとだめなんですね。あと美意識の見栄をはる気持ちも必要です。

そうか、俺たちがだめだったんだと肩を落とす友人に、今度、元気出してうちのビール飲もうねと7月の納涼会にお誘いしました。

岡部泉

再戦か

2017年5月21日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎人間が違うな

20日のミドル級王座決定戦。この判定おかしんじゃないと腹を立てていたら、なんとWBAの会長さんが採点表を公表して、村田さんの勝利を表明したという報道がありました。7ポイント差の村田勝利。そうでしょうねと誰もが思ったと思います。

納得いかなかった判定にもかかわらず、村田さんは、対戦相手エンダムに「お互いよく戦った。日本に来てくれてありがとう。」と言って敬意を払ったそうな。

すごいです。

不満も言わず逆に感謝するなんて、まさに神対応です。やっぱり命をかけている人は、何か見えるものが違います。

岡部泉

腹の立つ

2017年5月20日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎この判定はおかしい、、

仕事をしながら、ついつい見てしまうのが夕方の大相撲。稀勢の里、こらえてがんばってる。。しかしいつも不安になります。

そして、今日のお楽しみは村田さんのボクシング。いい感じです。本当強いです。ボクシングはテレビから目が離せなくなるので仕事しながらって無理なんですよね。図面をパラパラする手にも力が入ります。

でも最後、唖然!なんで負けなの?
わからない。どう見ても勝ってるでしょ。
なんだぁ、、この判定。がっくり。

もうひとつ腹の立つこと。昨日の「テロ等共謀罪」可決。

どこ見てるんだと、腹の立つことばかりです。

岡部泉

ぎらっと北海道

2017年5月18日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎攻撃的な光が降り注ぐ

北海道も最近暑いんです。少し前まではとてもいい気分だったのに、空の高い北海道の光は容赦なく突き刺すように痛いんです。ぎらっぐさっととしているのです。
本当は、今が一番いい季節のはずなのです。このさわやか北海道と南の国、沖縄と同じ気温なんておかしい。

月に2回ほど北海道に来ていますが、5月の北海道は本当に美しく、木の芽が吹いてみんなが喜びに満ち溢れているような空気が漂います。青い空に風にそよぐ木々の枝の先についた若い緑の葉っぱたちが重なり合います。
木々たちのおしゃべりが聞こえてくるようです。命がたくさんたくさん生まれでてくる瞬間がとても好きです。この爽やかな地で暮らしたいと思います。遠くまで続いていく緑と青が心を大きくしてくれるのです。

しかし、いい感じの想像の中にいる私に、隣のSくんがあと何十年かで地球に住めなくなるかもって話ありますよと言います。そうか、こんな風に毎年毎年気候がおかしくなっているもの、そんなことは容易に想像できます。人間も海から這い出てきたのだから、海底に住むようになるのかな。宇宙で暮らしているかも。
でももうその時は私はいないけど。でもS君は言います。僕の子供たちはきっとその目で終わりを見るんじゃないかなと。

岡部泉

国民のための憲法

2017年5月7日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎ゴールデンウィークじゃなく憲法記念日なんだってば

今日で連休も最後の日。。そして5月3日は何の日。ゴールデンウィークの中日じゃん。ということでは困るんです。
この日で憲法施行70年。どうやらグラフを見るとここ30年の改憲派と護憲派との割合はその時の時勢によって変化しているようです。
私もはっきり自分の考えを言えるほど憲法の内容を熟知しているわけではありませんが、我が国のミッションは何だろう、日本の精神は一体なんだろうって思います。誇りをもって日本国民でありたいと願います。連休中に憲法について書かれた新聞記事をゆっくり読んでいると、もっと俯瞰して憲法を捉えられるように勉強しなければと思いました。国民のための国家であること、そして戦争はダメであることは確かなのです。

しかし、首相の話は残念ながら、改憲の内容もピンと来ませんし、言葉も肝にどしっと来ないんです。改憲にオリンピック関係ないよね。なし崩し的に次の隠し玉へと行こうとしてるのかな。。不安。

岡部泉

ピアノ

2017年5月6日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎ピアノの音を聞きたい

なんと私は単純なんだろう。「蜜蜂と遠雷」を怒涛のように読み終わったら、急にピアノが聞きたくなりました。架空の人物なのに「音楽を外に連れ出そう」って言う天才、風間塵は一体どんなピアノを弾いたのだろうかと頭から妄想が消えません。

それで急に昔買ったラフマニノフ ピアノ協奏曲やらリストを聞いたりして。。。楽器が弾けるって本当に素敵です。
楽器も歌も全くダメな私ですが、わからないなりに聞くのは大好きです。
年を取って時間ができたらやってみたい楽器があります。音符が読めないので、楽器をやるなら一絃琴がいいなとは思っているのですが、これも難しんでしょうね。

岡部泉

心外無別法

2017年5月5日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎全てはこころがつくり出す

三界唯一心 心外無別法

道元の「正法眼蔵」に出てくる言葉です。まだ若い頃、何やかにやで、自分の存在価値とはなんだろう、何しに生まれてきたんだろうなんて、悩んでいた時に唯識論を少し学びました。全ての現象は心の生み出すもので、それ以外には何もないのだということです。
自分の体だって無いかもしれない、この時間だって無いかもしれない、意識が生み出しているんだよと先生は謎解きのようなことを話してくれました。

理解し納得できたかどうかはわかりませんが、唯、生きるだけなんだなという割り切りは出来ました。毎日、働いてよく眠る。それだけでいいんだと思いました。

それでも心というものは本当に厄介でいろんなものを引き連れてきます。怒りや悲しみや喜びや楽しみ。
なかなかその厄介なものを飄々と飛び越えてはいけません。

どうして急にこの言葉について書いているかというと、九州大分の案件でお世話になっているM所長さんのメールのこの言葉が書いてありました。日程、コスト、品質を叶えようとすれば悩みは尽きません。この言葉でモヤモヤが吹っ切れたとのことでした。
ずいぶんご苦労をおかけしているんだと申し訳なく思います。

人は、真面目すぎると悩みが多い、でも真面目でないとこの言葉に達することは出来ない。

よく唯識論の先生が言っていました。意識がなくなる時、つまり無の境地になる時、その時を多く体験できるのが、音楽家であり、スポーツマンであり、芸術家なんだよと。なるほど。才能の質によって異なるかもしれませんが、トランスする状態になりやすい職業です。

頭で判断することを超えた尋常じゃない体験を絶えず繰り返していることで何かが違う世界が見えて来るのかも知れません。

でも、そんなことを望んでいても仕方ないので、私は絶えず毎日できることをコツコツと分相応にやることにしています。

岡部泉

皐月晴れ

2017年5月4日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎見事な青と緑

皐月晴れと言うにふさわしい薫風香る日です。心地よい風が青い空と木々の若芽の間を駆け抜けていきます。

この日を楽しまない手はありません。私も買いたての本を持って、ちょっと代々木公園へ。たくさんの人がこの幸せな日を楽しんでいます。

草むらにごろっになって上を眺めると、樹々の若い緑たちの光が眩い。風に委ねてそよいでいくその様が何とも生きていると感じさせます。
ついつい、こんなのんびりとした気持ちのいい日を楽しむことが出来ない国もあるんだと思いつつ、この平和を想います。

さてさて、さっき買ったばかりの本を取り出して明るい日差しの中で読み始めます。今年の本屋大賞1位の本です。「蜜蜂と遠雷」。本を読みたいと思うには余裕が必要でした。これまでこんな気持ちになれなかったなと思いつつ、、1ページごと読み進めるとすぐにゾクゾクとした気持ちになり、焦ります。次へ次へと読み進めますが、少し日が落ちて背中が寒くなってきました。今日の楽しみはここまでにして仕事に戻ります。

岡部泉

ボロなかんじ

2017年5月3日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎マグロの宿命、止まれない。

連休はペースダウンして仕事をしようと思っていましたが、連休明けまでと、締め切時間が無い仕事をお願いしているフリーの方がいるとついつい、仕事の指示を送り込まないとと思います。

始めたらだんだんと止まらなくなってきました。連休といえども、その時が掻き入れ時であるクライアントが多いのです。例えば旅館、飲食店など。。夏にオープンを控えている旅館もあるので、早くデータ送ってねと催促。どの会社さんもバタバタとしています。

でも昨日は首のリンパ腺が腫れて、今日は膝が膨らんできてヒクヒクしながら片足をひきずりながら社内を歩いています。これもストップってサインなんでしょうね。

そんなことをしていたら、メールが入ってきました。昨年から山口県笠戸島の住宅の設計をしていたのですが、その完成の御礼メールです。瀬戸内に面したのんびりとしたところです。私よりもお若いご夫婦ですが、早期退職されて第二の人生を送るために故郷に戻るということでご実家の土地に家を建てることになったのです。
この地域はなぜか檜が手に入りやすく、総檜造りの空気清浄システムの入った健康住宅となりました。水も特殊な装置で浄水されています。壁は珪藻土の漆喰壁にしました。節約もしつつの旅館のような健康住宅がテーマでした。

送られてきた写真は、私の家具の先生に頼んで作ってもらった特注家具が入りとても居心地の良い清潔感溢れる室内となっていました。ご主人たっての希望で、本当に小さい(三畳弱)の一人居酒屋みたいな小部屋をつくりました。そこでひっそり一人で日本酒を飲みたいそうです。網代の間接照明入りの天井と壁は土壁で仕上げ、なおかつ掘りごたつ。いい感じの高単価の居酒屋になっています。都会に住んでいた方たちですので、どんな第二の人生になるのでしょうか。朝は鳥の声で目覚め、夕は瀬戸内に沈む夕日を眺めると言われます。海に面してリビングから瓦デッキと大開口をとったので、とても気持ち良く、充実した気持ちになるそうです。その瀬戸内の夕日の写真が最高でした。

それに比べて一体私はどうなってるんだ。。腫れて痛い首と膝、なんだかボロで哀れな感じ。。でも止まれないんですね。今は。全くマグロみたいなものです。ずっと働いていないとダメな宿命なのか相当悪い因果なのかわかりませんが、仕方ない。

でもこの瀬戸内の夕日を見ながら少し冷えた白ワインでも飲みたいな、、ほんと。

岡部泉

連休にやること

2017年5月2日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎皆それぞれに散っていく

明日から本格的な連休が始まります。仕事を手伝ってくれている人たちも、それぞれの家庭でいろいろな過ごし方があるようです。実家に戻ったり、旅行に行ったり、遊びに出かけたり。。それぞれに散っていきます。

こんな時は、何もない私は居残りみたいなものです。やはり会社で過ごします。この連休でやることと言っても、普段と変わらず仕事なんですが、体を休ませつつできるのが嬉しいです。代々木公園に行ったり、少し運動したり、読書をしたり。
でも本当は、どこか自然の中で過ごしたかっったな。北海道のアウトドア、もしくは東北で田植えの手伝いでも良かったな。でも今年は仕方ない。来年こそどこか行こう。

岡部泉